SEO/SEM

重複コンテンツの確認方法|SEOへの影響や対処法・防止策を徹底解説

重複コンテンツの確認方法|SEOへの影響や対処法・防止策を徹底解説

Webサイトの運営者からすると、「重複コンテンツはSEOに悪影響を及ぼす」ということは、ある種の常識として認識されているのではないでしょうか。

重複コンテンツは、URLが別々で、全く無関係のコンテンツでありながら、その内容が同じ、もしくは酷似しているコンテンツのことです。よく知られているとおり、やはりSEOに悪盈虚を及ぼし、最悪の場合は検索結果に表示されなくなることもあります。

しかし、実際、具体的にはどのようなコンテンツが「重複コンテンツ」とみなされてしまうのか、どうやって重複しているか否かを調べるのかという点に疑問を持たれている方もいるでしょう。

そこで本記事では、重複コンテンツがSEOに与える影響や、確認方法、対処法まで解説していきます。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

重複コンテンツとは?

重複コンテンツとは、別々のURLのページなのにその内容が完全に同じか、酷似しているコンテンツのことです。

重複コンテンツが発生するケースとしては、自分のサイト内で起きている場合と、外部のサイトとの間で起きている場合に分けられます。

自分のサイト内で起きている場合、原因として考えられるのは、同じページとして作成したはずが、「www」や「/(スラッシュ)」の有無で2つのページに分離し、重複コンテンツとして認識されてしまうことです。

例えば、以下のURLはどちらも同じ内容を表示できますが、重複コンテンツとなってしまいます。

「http://www.example.com/」

「http://example.com/」

上記のケースに対して、外部のサイトとの間の重複コンテンツが発生している場合は、どちらかがコンテンツの内容の大部分を引用していたり、文章をそのまま盗用していたりすることが考えられるでしょう。自分のサイトのコンテンツを作成するときは外部のサイトの文章を盗用しないことはもちろん、自分のサイトの文章をそのまま使っている外部のサイトのコンテンツを見つけたときは、削除申請などを行います。

重複コンテンツの確認方法

自分のサイトを盗作した重複コンテンツがあるか調べる方法として、最もシンプルなのが、自分のサイトの文章の一部をコピーして検索にかけることです。そのままコピー&ペーストして検索しても良いですが、コピーした文章の両端に「”」を付けて検索すると、完全に一致しているページのみを表示できるので、より高い精度で調べられます。

例えば、本ページが盗作されているか調べる場合は、上記の文章に「”」をつけて、「”自分のサイトを盗作した重複コンテンツがあるか調べる方法として、最もシンプルなのが、自分のサイトの文章の一部をコピーして検索にかけることです。”」といった形で検索します。その結果、検索結果ページに当記事以外のサイトが表示される場合は、盗作されている可能性があると言えるでしょう。

ただし、この方法だけでは厳密に「盗用」と判断できるわけではありません。重複コンテンツの疑いがあるページを特定できたら、「sujiko.jp」など、2つのURLを入力することで類似度を数値化して教えてくれるチェックツールの活用がおすすめです。ツールの総合判定結果が、「激似」など高い度合いを示した場合は、確信犯的な盗用を疑うべきです。後述する対処を行うようにしましょう。

重複コンテンツがSEOに与える3つの影響

重複コンテンツがSEOに与える影響は主に以下の3つです。

  • 検索結果に表示されなくなる
  • リンクが分散する
  • ペナルティ対象になる

重複コンテンツの危険性・影響を正しく理解して、健全なサイト運営を行いましょう。

検索結果に表示されなくなる

Googleから重複コンテンツと判断されると、検索結果ページに表示されなくなります。

Googleは、ユーザーの利便性を第一に考えているため、内容が重複したコンテンツが散乱することによってユーザーが検索エンジンを使いづらくなるという事態を避けようとします。そのための措置として、重複コンテンツと認識したコンテンツの評価を下げたり、検索結果から排除したりするのです。

自分のサイトのコンテンツが検索結果ページで見つけられないときは、知らず知らずのうちに外部のサイトのコンテンツと重複していると判断されてしまっている場合もありますので、前述した方法で確認することをおすすめします。

リンクが分散する

自分のサイトの中で重複コンテンツがある場合は、リンクが分散してしまうという問題があります。

Googleは、被リンクが多いページを人気が高いと判断して、検索結果の上位に表示させる傾向があるため、SEO対策としてリンクを集めることは非常に重要です。

ところが、自分のサイト内で同一の内容のページであるにも関わらず、「http://www.example.com/」や「http://example.com/」など、複数のURLが存在する場合は、外部からのリンクも分散してしまい正当な評価を得られません。

