SEO/SEM

カテゴリー分けの3つの方法やコツ・SEOへの効果を解説

カテゴリー分けの3つの方法やコツ・SEOへの効果を解説
カテゴリー分けについて、どんなことを知っていますか?カテゴリー分けを行うとSEO効果が上がるので、サイトを作成するうえではとても重要な作業です。

とはいえ、具体的にカテゴリー分けについて知らない人も多く、何から始めたらよいかわからない場合は戸惑ってしまうかもしれません。

上記のお悩みを解決するために、今回はカテゴリー分けの概要やコツ、SEOへの効果についてまとめました。本記事を参考にしてカテゴリー分けをマスターし、サイトのSEO効果を高めましょう。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

そもそもカテゴリー分けとは?

カテゴリー分けとは、ブログやホームページなどのコンテンツを分類別に整理して読みやすくする手法で、実際にSEO対策として有効な方法となります。

なぜなら、読みやすさを高めることでユーザーの満足度が向上し、運営サイトがGoogleから高評価を得られるからです。

ホームページで記事を入稿しても、多くの人に見てもらうためには探し出してもらえる環境が必要です。最初はランディングページからアクセスするケースも多いですが、カテゴリー分けができていないと適切な記事が探せないため、読者の離脱率が高まる原因となります。

整理整頓された部屋をイメージしてみてください。整理されている部屋は何がどこに置かれているのかが一目でわかるため、自分がストレスなく欲しい情報を探せます。反対に、散らかっている状態から欲しい情報を探し出すのは手間も時間もかかってしまい一苦労です。

つまり、コンテンツがサイト内に散らかっている状態では、ユーザーが置き場所を把握しづらくなってしまうのです。そこで有効なのが、カテゴリー分けの手法です。

下記では、カテゴリー分けのコツについて詳しく解説します。

適切なカテゴリー分けの3つの方法とコツ

最適なカテゴリー分けの方法として、

  • 分けるカテゴリーは3階層までにする
  • カテゴリータイトルにはキーワードを入れる
  • パンくずリストを設置する

などが挙げられます。3つのポイントを意識して、適切なカテゴリー分けを行いましょう。

1.分けるカテゴリーは3階層までにする

カテゴリー分けを行う際は3階層までにしましょう。カテゴリーを細分化しすぎるとカテゴリー数が多くなり、読者がかえってコンテンツを把握しづらくなる可能性があるからです。

例えば、スマホの種類を紹介するサイトのカテゴリー分けを考える場合、まず大カテゴリーはスマホになります。さらに細分化すると、「android」と「iPhone」 などのOSの違いによる分類があり、そこからもっと細かく「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」などの具体的な機種名で分けることになります。

3階層まででカテゴリー分けを行った場合、読者が読みやすいだけではなく、記事を入稿する際にもカテゴリー分類に迷わずに済むでしょう。

2.カテゴリータイトルにはキーワードを入れる

カテゴリータイトルにはキーワードを入れると効果的です。

記事のタイトルや本文などにキーワードを含めるとSEO効果が高まるのと同じ構造で、カテゴリータイトルに上位表示したいキーワードを入れるとSEO対策として有効なのです。

例えば、「WindowsのPCがおすすめの理由を徹底解説!」という記事を入れるカテゴリー名を「Windows」にすると、SEO対策としてキーワードの相乗効果が生まれます。

カテゴリータイトルが読者の目を引く内容になっていると、クリックしてもらいやすいメリットがあります。何より読者にわかりやすいコンテンツ構造を目指すのが、SEO対策には一番効果的なのです。

反対に、コンテンツが網羅されていても読みたい記事を探すのに手間がかかるサイトは、読者が離脱しやすいといえます。

そのため、カテゴリータイトルを作成する際はキーワードを入れることを心がけましょう。

3.パンくずリストを設置する

パンくずリストを設置することも大切です。パンくずリストはサイトの現在地をホームからの道順で示したもので、ユーザーが利用しやすいサイト作りに繋げられます。

ホームページ全体の構造が視覚的にとらえやすくなるというメリットもあります。一目でわかる情報が多いと、ユーザーはストレスなくサイトを閲覧できるのです。

そして、最適なカテゴリー構造となっているためクローラーが巡回しやすく、ホームページ全体がよい評価を得やすくなります。Google検索で上位表示されやすいホームページを作成するには、読者だけでなくGoogleのクローラーの視点に立ったパンくずリストを考えることがとても大切なのです。

