完全匿名で不動産査定をおこなうためにあなたが知っておくべきこと|メリットや注意点を解説

完全匿名で不動産査定をおこなうためにあなたが知っておくべきこと|メリットや注意点を解説
「匿名で不動産査定って受けられるの?」
不動産査定をしたことによって、個人情報が漏れるのが怖い…」

このようなことを考えていませんか?

通常の不動産査定では、電話番号や氏名などの個人情報をすべて入力しなければ、査定額を知ることができません。しかし、そのような情報を提供してしまうと、近所の人に売却の意思があることがばれたり、営業の電話がかかってきたりと不安を感じている人も多いようです。

そこでこの記事では、匿名で不動産査定はできるのか、またその際のメリットや注意点を解説しています。匿名査定ができるサービスも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

匿名での不動産査定は可能

不動産査定は、氏名や電話番号などの個人情報を隠し、匿名でおこなうことができます。メールアドレスの入力は必要な場合がほとんどですが、「まだ売るかわからない」などの理由で匿名での査定をしたい場合には、よく活用されるサービスです。

そもそも不動産会社がおこなう不動産査定には、以下のような種類があります。

不動産査定の種類】

査定の種類 机上査定 訪問査定
概要 ヒアリングやアンケートなどで現地に行かずに概算を査定する方法 実施に現地調査をおこない、土地や物件を確認しておこなう査定
メリット 気軽にできる 査定額に信憑性がある
デメリット 査定額は概算でしかない 現地調査の立ち合いをしなくてはいけない
おこなうタイミング 売却決定前の調査段階 1年以内に売却が決まっている場合
依頼方法 不動産会社に訪れる
ネット上でフォームに情報を入力する
不動産会社に訪れる

このうち、匿名での不動産査定が可能なケースは、インターネット上で依頼する机上査定サービスのうちの一部です。近年では、不動産査定を一括でできるサイトなどがありますが、そのようなサービスの一部のみでおこなえるのが匿名査定であることを知っておきましょう。

また、匿名査定が可能なケースは、かなり珍しいことです。

そもそも不動産会社が査定をおこなっている理由は、将来的な売主を探すためです。査定を無料でおこない、最終的に自分たちを選んで売却活動をおこなってもらうことで、初めて不動産会社は利益を得ることができます。

そのため、匿名で査定をしてくれるサービスは存在しますが、限りなく少ないことは覚えておきましょう。

匿名での不動産査定のメリット

そんな数少ないサービスだけでおこなわれている匿名の不動産査定ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。一般的には、以下の2点がメリットとして挙げられているようです。

【匿名で不動産査定をするメリット】

  • 営業がメールのみ
  • 売る気がなくても気軽に依頼できる

それぞれのメリットについて確認した上で、本当に自分に向いているのかを確かめておきましょう。

営業はメールのみ

最初のメリットは、不動産会社からの営業がメールのみである点です。

通常、不動産査定をおこなう際は、メールアドレスだけではなく電話番号・氏名などの個人情報を問い合わせフォームに入力することが求められます。主な入力事項は、以下の通りです。

【問い合わせフォームへの入力事項例】

対象物件について 物件の種別(マンション・一戸建て・土地など)
物件の所在地(住所・郵便番号など)
お客様情報(個人情報) 氏名
電話番号
メールアドレス
FAX ※任意
住所 ※任意

FAXや住所などは任意であることが多いため、必ず入力する必要はありません。

しかし、電話番号は必ず入力することが求められているため、無料査定の依頼を受けた不動産会社は自社で仲介の契約を結ぼうと営業電話がしつこくかかってくる可能性があります。多い場合だと1週間に何度もかかってくるなど、その頻度に嫌気がさしてしまうことも少なくありません。

その点、匿名での不動産査定はメールアドレスだけで済むので電話がかかってくるストレスは感じなくて済みます。

匿名査定が可能なサイトの問い合わせフォームへの入力事項は、主に以下の通りです。

【匿名査定の問い合わせフォームの入力事項例】

対象物件について 物件の種別(マンション・一戸建て・土地など)
物件の所在地(住所・郵便番号など)
居住の状態(居住中・賃貸中・空室など)
お客様情報(個人情報) メールアドレス

これらはあくまで一例ではありますが、個人情報に関する入力フォームがメールアドレスのみというのが特徴です。そのため、通常の不動産査定をおこなった後のように、営業電話に対応しなくても良いという点は匿名であるメリットと言えるでしょう。