例えば、「http://www.example.com/」のURLに1,500の被リンクがあり、「http://example.com/」のURLにも1,500の被リンクがあった場合、本来なら3,000の被リンクを得られていたはずが、1,500の被リンクしか得られていないことになってしまうため、単純に損と言えるでしょう。

このような事態を避けるためにも、後述する「URLの正規化」や「アノテーション」を行います。

ペナルティ対象になる

重複コンテンツは、Googleのペナルティ対象になる可能性があります。

ただし、あくまで「可能性」であって、全ての重複コンテンツがペナルティにより検索結果に表示されなくなるわけではありません。実際、Googleは公式に「サイトに重複するコンテンツが存在しても、偽装や検索エンジンの結果を操作する意図がうかがえない限り、そのサイトに対する処置の根拠とはなりません。」(引用:Google検索セントラル)と明記しています。

簡単に言えば、たとえ複数のコンテンツで重複する文章が認められた場合でも、盗作や偽装、Googleアルゴリズムの悪用など、悪意を持って作成されたものでない限り、ペナルティの対象にはなりにくいです。

逆に、意図的な重複コンテンツはペナルティの対象となるため、そのコンテンツだけでなくサイト全体の評価を下げてしまいます。一度ペナルティの対象になると、改善をして再度審査を受けても、以前の評価が戻ってくる保証はありません。既存のコンテンツの盗作行為などは、絶対に行わないようにしましょう。

重複コンテンツがあった場合の対処方法

重複コンテンツがあった場合、重複の内容によって対処法はさまざまです。

重複コンテンツはGoogleによる評価に悪影響を及ぼします。放置してしまうと、検索結果の順位を下げたり表示されなくなったりして、アクセス数などが大幅に下がりかねません。以下の対処をして、自分のサイトが正しく評価されるようにしましょう。

URLの正規化

自分のサイト内で重複コンテンツが発生している場合に一般的な対処法が、URLの正規化です。

URLの正規化は、「www」の有無(「http://www.example.com/」と「http://example.com/」など)や、「s」の有無(「http://www.example.com/」と「https://www.example.com/」)などによって、同じ内容のページが分離してしまっている場合に、どちらか一方にアクセスを統一させることを指します。

URL正規化を行うには、「301リダイレクト」を使う方法が一般的です。301リダイレクトを行うことで、どのURLにアクセスしても、同じURLで表示されるようになります。つまり、コンテンツが重複しているわけではないことをGoogleに認識してもらえるということです。

また、301リダイレクトの他にも、「canonical」というタグを使ってGoogleからの評価を一つのページに統一させる方法もあります。重複コンテンツの問題点は、Googleの評価が散乱してしまう(検索結果に同一ページが表示される)ことなので、評価を一つに統一してしまえば問題になることはありません。301リダイレクトが使用できない場合には、代用として「canonical」を使えることも覚えておきましょう。

アノテーション

アノテーションも、自分のサイト内で重複コンテンツが発生している場合に有効な方法です。

アノテーションは、同じ内容のページについてPC向けとスマホ向けで別々のURLを使っていることを、Googleに伝えることを指します。

アノテーションの設定は、PC向けとスマホ向けのページのそれぞれで行います。PC向けのページには「alternate」タグを、スマホ向けのページには「canonical」タグを記載しましょう。

コンテンツの削除

自分のサイト内に重複コンテンツとみなされるページがある場合は、そのページを削除してしまうのも一つの手です。

自分のサイト内であっても、複数のページで何度も同じ文章を使っていると、それぞれのページが重複コンテンツと判断されてしまいます。また、自分でコンテンツを作成するときに、意図せずに外部のサイトのコンテンツに酷似してしまうこともあるでしょう。そのような場合は、もちろん文章をリライトすることも有効ですが、いっそ削除してしまっても良いかもしれません。

また、自分のサイト内のページ同士で重複してしまっている場合は、そのページに「noindex」タグを付ける方法もおすすめです。noindexタグを付けたページはGoogleから評価されなくなるため、重複コンテンツとなるのを回避できます。

提供先のページにcanonicalタグの設置を依頼する

外部サイトに重複コンテンツがある場合でも、canonicalタグを設置してもらう方法は有効です。

例えば、自分のサイトのコンテンツを外部のサイトのページが引用していて、その外部のサイトのページが重複コンテンツとなっている場合は、canonicalタグの設置を依頼しましょう。canonicalタグを設置してもらうことで、自サイトのコンテンツに評価が統一され、重複コンテンツとしてみなされることもありません。

もしcanonicalタグの設置を拒否された場合は、引用された箇所の削除を依頼しましょう。それでも良い返答が得られなければ、Googleに対して削除要請をする方法もあります。

