SEO/SEM

タグクラウドとは?作り方から必要性やSEOへの効果まで解説

タグクラウドとは?作り方から必要性やSEOへの効果まで解説
サイト運営やコンテンツ作成を行ううえで、「タグは何となくわかるけど、タグクラウドっていったい何のこと?」と疑問を持つ方もいることでしょう。

タグクラウドとは、簡単に言うとブログなどで設定するタグを一覧表示させたものです。

この記事では、タグクラウドの概要や作り方から、必要性・SEOへの効果について解説していきます。

「SEO効果があるなら、タグクラウドの必要性を理解して活用したい!」という方は、この記事をぜひチェックしてみてください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

タグクラウドとは?

タグクラウドとは、Webサイトのページごとに主要ワードをタグ登録し、そのタグを一覧表示させたものです。

基本的には、タグの重要度に合わせてフォントサイズが大きく表示されるようになっています。一般的にタグクラウドはブログのサイドカラムのコンテンツとして利用されていますが、現状は使用するサイトが少なくなっている印象です。

例えば、「ブログ運営者のプロフィール」「よく読まれている記事の紹介」「カテゴリー」などと表示されているのを見たことがあるのではないでしょうか。この部分がサイドカラムと呼ばれ、主にブログ内に掲載されている情報へのリンクをまとめた「ナビゲーション」の役割として使われています。

ちなみに、タグとカテゴリーは別物です。カテゴリーは記事をテーマごとに分けて格納する「フォルダ」で、タグはその記事に目印として貼る「付箋」と言えます。たとえ同じタグが付けられていても、同じカテゴリーに属するとは限りません。

タグクラウドの作り方

タグクラウドの作り方は、次の4つが挙げられます。

  • WordPressの機能を利用する
    WordPressのプラグインやウィジェット・専用コードを利用してタグクラウドを作成する
  • タグクラウド作成ツールを使う
    無料で公開されている「タグクラウド作成ツール」を活用して作成する
  • PHPを使用して作成する
    PHP用のタグ生成ライブラリを活用してタグクラウドを生成する
  • jQuery、JavaScriptを使って作成する
    タグクラウドを生成できるjQueryプラグインを活用してJavaScriptで作成する

特に、WordPressを利用してブログを作成している場合は、タグクラウドのウィジェットを追加するだけでサイトに表示することができます。

WordPress設定画面の「外観→ウィジェット」で設定できるので、気になる人は設定してみましょう。

タグクラウドのデザインはCSSで編集可能

タグクラウドのデザインはCSSで編集できるので、デザインを調整してから表示しましょう。なぜなら、デフォルト設定のままでは文字が羅列しているだけで見にくいからです。

デフォルトの文字がただ並んでいるだけの状態では、ユーザーが利用しづらいと言えます。そのため、ユーザーの利便性を考慮した編集が必要です。

そこで、効果的なタグクラウドを作成するために次の3つのポイントを押さえましょう。

  • 文字色
    デフォルト・オーバー時のリンク色を使い分け、リンクであることをわかりやすくする
  • 文字サイズ
    人気タグの文字サイズを大きくし、ユーザーが集まりやすいコンテンツに集中させる
  • フォント
    フォントスタイルを変更し、タグクラウドを目立たせる

さらに、「オーバル枠でそれぞれのタグを囲む」「ハッシュタグを付ける」などと自分好みにカスタマイズもできるので、参考サイトをもとにオリジナルデザインにするのもおすすめです。

タグクラウドの必要性

タグクラウドには「メリット」と「デメリット」があり、必要性については賛否両論あります。

メリットとデメリットを把握した上で、よく考えて使用しましょう。

タグクラウドのメリット

タグクラウドのメリットは主に次の2つです。

  • 内部リンクの増加により、ユーザーのサイトの回遊率が向上する
  • タグごとに新たなページが増えることでインデックス数が増加する

まず、内部リンクの増加により、ユーザーのサイトの回遊率が向上することについてです。なぜ回遊率が向上するのかというと、タグクラウド自体が内部リンクの塊だからです。

ユーザーが1つのタグをクリックすれば、そこから興味のある記事へと次々に遷移してくれる可能性があります。するとユーザーが知りたい情報を得やすくなり、結果としてGoogleに評価されやすいサイトに繋がります。

続いて、タグごとに新たなページが増えるとインデックス数が増加することについて。これがメリットとなる理由は、検索されたキーワードに関するコンテンツがサイト内に豊富で質が良いと判断されれば、検索順位をアップすることができるからです。

インデックス数が増えるということは、検索エンジンによってランキング付けの対象とされるページが増えるということです。どのページも質の高いページと判断されれば、「質が高くて関連性が高いページが豊富なサイト=専門性の高いサイト」とみなされ、結果的に検索順位がアップします。

タグクラウドのデメリット

タグクラウドのデメリットは次の2つです。

  • 重複コンテンツやそれに近いページがたくさんできてしまう
  • タグに含まれるコンテンツが少ないうえに中身の薄いページができてしまう

上記の内容を行うと、どちらもSEO的に大きなマイナス要因となり、検索順位を下げる可能性があります。

タグクラウドは、「同じようなコンテンツが含まれるタグ」がたくさん作られる可能性を秘めています。実際にそのようなコンテンツが作られた場合、Googleに「重複コンテンツまたはそれに近いコンテンツ」と判断され、ペナルティを受ける可能性が高いです。

また、タグに含まれるコンテンツが少ない場合、コンテンツを増やすためにむやみにページを作成しようとする方がいるかもしれません。すると、中身の薄いページができてしまうのでコンテンツの質を下げることになり、結果的にGoogleの評価を下げてしまいます。

このようなデメリットを回避するには、noindexをタグページに設置する必要があります。noindexとは、価値のないページを検索エンジンに認識させないようにするHTMLタグの1つです。noindexを設置すればそのページはインデックスされないので、重複コンテンツを避けることができます。

タグクラウドのSEO効果はあまり見込めない

ここまでタグクラウドについてメリット・デメリットを説明してきましたが、SEO効果に関してはあまり見込めないと考えられています。

なぜなら、Google公式の見解として「タグクラウドはメリットが少ないので使用しないほうがいい」と表明されているからです。Googleは、「タグクラウドはキーワードの過剰な詰め込みと捉えられる可能性がある」と公言しています。

このことから、メリットよりもデメリットのほうが大きいと考えられるので、タグクラウドは使用しないほうが無難です。

それでも利用するのであれば、「コンテンツが少ない」「中身が薄いページ」など、質の低いコンテンツにならないようにサイトを管理することが重要になります。

引用元:タグクラウドをサイドバーに置いているとSEOスパム扱いされる?|Google Webmaster Help Channel on YouTube

まとめ

今回は、タグクラウドの概要と作り方、また必要性やSEOへの効果について解説しました。

タグクラウドとは、ブログなどのページの主要ワードごとにタグを登録して、その一覧を表示させたものです。

サイト回遊率の上昇やインデックス数の増加などSEOにとってプラスの効果もありますが、コンテンツの管理を怠るとマイナス影響を受ける可能性があるので、Googleは公式見解として「使わないほうが無難」だと発表しています。

このことからも、タグクラウドのSEO効果はあまり見込めません。タグクラウドの使用をSEOのために検討しているのであれば、それよりも質の高いコンテンツ作りを心がけることが重要と言えます。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。