SEO/SEM

ブログ記事をリライトする方法は?効果があるやり方や注意点を解説!

ブログ記事をリライトする方法は?効果があるやり方や注意点を解説!
個人でブログを運営している方にとって、記事のリライトを効果的に行い、SEO検索の件数を上げていくことは重要です。しかし、なかなか結果が伴わずに困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ブログを運営してSEO検索の件数を増やしていくためのリライト方法などについて詳しく解説をしていきます。今後ブログを運営される方にとっても貴重な情報になりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

ブログのリライトとは?

ブログのリライトとは、現状よりも優れたコンテンツを制作していく作業のことです。

現時点で完成されているブログ内の過去記事を、同じテーマのままで文章の書き換えたり、より良いコンテンツ等の追加をしたりして、検索ユーザーの意図を考慮したコンテンツを制作していく作業を指します。

ブログのリライトによってSEO効果を高めることで、SEO検索の件数も向上していくため、非常に重要な作業になります。

このリライトは、Webに携わる技術者やSEO関連の仕事をしている方にとっては必要不可欠な技術であることは間違いありません。

ブログをリライトする方法!5つのポイントでやり方を解説

ブログをリライトしようと思っても、実際にどのようなやり方で取り組めばよいか分からない方もいることでしょう。

ここからは、実際にブログをリライトする際の効果的な方法を紹介していきます。

ブログの過去記事を見直し、言葉の遣い方や情報を更新する

ブログの情報の鮮度を保つために、過去記事の見直しを行い、常に新しい情報を更新することを心がけましょう。また、コンテンツ内の言葉の遣い方や表現が適切であるか等もチェックし、必要であれば訂正していくことも重要です。

例えば、常にアップデートを続けていくシステムに関するコンテンツは、その特性上、情報が古くなってしまいがちです。頻繁に記事をリライトしなければ、その評価も低く、有益なコンテンツにはなり得ません。

そのため、常に新しい情報を入手し、更新していくようにしましょう。

ブログ記事のタイトル変更は検索意図が違う時に効果的

ブログ記事のタイトルを変更する際は、ユーザーの検索意図を十分考慮しながらタイトル変更を行うのが効果的です。

たとえどんなに工夫してタイトルを変更しても、そのタイトルが読者の検索意図から外れてしまった場合は、検索件数は増えていきません。

また、タイトルを変更しなくても、ユーザーの検索意図を考慮し、各種ツール等を使用して記事の内容に関する複合キーワードを取り入れてリライトしていけば、その効果が検索件数に反映される可能性が高くなります。

ブログの状況を知るためにサーチコンソールを使い、効率よくリライトする

最初にブログ全体の現状把握を行い、リライトすべき記事を選定していきます。その際、ユーザーの検索意図を把握するためにサーチコンソールを活用すれば、現状の検索パフォーマンスを把握し、ブログ内のリライトすべき記事を確認することができます。

サーチコンソールの使い方は、検索パフォーマンスをクリックすると、「表示回数」「総クリック数」「検索キーワード」等が表示され、さらに「平均CTR(クリック率)」「平均掲載順位」等をクリックすれば、各コンテンツの掲載順位やクリック数、平均掲載順位を確認できます。

リライトする記事によって日付を更新したり公開日時を変更する

ブログ内の記事をリライトした後は、必ず更新日の日付に変更しましょう。ユーザーや検索エンジンに対して、その情報が最新のものであると発信しなければならないからです。

検索画面上で古い日付(更新日)が表示されていた場合、ユーザーは「この情報は古い情報だ」と判断し、記事を読まなくなる可能性があります。

また、ブログの公開日と更新日の違いは一般的に、公開日は「初めて記事を公開した日」のことを指し、更新日は「修正や追記を加えて更新した日」のことを指します。

ブログのリライトツールに頼らず自分の言葉で伝える

ブログのリライトを行う際、「リライトツール」としてよく使用されているもの多くが、単純に文章を変換するだけのものになっています。

そのようなリライトツールを活用すれば、大量に記事を作成していく点においては効果的かもしれません。しかし、内容的に他記事と似た記事になってしまい、サイト自体の評価を下げてしまう恐れがあります。

また、ツールに頼りすぎてコピー記事のようになってしまうと、Googleからペナルティーを受けたり、最悪の場合訴訟などに発展してしまう恐れもあります。リライト時は、リライトツールなどには頼らず、最大限自分の言葉で伝えていくようにしましょう。

ブログをリライトすることでSEO効果に期待できる3つの理由とは?

