GMO TECH(GMO テック)はインターネット集客の専門家です

GMO TECH

ニュースリリース

インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス 「AsiAD(アジアド) byGMO」提供開始 〜中華圏をはじめアジア主要国に向けたプロモーションを一貫してサポート~

2016年6月21日

報道関係各位

GMO TECH株式会社

インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス
「AsiAD(アジアド) byGMO」提供開始
〜中華圏をはじめアジア主要国に向けたプロモーションを一貫してサポート~

 GMOインターネットグループでインターネット上の集客サービスを展開するGMO TECH株式会社(代表取締役社長CEO:鈴木 明人 以下、GMO TECH)は、中国・台湾・香港など中華圏をはじめとした東アジア、東南アジア主要国をカバーする、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス「AsiAD(アジアド) byGMO」を本日6月21日(火)より提供開始いたしました。
 アジアからのインバウンド需要を狙う店舗・サービス運営者はもちろん、越境ECによる販路・売上拡大を目指す日本企業は、「AsiAD byGMO」を利用することで、SNSや検索サイトを含む現地メディアへの多言語広告クリエイティブの制作から出稿、運用、レポート分析までを一貫して行うことができ、効率的にプロモーション効果の最大化が図れます。

logo

【提供開始の背景】
 2015年の訪日外国人観光客(訪日客)は、前年比47.1%増の累計1,973万人と急増しており、その中でもアジア地域からの訪日客は1,664万人と8割超を占め(※1)、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて拡大が見込まれているインバウンド需要の中でも、アジア地域の重要性が増しています。
 こうしたインバウンド需要の高まりと比例して、日本から海外の消費者へ向けて販売する“越境EC”のニーズも拡大しております。その背景には、日本の文化・製品への関心の高まりや、訪日時に購入した、あるいは気になった商品を帰国後に購入する訪日客が多いことなどが挙げられ、今後も訪日客の増加に伴って越境ECの市場規模も拡大していくと考えられます。とりわけ越境ECの市場成長が顕著な中国においては、2014年に日本のECサイトから購入した金額が、前年比55.4%増の6,064億円に達し、2018年には約2.3倍の1兆3,943億円に達すると予測されています(※2)
 そこでGMO TECHは、今後さらなる拡大が見込まれる、アジア地域におけるインバウンドおよび越境ECのニーズに対応し、現地に向けたプロモーション展開やWebサイト集客を効率的に行えるよう、中国・台湾・香港など中華圏をはじめとした東アジア、東南アジア主要国をカバーする、多言語対応の広告運用サービス「AsiAD byGMO」を展開することといたしました。
 なお、本サービスの提供に際しては、訪日客数で中国・韓国に次ぐ規模を誇る台湾向けのプロモーションニーズが高いことに鑑み、台湾をはじめとする中華圏の有名媒体と強固なリレーションを持つ、台湾の現地企業とパートナー提携を行っております。今後、提携パートナーとの連携をより強め、有力媒体数およびプロモーション支援内容の拡大を図ってまいります。

(※1)出典:日本政府観光局(JINTO)「2015年訪日外客数(総数)」
(※2)出典:経済産業省「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)」(平成28年6月14日公表)

【AsiAD byGMO」について】(URL:https://asi-ad.com/)
 「AsiAD byGMO」は、アジア主要国の現地メディアに向けた多言語クリエイティブ制作から、メディア選定、広告出稿・運用・レポート分析までを一貫して行える広告マーケティングサービスです。「Attention(注意・認知)」「Interest(興味)」「Search(検索)」「Activision(行動)」「Share(共有)」の5つのフェーズから成り立つ消費者の購買行動プロセスにおいて、GMO TECHがこれまで国内で培ってきたWebマーケティングノウハウを活かし、アジア地域を対象としたプロモーション展開やWebサイト集客を支援いたします。

imageasiad

特長1:エリア特性に基づいたスムーズな広告運用を実現
台湾企業とのパートナー提携により、日本からは購入・出稿が難しかった現地メディアへの広告配信をスムーズに行えるほか、リアルタイムで広告運用を行うことができます。広告のクリエイティブや表現など国・地域によって異なる広告規制や言語、オペレーションの違いでストレスを感じることなく、日本国内と同様のプロモーション活動が可能です。