サイト内にパンくずリストを設置して、ユーザーの満足度を高めましょう。

適切なカテゴリー分けでユーザーの利便性が向上する

適切なカテゴリー分けをすると、ユーザーの利便性が向上します。情報が整理整頓されていて見やすいホームページは、ユーザーが迷わずに欲しい情報に辿り着けるので、満足度を損なわないからです。

さらにGoogleのクローラーも、ユーザーにとって有意義なサイトに高評価を与える基準を設けているため、適切なカテゴリー分けをすることでサイトが高い評価が得やすくなるといえます。

カテゴリー分けにおいてまず取り組むべき内容として、ジャンルやタグごとのカテゴリーページを作成しましょう。カテゴリーページを作成後、サイトトップページのサイドバーやメニューに各カテゴリーページへのリンクを貼ると効果的です。

カテゴリー分けを行うことは、サイトの回遊率やコンバージョンの向上にもつながります。適切にカテゴリー分けを行い、ユーザーの利便性を高める工夫を取り入れましょう。

カテゴリー分けをする際は細かくしすぎないことに注意

カテゴリー分けをする際は、細かく分類しすぎないことが大切です。

細分化しすぎるとカテゴリー数が多くなり、カテゴライズする際に迷いが生まれます。また、カテゴリー数が多くなると全てを把握しきれないため、不適切なカテゴリーを選択してしまうデメリットも考えられます。

万が一、キーワードが重複しているために類似コンテンツと評価されてしまうと、Googleの検索順位を大きく下げる原因になってしまいます。

Googleは似たようなコンテンツや記事を公開していると、コピーコンテンツとみなしてサイト全体をマイナス評価する傾向があります。このようなサイトはクローラーにもユーザーにもわかりにくい構造となるため、低評価を受ける可能性が高いです。

もし、どうしても細かく分けたいという場合は、タグを使用するのがおすすめです。タグはカテゴリーと同じようにコンテンツを分類できます。カテゴリーとタグは階層構造の有無が大きな違いです。

カテゴリーがフォルダー、タグが付箋と考えると理解しやすいでしょう。カテゴリーは記事やコンテンツを集約する機能で、タグは記事の概要を強調するものです。記事を細分化するには、タグを活用するのが効果的です。

カテゴリー分けをする際は、できるだけ細かくしすぎないように注意しましょう。

適切なカテゴリー分けはSEO効果が期待できる

適切なカテゴリー分けはSEO効果が期待できます。理由としては、カテゴリーを分けるとユーザーやクローラーにコンテンツの属性が明示されるからです。

例えば、サイトにユーザーが欲しい情報が掲載されていても、カテゴリー分けを行っていないとコンテンツの存在に気付かないケースも多くあります。良質なコンテンツを見てもらうためにも、カテゴリーを分けることは必要です。

また、SEOでは専門性の高いサイトが評価される側面もあるため、専門的なカテゴリー分けを行うのも効果的です。記事の内容が専門的になると記事数も多くなる傾向があるので、カテゴリー別に分けるとスッキリとした見た目になります。

そして、専門的かつわかりやすいサイトはGoogleから高評価を受けるので、SEO効果を最大限に高められます。

専門性の高い良質なコンテンツを備えたサイトを運営していくためにも、適切なカテゴリー分けを行い、ユーザーが必要な情報を探しやすい状態にしておきましょう。

まとめ

今回は、「カテゴリー分けの概要」「カテゴリー分けの概要や3つのコツ」「SEOへの効果」について解説しました。

良質なコンテンツを増やしても、サイトのカテゴリー分けができていない場合は、SEO効果が半減する可能性も考えられます。

カテゴリー分けはクローラーだけではなく、ユーザーにとっても見やすいサイトを作るうえでは欠かせません。本記事で紹介したポイントを参考にして、視覚的にわかりやすいサイトを目指しましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。