売る気がなくても気軽に依頼できる

2つ目のメリットは、売る気がなくても気軽に不動産査定を依頼できる点です。今すぐに売る予定はなくても、将来的に売るとしたらいくらくらいになるのか気になる人も多いでしょう。

そのような場合には、匿名の査定がおすすめです。必要以上に個人情報や不動産の情報を入力しなくても済むので、査定をしてもらうのに気が引けることもなくなるでしょう。

気軽に、かつ簡単に不動産査定をおこなってもらえる点において、メリットがあります。

匿名の不動産査定の注意点

匿名の不動産査定は必要以上に情報を提供する必要がないため、多くのメリットがありました。

一方で、以下のように匿名だからこそのデメリットや注意点も存在します。

【匿名の不動産査定の注意点】

  • 査定額の信憑性は落ちる
  • 実際に売却する前には通常の査定が必要
  • 専門家に質問ができない

それぞれメリットだけではなく、デメリットも知ることで自分に適しているのかを判断しましょう。

査定額の信憑性は落ちる

匿名の不動産査定で導き出された査定額は、若干信憑性に欠ける可能性があります。当然、通常の査定と比較すると、査定基準となる情報が少ないためです。

匿名の査定で必要とされる情報は、以下の通りです。

【匿名の不動産査定で必要とされる不動産情報】

  • 物件種別(土地・一戸建て・マンションなど)
  • 所在地(サービスによっては町名まで)
  • 占有面積
  • 築年数

通常の査定であれば、上記以外にも以下のような情報を共有する必要があるため、より精度の高い査定額を受け取ることができます。

【通常の査定で共有する情報】

  • 物件の汚れ
  • 損壊についての詳細
  • リフォーム遍歴
  • 周辺環境

気軽に匿名で依頼ができる分、精度が落ちることはデメリットと言えるでしょう。匿名での査定はあくまで、おおよその金額を知ることができるサービスだと認識しておくことが大切です。

実際に売却する前には通常の査定の必要あり

実際に不動産を売却するとなると、結局は通常の査定を受ける必要があります。その際には、いずれにしても個人情報や不動産情報の共有は不可欠である点には注意しましょう。

当然ですが、匿名の査定では売却するために必要な情報が少なすぎるので、不動産会社も売却をすることができません。そのため、一度匿名で不動産会社に査定依頼をして、良いと思った会社に通常の査定を依頼するようにしましょう。

専門家に質問ができない

匿名査定では、不動産の専門家に疑問や懸念点を相談できない点においてデメリットがあります。通常の不動産査定では、営業からの電話がかかってくるなど、専門家の人に相談できる機会に恵まれます。

しかし、匿名である以上、こちらから不動産会社に連絡を試みない限り、専門家から連絡をしてくれることはありません。

「やりとりが必要ない」ということをメリットと捉えることはできますが、人生のうちで何度もあるわけではない不動産売却についての疑問や悩みを不動産会社に相談できない点はデメリットになるといえるでしょう。

とはいえ、「売却するとしたいくらくらいになるのか概算だけ知りたい」という方にとっては、匿名査定の手軽さは大きなメリットであることに変わりはありません。

匿名の不動産査定の依頼ステップ

匿名の不動産査定を依頼する際には、以下のステップを踏むことになります。

【匿名の不動産査定の依頼ステップ】

  1. 情報を事前にまとめる
  2. サービスを選ぶ
  3. 査定額を受け取る
  4. 不動産会社に問い合わせをする

全体の流れを理解して、トラブルのないスムーズな査定をおこないましょう。

情報を事前にまとめる

匿名査定では通常の査定とは異なり、詳細な不動産情報は求められません。

しかし、サービスによりますが、不動産の種類ごとに以下のような情報の共有を求められる可能性があります。

【匿名の不動産査定で求められる情報】

一戸建て マンション 土地
  • 所在地(市区町村まで)
  • 間取り
  • 築年数
  • 建物の階数
  • 土地の面積
  • 建物の面積
  • 戸建ての構造
  • 物件の状況(居住中・空き家など)
  • 所在地(市区町村まで)
  • 間取り
  • 築年数
  • 専有面積
  • 階数
  • 部屋の方角
  • 物件の状況(居住中・空き家など)
  • 所在地(市区町村まで)
  • 土地の利用用途
  • 土地の形状
  • 土地の面積
  • 所有形態(借地・所有権など)