削除要請をする

外部のサイトに、自分のサイトのコンテンツの悪質な盗用が見られた場合は、Googleに削除要請をしましょう。

たとえ自分のサイトのコンテンツがオリジナルであったとしても、両方のサイトや、自分のサイトだけがペナルティを受ける恐れもあるため、早めの対処が重要です。

Googleには「著作権侵害による削除」という申請するためのページがあります。著作物の説明や掲載されている場所(URL)などを入力して送信するだけなので、簡単です

重複コンテンツを防止するための3つのポイント

これまで説明してきたように、自分のサイト内での重複コンテンツや外部のサイトに原因がある場合は適切な対処方法がありますが、自分が作るコンテンツが外部のサイトの重複コンテンツになってしまうことには注意が必要です。たとえ悪意がなかったとしても、重複の度合いが高ければGoogleからペナルティを受ける事態にもなりかねません。

これから作るコンテンツが重複コンテンツにならないようにするためには、以下のポイントが重要です。

  • 定型文の使用を少なくする
  • ニッチなテーマを探す
  • オリジナルのコンテンツ作成を心がける

重複コンテンツは少し意識するだけでもかなりの防止効果があるので、これらのポイントを押さえておきましょう。

定型文の使用を少なくする

解説記事などのコンテンツでは、定型文の使用を少なくすると、重複コンテンツになりにくいです。

例えば、Webマーケティングに関するサイトを運営する場合、狙っているキーワードが違ったとしても、「SEOとは~のことです」、「マーケティングとは~のことです」など、自分のサイト内でも、外部のサイトのコンテンツとも重複してしまう一文が出てきてしまうことが多々あります。

もちろん一部だけ重複してしまう箇所があってもペナルティの対象となることは少ないですが、このような定型的な文章が多用されていると重複コンテンツと見なされ、Googleから評価を下げられてしまうこともあり得ます。

同じテーマを扱っているコンテンツであっても、できるだけ言い回しを変えたり構成を変えたりするようにしましょう。

ニッチなテーマを探す

すでに多くの外部サイトが扱っているテーマを避けるのも、重複コンテンツにならないようにするための手段です。

テーマを決める際にペルソナを細かく作りこんで、よりニッチな層に向けたコンテンツを作成すれば、重複コンテンツにはなりにくいでしょう。そもそも外部のサイトが取り組んでいないテーマであれば重複しようがありませんし、今までにない層に向けたコンテンツとなると、定型文も使いづらく、自分のサイト内でも重複する可能性が低くなります。

サイト内の各コンテンツのテーマは、サイトを設計する時点で外部のサイトに類似するものがないか確認して決めておくとスムーズです。

オリジナルのコンテンツ作成を心がける

上記のポイントで「ニッチなテーマを探す」と説明しましたが、やはりユーザーニーズを捉えたコンテンツを作成するには、外部サイトとテーマ自体が重複してしまうことは避けられません。

そこで重要なのが、同じテーマのコンテンツでも文章や構成を工夫して、他のサイトのコンテンツにはないオリジナル性を追求することです。

オリジナルのコンテンツを作成するには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 例を挙げてよりわかりやすく解説する
  • 実体験を書き、より具体性を持たせる
  • 実際にコンテンツ制作者が撮った写真を使う
  • 競合サイトを見ない

自分なりにわかりやすい例を作ったり、実体験を書いてリアリティや具体性を持たせたりすることで、よりオリジナリティが生まれやすくなります。また、文章だけでなく、写真なども実際にコンテンツ制作者が撮ったものを使用すると良いでしょう。

狙ったキーワードで上位を狙う際は、すでに検索上位を獲得している競合サイトを確認することは大事ですが、あえて競合サイトを見ないという選択も悪くありません。競合サイトを見てしまうと、無意識に競合サイトの文面が頭の中に入ってしまい、似たコンテンツを作成してしまう恐れがあります。競合を一切見ないことで、自分なりの文章が書けてよりオリジナリティのあるコンテンツが作成できるでしょう。

まとめ

重複コンテンツと判断される基準は今のところ明言されていませんが、Googleからそのように認識されてしまうと、自分のサイトの評価を下げられてしまったり、場合によってはペナルティの対象となり検索結果に表示されなくなったりすることもあります。

自分が作るコンテンツが重複コンテンツとみなされないためには、外部のコンテンツのコピペをしないなどは当たり前のこととして、同じことを説明するにしても言い回しを変えるなどの工夫が重要です。

また、いくら自分が気をつけていたとしても、外部のサイトによって自分のサイトのコンテンツが盗用されてしまうこともあるでしょう。そういった場合でも、Googleに削除要請を出すなど対処方法はありますので、速やかに対応できるように定期的に重複コンテンツがないか確認しておくことをおすすめします。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。