特長2:グローバルメディアから現地メディアまで幅広く対応
GoogleやYahoo!などのグローバルな検索サイトや、Facebook、Twitter、InstagramといったSNSはもちろん、Baidu やWeiboといった現地メディア・SNSへの広告出稿に対応しています。また、各国の広告サービスのキャンペーン分析レポートは、日本語に翻訳して提供いたします。

特長3:アジア主要国において最適な媒体の選定・出稿が可能
対象国のSNSや各種メディアの普及状況に合わせて、GMO TECHが広告主のニーズに対して最適なSNSや検索サイト、DSP(※3)を選定して広告運用いたします。

特長4:クリエイティブの多言語化が可能
広告主に代わって、日本語から対象国の公用語に翻訳し、言語別のクリエイティブを作成いたします。なお言語は、サービス提供を行う対象国すべてに対応しております。

(※3)Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略称。複数の広告サービスを横断して管理でき、広告のインプレッション(露出)が発生するたびに閲覧ユーザーの属性や広告の掲載面などの情報を分析し、最適な広告枠のバイイング(仕入れ)から配信までを効率的に行うプラットフォーム

【AsiAD byGMO」サービス概要】

提供内容 ■アジア向け広告マーケティングに関するコンサルティング
■ソーシャルメディア・検索サイト・DSPなどへの広告配信
■多言語クリエイティブ制作(対象国の公用語に対応)
■検索エンジン対策(オプション)
■多言語LPO対策(オプション)
導入企業イメージ ・訪日外国人に向けて、来日促進や来日時の購買促進などインバウンド需要獲得をお考えの企業様
・越境ECを利用した拡販をお考えの企業様
・今後、アジア地域に向けて事業展開をお考えの企業様
・すでにアジアで事業展開しており、商品の認知拡大や販売促進を図り)たいとお考えのグローバル企業様
対応メディア <ソーシャルメディア>
Twitter・Facebook・Instagram・Weiboなど
<リスティング広告 他>
Baidu・Yahoo!奇摩・東森新聞雲・Yam蕃薯藤など
*対応メディアは随時拡大いたします。
対象国 中国・香港・台湾・マカオ・韓国・インド・インドネシア・フィリピン・タイ・ベトナム・マレーシア 等
価格 月額50万円(税込)~ ※詳細はお見積りください
お問い合わせ promo@gmotech.jp

【GMO TECHについて】
 GMO TECHは2014年12月に東証マザーズに上場し、テクノロジーを駆使した自社開発商品で企業の集客支援を行っております。スマートフォン向け広告サービス「GMO SmaAD」をはじめ、スマートフォンアプリが簡単に作れる「GMO集客アップカプセル」やSEO対策「SEO AIRLINES byGMO」の提供のほか、Facebook・リスティング・リターゲティング運用などを主力事業としております。
 GMO TECHは各事業に共通して、お客様のWeb戦略におけるKPIとして最も重要な、問い合わせ・購入・インストール等のコンバージョン(成果)に重点を置いた事業展開を行っています。

【参考URL】
・GMO TECHコーポレートサイト URL:https://gmotech.jp/
・スマートフォン向け広告「GMO SmaAD」 URL:https://smaad.net/
・O2Oアプリ制作「GMO集客アップカプセル」URL:https://アップカプセル.com/
・SEO対策「SEO AIRLINES byGMO」 URL:http://seo-airlines.com/

【報道関係お問い合わせ先】
GMO TECH株式会社 広報担当 三原
TEL:03-5489-6370 FAX:03-5489-6371
E-mail:press@gmotech.jp

GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695
E-mail:pr@gmo.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
GMO TECH株式会社 担当 猪野
TEL:03-5489-6270 FAX:03-5489-6371
E-mail:promo@gmotech.jp

Copyright (C) 2016 GMO TECH, Inc. All Rights reserved.