GMO TECH(GMO テック)はインターネット集客の専門家です

GMO TECH

IR情報

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、株主及び関係者に対し公正かつ公平な利益を守るため、また、企業価値の継続的な向上のため、コーポレート・ガバナンス体制の強化を経営の最重要事項であると認識し、ガバナンス体制の強化、充実に取り組んでおります。
当社は、「「笑顔」「感動」を産み出せる会社となること」・「全スタッフの技術・知識・活動を通じ社会の発展に貢献すること」・「常に正しいことを行なうこと」を経営理念とし、自らを「経営理念を実現するために常に進化し続ける企業体」と定義付けたうえで、経営資源の効率的な活用と適切なリスク管理を通じ、長期的な安定と発展を実現するため、透明性と牽制機能を備えた経営体制を構築し、企業価値の向上に努めてまいります。

コーポレート・ガバナンス体制の状況

1.機関構成・組織運営等に係る事項

当社の組織形態は監査役会設置会社です。

取締役関係
定款上の取締役の員数 8名
定款上の取締役の任期 1年
取締役会の議長 社長
取締役の人数 5名
社外取締役の選任状況 選任している
社外取締役の人数 2名
社外取締役のうち独立役員に指定されている人数 1名
監査役関係
監査役会設置の有無 設置している
定款上の監査役の員数 4名
監査役の人数 3名
社外監査役の選任状況 選任している
社外監査役の人数 2名
社外監査役のうち独立役員に指定されている人数 1名
独立役員関係
独立役員の人数 2名

2.業務執行、監査・監督、指名、報酬決定等の機能に係る事項

  1. 取締役会を原則として月1回開催し、経営に関する重要事項の決定を行い、また定例的に業務執行に関する報告を受けることによりその状況につき監督を行っております。取締役には、豊富な経験または高度な専門知識や技術を有する人材を登用し、透明かつ公正な企業活動の一層の充実を図っております。
  2. 業務執行に関する機関として経営会議を原則として週1回以上開催し、取締役及び社長の指名する者が出席して、取締役会の決定した基本方針に基づき、業務執行方針及び執行計画、執行の状況、ならびにその成果について、審議及び報告を行っております。また取締役会付議事項を事前審議しております。なお、経営会議には常勤監査役が出席し、意見を述べることとしております。
  3. 監査につきましては、監査役会、監査法人、内部監査担当者が連携して監査を実施しております。
  4. コンプライアンス体制及びリスク管理体制の強化を図るために、定例的に経営会議への報告を実施しております。
  5. 監査役会を原則として月1回開催し、常勤監査役が中心となり社外監査役に対し、経営会議の模様、取締役会議案の内容、及び監査法人、内部監査担当者が実施した監査の内容や改善の状況などを詳細に報告し、監査役会としての意見形成に努めております。
  6. 常勤監査役が中心となり、日頃から監査法人及び内部監査担当者との情報交換を行い、内部監査結果を監査役監査に活用し、効率的で実効性のある監査の実施に努めております。
  7. 監査役の職務執行に際しては、管理部スタッフがその補助業務を行うこととしております。
  8. 会計監査につきましては有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、金融商品取引法上の内部統制に係る事項も含め、年間の監査計画に従い監査を受けております。

3.現状のコーポレート・ガバナンス体制を選択している理由

当社は、企業経営の監査及び組織経営の効率化、コンプライアンスの徹底を推進するために相当の体制が整備されていると判断し、現在の企業統治体制を採用しております。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図
コーポレートガバナンス報告書は下記よりダウンロードいただけます。