リライトの最大の目的は、ユーザーの意図を十分考慮した高品質の記事を作成し、SEO効果を向上させて検索件数を伸ばしていくことです。また、正しい方法でブログをリライトしていけば、SEO効果が向上し、検索件数も増えていきます。

ここからは、リライトすることでSEO効果に期待できる3つの理由について解説していきます。

1.検索サイトに評価され順位の向上効果がある

ブログをリライトすることで、サイト内のコンテンツがGoogleに評価され、順位の向上効果が見込めます。

例えば、リライトしたコンテンツ内に、ユーザーの検索意図に関する複合キーワードを多く盛り込んだり、記事の内容がユーザーの検索意図に適合したりして閲覧回数が増えていけば、検索順位は向上していきます。

逆に、ユーザーの検索意図に関するキーワードを考慮せずにリライトしても、評価は上がりませんので注意しましょう。

2.順位が上がり、アクセス数の向上効果がある

ブログをリライトすることで、サイトパフォーマンスが評価され、アクセス数の上昇に繋がります。

公開したすべての記事が、最初から多くのアクセス数を稼げることはほぼありません。そこで必要になるのが、記事のリライトです。

定期的に自身のブログに関連するキーワードの検索順位やアクセス状況を観察し、現状の記事をより良いものにリライトしていけば、次第にサイトパフォーマンスが評価され、アクセス数も向上していきます。

3.CV率(成約率)を上げる効果がある

リライトにより、文字修正や新しい情報を加えることで、CV率(成約率)を上げる効果があります。

現状の記事やコンテンツを迅速にユーザーのニーズに適したスタイルに変更し、資料請求や商品購入等のページにできるだけ早く移動していきたいと思わせるようなリライトをすれば、CV率が向上します。

ブログをリライトする際の注意点

間違った認識で記事のリライトを行うと、サイト評価が低下することがあります。ブログのリライトにおいて1番重要なポイントは、「ユーザーの検索意図を最大限考慮してコンテンツの内容を変更していく」ことです。

そのため、とりあえず文章やキーワードなどを変えただけのリライトでは、Googleやユーザーから高評価を得ることはできません。また、そのような認識でリライトを行えば、逆にサイト内の評価が低下してしまうので注意しましょう。

1.記事数が少ないブログはリライトするよりコンテンツ量を増やすこと

ブログで良質な記事を書くには、一般的に最初の3ヶ月で最低でも100記事以上は書くことが重要であるといわれています。その理由は、単純に「数をこなして、経験から学ぶ」という観点からきており、当然ながら、記事数を増やしていけばそれに比例してアクセス数も増える可能性が向上するからです。

その一方で、コンテンツ量が少なければ、アクセス数は少ないままになってしまいます。そのため、ブログ開始直後は、とにかくコンテンツ量を増やしていくことを重視しましょう。

2.検索意図に注意してリライトすること

記事をリライトする際に、ユーザーの検索意図などを考慮せずに、ひたすら文章やキーワードなどを変更するリライトを行っても、それはただの自己満足になってしまいます。

ユーザーの検索意図を把握し「ユーザーに役立つ情報を提供すること」が記事のリライトです。その意識がないままリライトを行えば、Googleはもちろん、ユーザーからも高評価を得られず、検索件数も伸びていきません。

このような観点から、ユーザーの検索意図を十分把握してリライトすることが重要です。

3.検索順位が高い記事をリライトすること

記事をリライトする際に、検索順位の低い記事をリライトしても、検索件数の向上にはあまり効果はありません。検索順位が低いということは、そもそもその記事内にユーザーが求める情報が盛り込まれていない可能性が高いからです。

一方で、検索順位の高い記事は、ユーザーが求める情報が多く盛り込まれている可能性が高いため、検索順位の高い記事を参考にしてのリライトすることが重要です。しかし、リライト時はコピーコンテンツにならないよう、きちんと自分の言葉での執筆するよう心がけましょう。

まとめ

本記事では、ブログのリライトに関する効果的な方法や注意点について解説をしてきました。

効果的に検索件数を伸ばし、検索順位を上げていくためには、ユーザーのニーズを十分に考慮して効率的な方法でリライトを行うことが重要です。

本記事で紹介してきたことを活かして効率的にブログのリライトを行い、検索上位を目指していきましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。