基本的には事前に情報を収集しなくても入力できるような基本的な内容がほとんどです。しかし、面積などは正確な数字を把握していない人も多いでしょう。

そのため、不動産の種類に応じて上記のような情報は事前に確かめておくと、スムーズに査定をおこなうことができます。

サービスを選ぶ

入力が必要な情報を集めたら、続いて匿名の不動産査定をおこなっているサービスを選びましょう。

通常の不動産査定サービスではなかなか匿名で受け付けているサービスはありません。そのため、ここでは2022年7月現在、匿名で査定を受けられるサービスを4つ紹介いたします。

【匿名の不動産査定をおこなっているサービス比較表】

サービス名 HowMa ライフルホームズ IESHIL マンションナビ
対応エリア 全国 全国 東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
全国
対応不動産種別 戸建て
マンション
戸建て
マンション
土地
マンション マンション
利用料金 無料 無料 無料 無料
メリット
  • 料金の信憑性が高い
  • 売り出しまでをすべてネットで済ませられる
  • メールアドレスも開示されない
  • 最大13社に一括査定依頼ができる
  • 投資用物件なども対象となる
  • 約9,000万件のビッグデータを持っている
  • 専門家による無料のオンライン相談をおこなっている
  • 過去の売り出し事例も確認できる
  • 過去3年の価格推移も確認できる
  • 最大9社に一括で査定依頼できる
おすすめの人 メールアドレスすら開示されたくない人 土地の匿名査定を希望している人 専門家への相談もおこないたい人 マンションの過去の価格相場の変動も確認したい人

それぞれ異なる特徴があるため、事前に情報収集をした上で、適したサービスを選択しましょう。

査定額を受け取る

サービスに登録して査定依頼をすると、査定額がわかります。サービスによって査定額がわかるまでの期間は異なりますが、原則その場ですぐにわかることが多いです。

先ほど紹介した4サービスも、以下のようにほぼリアルタイムで結果を知ることができます。

【匿名不動産査定サービス4社の査定期間】

サービス名 HowMa ライフルホームズ IESHIL マンションナビ
結果が出るまでの期間 即日 48時間以内 即日 即日

状況に合わせて、利用するサービスを選択しましょう。

不動産会社に問い合わせをする

査定結果が出て実際に売却をすることが決定したら、不動産会社に問い合わせをしましょう。その際に不動産会社を選ぶポイントは、以下の通りです。

【不動産会社の選び方】

  • 営業時間は長いか
  • 定休日は自分の休みと被っていないか
  • ネットの口コミは大丈夫か
  • 周辺エリアの知識はあるか
  • 応対は適切か
  • アドバイスをしてくれるか
  • 売却実績は豊富か
  • インターネット広告などの販促に強みがあるか
  • 査定額の根拠ははっきりしているか

特に、最後のポイントである「査定額の根拠ははっきりしているか」は、匿名の査定を受けた段階で判断することができます。匿名査定で提示された金額の根拠を一切説明せずに金額を提示しているサービスがあれば、その時点で避けておいたほうが無難です。

また、明らかに高すぎる査定額を提示している、反対に低すぎる査定額を提示しているといった不動産会社は、避けたほうが良いでしょう。

上記のポイントを一つずつ比較して、自分に合っていると感じた不動産会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

この記事では、匿名の不動産査定について解説してきました。

匿名の不動産査定では、個人情報や物件情報が外に漏れる心配が少ないため、ニーズが一定数あります。電話番号などの個人情報が不動産会社に漏れてしまうと、営業の電話が鳴り止まないなどの事態に陥ることも考えられます。そのような心配がある場合には、匿名で依頼するのが得策かもしれません。

ただし、査定額の信憑性が薄いなどの懸念点があるのは事実です。そのため、実際に売却をする際には、必ず通常の査定を受けるようにしましょう。

プロフィール
上野典行(プリンシブル・コンサルティング・グループ株式会社)
上野典行(プリンシブル・コンサルティング・グループ株式会社)
公益財団法人日本賃貸住宅管理協会会員
「プリンシプル 住まい総研」所長
住宅情報マンションズ初代編集長

1988年株式会社リクルート入社し、リクルートナビを開発。 2002年より住宅情報タウンズのフリーペーパー化を実現し、編集長就任。 現スーモも含めた商品・事業開発責任者に従事。2011 年 12 月同社退職。

プリンシプル・コンサルティング・グループにて2012年1月より現職。 全国の不動産会社のコンサルティング、専門誌での執筆や全国で講演活動を実施。