SEO/SEM

Adwords広告(Google広告)とは?出稿できる広告と出稿方法を解説

Adwords広告(Google広告)とは?出稿できる広告と出稿方法を解説

Adwords広告は、WEB広告を出稿したいと考えている企業に必見のサービスです。

月額20万円前後の予算から始めることができ、世界的にもユーザー数の多いGoogle及び、Googleと提携するサイトに広告を掲載することができます。

本記事では、Adwords広告とはなにか、出稿方法についても解説していきます。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

Adwords広告(現:Google広告)とは?

Adwords広告(アドワーズ広告)とは、Googleが提供するサービスの一つで、現在は「Google広告」と呼ばれています。

Google広告が正式名称となっているものの、これまで通り「Adwords広告」と呼ばれることもあります。

Adwords広告は、Googleの自社サービスである検索エンジンの広告枠や提携メディアの広告枠を、クリック課金型として販売しています。

ユーザーからクリックされない限り費用は発生しないため、広告主にとっては広告費の払い損を避けることができます。

Adwords広告を利用することによって、Googleの検索ページにおける検索枠に広告を出稿できるほか、有名なWEBメディアのサイドバーに広告バナーを表示させることもできます。

Googleユーザーは、世界的にみても多く、広告が多くの人の目に留まることを期待できます。

Adwords広告では、具体的に以下のことができます。

  • 指定したキーワードの上部に広告を掲載
  • Google Adsenseが設置されているメディアに広告を掲載
  • Google Adsenseが設置されているスマートフォンアプリに広告を掲載
  • YouTubeの動画の冒頭、中間に広告を挿入
  • Gmailで広告配信

Adwords広告を利用すれば、Googleが提供するありとあらゆるスペースにおいて、広告を出稿することができます。

検索キーワードやジャンルを指定することによって、自社の商品やサービスをターゲットとする層に高い確率で届けることが可能です。

Adwords広告で出稿できる広告

Adwords広告では、どのような広告を出稿できるのか、ここでは、代表的な以下の3つの広告について解説していきます。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンで検索した結果に連動して表示される広告です。

興味を持っているユーザーに広告を表示できるため、クリック率が高く、効果のある広告としても知られています。

Googleの場合、リスティング広告は検索結果ページの最上部に広告が表示されます。また、通常の検索結果の下部や、サイド広告枠にも掲載されます。

また、広告には「広告」と記載されており、ユーザーに対して広告であることが一目で分かるようになっています。

リスティング広告は、料金を支払えばすぐに上位表示されるため、即効性があります。また、広告のターゲットとするユーザーに表示できるため、クリック率も高いのが特徴です。

表示方法も自然であり、広告を嫌うユーザーから嫌悪感を抱かれにくい傾向にあります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、WEBサイトの広告枠に表示される広告です。

Googleにおけるディスプレイ広告は、「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」ともいわれており、Googleアドセンスが貼られているサイトに表示されます。

WEBサイトやブログを閲覧している時に、バナー型の広告をページの下部に見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。

広告によって、閲覧しているユーザーを広告主が設定したWEBサイトに誘導させることができます。

ディスプレイ広告の料金体系は、1クリックごとに料金が発生するクリック単価制がメジャーです。

ほかにも、広告の表示回数に応じて料金が発生する、インプレッション単価制のものもあります。

ディスプレイ広告は、商品やサービスを知らない層へ認知させる効果も高く、潜在的なニーズを引き出すことができます。

動画広告

Googleにおける動画広告は、ディスプレイ広告の一部であり、WEBサイトの広告枠にも掲載されます。

動画は静止画よりも人を惹きつけやすく、ユーザーからの注目も集めやすいため、記憶にも残りやすいといわれています。

最近では、YouTubeで再生される動画広告がメジャーとなっています。YouTubeで再生される映像の冒頭、中間のいずれか、もしくはいずれにおいても広告を挿入することができます。

