MEO

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のインサイトの効果的な見方・確認方法を解説

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のインサイトの効果的な見方・確認方法を解説
Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)は、店舗オーナーがインターネット上にオフィシャルな店舗情報を公開できるツールです。

専門サイトにも店舗情報は載せられますが、Googleマイビジネスの場合は検索結果に情報を表示させることができるので、特定のサイトに依存することがありません。

ある種、オーナー達にとって平等な検索結果を表示させられるわけですが、工夫や労力を反映させられる要素もGoogleマイビジネスには存在します。Googleマイビジネスの「インサイト」はそのうちの一つです。
GMOインターネットグループが店舗集客のDXを加速 MEO DASH 無料で資料ダウンロード
※2021年11月より、Googleマイビジネスは「Googleビジネスプロフィール」へと名前が変わりました。
関連記事:Googleマイビジネスの名称がGoogleビジネスプロフィールに変更に!

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の「インサイト」とは?

トップ
Googleビジネスプロフィールの「インサイト」とは、ユーザーのビジネス検索数や検索した方法、検索後のアクションなどが確認できる機能です。

パソコン及びモバイル機器から確認するのも簡単で、Googleビジネスプロフィールにログインしたあとに「インサイト」ボタンを押せば数値やグラフのデータが表示されます。

これらのデータを有効活用することにより、アカウントの現状把握や、課題抽出、対策立案といったPDCAに役立つヒントを得ることが可能です。

Googleの他サービスである「Googleアナリティクス」と機能をほぼ同じくしていますが、こちらの場合はサイトの滞在時間などが確認できるのに対し、Googleマイビジネスの場合はより実店舗のサービスに併せて最適化されています。

Googleマイビジネスの「インサイト」で確認できる情報

Googleマイビジネス「インサイト」において、確認できる情報は主に以下の通りです。

ユーザーがお客様のビジネス情報を検索した方法

検索した方法
「直接」「間接」「ブランド名」の3つの検索方法のなかで、ユーザーがどのようにビジネスプロフィールを検索したのかを確認することができます。

円グラフにマウスカーソルを合わせることで、各検索方法の数値データを確認することも可能。

「直接」では、ビジネスプロフィールの店舗名や住所情報が直接検索された数値を示しています。ネットやSNS、オフラインに関わらず、ユーザーがもともとどこかでビジネスの情報を知って何らかの興味もったうえで検索された数値になります。

「間接」は、ビジネスに関連するサービス・業態名や地域名といったキーワードがきっかけで間接検索された数値になります。

「ブランド名」検索とは、ビジネスが保持する企業名や商品ブランドといったキーワードからの検索数となっています。

見つけたgoogleサービス

見つけたgoogleサービス
「検索での表示回数」は主にローカルパック表示やナレッジパネル表示なども含んだ、検索結果の回数を表しています。

「マップでの表示回数」は主にGoogleマップ内で表示された回数です。どのGoogle検索サービスでの表示が多いか確認することで、マップ上での順位改善を行うべきか、それともGoogle検索での検索結果を改善すべきかといったデータの見方ができます。

ユーザーの反応

ユーザーの反応

「ユーザーの反応」ではビジネスプロフィールが検索された後に、ユーザーがとった行動として「ウェブサイトへのアクセス」、「ルートの検索」、「電話をかける」の3つのアクションのうち、どちらの反応を示したのかをグラフと数値で確認できます。

直接来店につながるユーザー数や、今後来店につながる可能性のあるユーザー数についてのヒントになりえます。

例えば、「ルートの検索」をおこなっているユーザーは実際に来店することを想定しているので注目すべき数値になります。

「ウェブサイトへのアクセス」や「電話をかける」を行っているユーザーは、実際に予約をおこなっているか、もしくは来店する際の疑問点・不明点を確認している段階にいます。

このように「ユーザーの反応」では、数値の見方によって直接売上に大きく関わる重要な数値を確認することができるので、こまめに確認すべき項目になります。

ルート リクエスト

ルートのリクエスト
「ルートのリクエスト」では、店舗までのルートを検索したユーザー数が地域・エリア毎に確認できます。限定的なエリアにおいて上位表示することも重要ですが、表示されるエリアの範囲も同じく無視できない情報です。

濃い紫色で着色されている場所や、薄い紫色で着色されているエリアの広さの両方に注目してデータを見てみてください。

電話(ユーザーが電話をした回数)

電話の回数

写真(写真の閲覧数)

写真の閲覧数写真の枚数

ビジネスが認知されている要因

この他にも、「混雑時間帯」なども確認できます。また、「写真」に関して、顧客からどれくらい写真が投稿されたのかも確認できるので、なんの商品が気に入られているのかここで確認しましょう。

まとめ

インサイトは「店頭アンケート」の役割も果たしますし、「効果・確認数を見られる広告」と捉えることも出来るでしょう。
特に、「どの画像がよりクリックされたか」「反応があったか」の情報は重要です。お客さんがどのメニュー(サービス)に興味を持っているかわかるからです。

一朝一夕ではリサーチの結果が出来ませんが、継続したGoogleマイビジネスの利用はオーナーに指針を与えてくれるでしょう。

店舗集客のDXを加速するMEO対策ツール「MEO Dash! byGMO」
meo-dash!bygmo

あらゆる集客施策をより早く、低コストで実施でき、複数拠点も一括管理!

  • 国内取引実績No.1
  • 検索3位以内表示率97%
  • 顧客満足度98%以上

を誇るMEO対策ツール「MEO Dash! byGMO」とは? 以下のボタンをクリックし、資料を無料ダウンロードしてください!

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。