YouTubeにおける広告の再生時間は、ノンスキップ広告の場合は最大再生時間が15秒と定められています。

しかし、長時間の広告は、ユーザーから飽きられたり、否定的イメージを抱かれたりするため、ほとんどの広告が5秒でスキップできるように設定されています。

Googleにおいて、動画広告を寄稿する場合の費用目安は、1回の再生につき2円から25円が相場です。月々の予算としては、20万円前後が一般的です。

広告の費用感について

Adwords広告では、最低出稿金額が定められていないため、予算に合わせた金額で広告を打ち出すことができます。

Adwords広告を利用する多くの企業が、20万〜30万円前後を予算としていますが、一部の大手企業などは数千万円の予算を広告費にあてているケースもあります。

Adwords広告の主な種類と費用相場は、以下の通りです。

  • リスティング広告 月額20万円
  • ディスプレイ広告 月額20万~50万円
  • 動画広告 月額20万円

上記の広告費に加えて、広告を出稿する際の初期費用には広告制作費などもかかります。毎月かかる広告費の予算としては、20万円程度見積もっておくと良いでしょう。

Adwords広告の出稿方法

ここからは、Adwords広告の出稿方法について、解説していきます。Adwordsの出稿は、以下の10ステップで完了します。

1.Google AdWordsのアカウントを取得

まずは、Google AdWordsのアカウントを取得して下さい。

Google AdWordsのトップ画面「https://www.google.co.jp/adwords/」にアクセスして、「ご利用開始」をクリックします。

2.キャンペーンを設定

新規キャンペーンを作成していきます。

「最初のキャンペーン」をクリックして下さい。キャンペーンの作成において「配信方法」「配信地域」「言語」「1日の予算」を設定できますが、「配信方法」と「1日の予算」のみを設定します。

3.広告グループを作成

広告グループには、最大50のキーワードを登録できます。しかし、複数のキーワードを設定した場合、広告文と均等性が保てなくなるので注意しましょう。

4.キーワードの登録

キーワードの登録では、キーワードを登録します。

ユーザーの検索意図を上手く予想し、検索意図に適したキーワードを選択することが重要です。

5.広告文の作成

広告文の作成は「+広告」タブをクリックした後、「テキスト広告」をクリックしておこないます。

ユーザーの訴求に応えられるような文章を考えて下さい。

6.除外キーワードの登録

「キーワード」タブをクリックし、除外キーワードを設定していきます。

除外キーワードは特定のキーワードで検索された場合、広告が非表示になるようにする設定です。

例えば、都内でケーキ屋を探している人は、検索窓に「東京 ケーキ」などと入力するのが一般的です。

しかし、ケーキ屋で働きたいと考えているユーザーは、「ケーキ屋 求人」となるでしょう。

「ケーキ屋 求人」のユーザーに、ケーキの購入を促進させるような広告を配信しても、意味はあまりないと考えられるので、広告が配信されないようにしておきます。

7.配信地域の設定

「地域を設定するキャンペーン」をクリックして、「設定」タブをクリックして下さい。

配信地域の設定をおこなうことにより、ターゲット層を絞ってアプローチできるため、店舗型のビジネスでは必須です。

8.配信日時の設定

「設定するキャンペーン」をクリックして、「広告スケジュール」を「設定」から選択して下さい。

Google AdWordsは、15分単位で配信日時を指定できます。そのため、店舗の休業日には配信しないなどといった対応が可能です。

9.タグを発行して設置

AdWordsにおいて成果を測定する場合、タグを発行してWEBページに配置しておく必要があります。

左下の「共有ライブラリ」「ユーザーリストの表示」、ウェブサイト訪問者の「リマーケティングを設定」を順番にクリックしていき、「すべての訪問者」リストの確認ができたら、上部の「キャンペーン」をクリックして下さい。

次に、運用ツールの「コンバージョントラッキング」タブをクリックし、「+コンバージョン」をクリックします。

「コンバージョンの発生源」をクリックし、「ウェブサイト」を選択します。

必要事項を入力し終えたら、「保存して次へ」>「完了」の順にクリックします。

10.支払い方法の設定

Adwordsの支払い方法は、「手動入金」と「自動入金」の選択制となっているため、都合の良い支払い方法を選択して下さい。

請求先住所の国または地域の選択や、支払いをするカードの設定も併せておこないます。

以上で完了です。

Adwords広告の出稿方法は簡単なため、初心者でもスムーズに設定していくことができるでしょう。

まとめ

WEBメディアの運営者の中には、運営するメディアに広告タグを貼り付け、アドセンスによって報酬を得ようと考える人は少なくありません。

多くの消費者がWEBページを閲覧しているため、WEBサイトに掲載される広告は、多くの人の目に留まり、高い広告効果を期待できるのです。

Adwords広告は、キーワードやカテゴリなどによって、広告のターゲット層にもアプローチできます。ターゲット層の絞り込みは非常に精度が高く、確かなアプローチを期待できます。

WEB広告は紙媒体の広告や、折込チラシなどよりも費用が安く、それでいて即効性もあるため、現代における代表的なマーケティング手法のひとつといえるでしょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。