SEO/SEM

サイト構造の作り方のポイントやメリット・SEO効果について解説

サイト構造の作り方のポイントやメリット・SEO効果について解説

サイト構造という言葉を知っていますか?サイト構造とは、サイトのコンテンツ制作を考える時に、SEO対策として有効な方法です。

しかし、初めてサイトの運営やコンテンツの作成を行う人は、サイトを構造するにあたって何から始めたらよいか、わからないかもしれません。

今回は上記のお悩みを解決するために、サイト構造の作り方のポイントやメリット、SEO効果についてまとめました。本記事を参考にして、良質なサイト構造を設計しましょう。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

サイト構造とは?

サイト構造とは、サイト内におけるコンテンツの設置や構造について考える視点のことです。具体的に説明すると、各コンテンツの目次の配置を確認し、サイト全体の構想をイメージする作業を指します。

専門的には、上記のような設計をディレクトリ構造と言います。読者にとって利便性が高いホームページ作りを行うためには、ディレクトリ構造の考えが欠かせません。

また、ディレクトリ構造を設計する際に、階層について理解するのも大切です。階層は、大カテゴリー、中カテゴリー、記事やページなどに分かれます。

サイトの構造図を作成する時に、上記の概念を理解しておくと良質なディレクトリ構造が作成できます。

サイト構造の作成における2つのポイント

サイト構造の作り方のポイントとして、以下の2点が挙げられます。

  • サジェストをもとに細分化してまとめる
  • リンクで適切に誘導する

ポイントを参考に、わかりやすいサイト構造を作っていきましょう。

1.サジェストをもとに細分化してまとめる

サイト構造を作成するにあたって、まずはサジェストをもとに細分化してまとめましょう。関連したキーワードでまとめると、サイトが整理されて分かりやすい構造となるからです。

サジェストとは入力したキーワードに関連するキーワードを表示する機能で、類似したコンテンツをまとめる際に活用します。サジェストワードからユーザーのニーズや検索意図が読み取れるため、ユーザーの満足度を高めるにはサジェストをもとに細分化することが大切です。

具体例を挙げると、「アフィリエイト」のサイトを作成している場合、サジェストワードとして「アフィリエイト やり方」「アフィリエイト 広告」などが上がってきます。これを細かく分類すると、読者がどのような内容を求めているのか、記事のネタを簡単に見つけられます。こういったユーザーのニーズに応えた記事を多く作成すると、結果的にサイトのユーザビリティの向上につながるのです。

2.リンクで適切に誘導する

ユーザーを適切に誘導するために、リンクを設置することも大切です。

最初に訪れたページのランディングページからいかに誘導できるかが、コンバージョンの上昇を考えるうえでは重要な視点となります。

コンバージョンとは、コンテンツを閲覧しているユーザーが、購入や購読などのアクションを起こした状態のことです。サイト構造がわかりやすく、ストレスなくコンテンツを閲覧できるため、コンバージョン率は大きく上がります。

具体的な施策を挙げると、適切な内部リンクを設置するのが効果的です。ユーザーのサイト内の回遊率の上昇に寄与するからです。回遊率とはサイト内のページ閲覧数のことで、ユーザーがさまざまなコンテンツを閲覧すると回遊率もアップします。回遊率の上昇は、サイト全体の評価も高まるメリットがあります。

サイト内で悩みを完結できるように、最適な場所に内部リンクを設置し、CVページまで誘導しましょう。

サイト構造の3つの設計要素

サイト構造で出てくる3つの設計要素としては

  • カテゴリー設計
  • コンテンツ設計
  • 導線設計

などが挙げられます。それぞれの特徴を理解していきましょう。

1.カテゴリー設計

カテゴリー設計とは、記事をまとめて整理する方法です。

記事やコンテンツは通常バラバラに存在していますが、カテゴリーで整理して分けると、ユーザーにとって視覚的に理解しやすいサイトとなります。

例えば、記事やコンテンツひとつずつが用紙に書かれているとします。各用紙の内容は異なりますが、仕分けを行ってジャンル別にクリップで用紙を留めておくと、どれがどのジャンルの束なのかわかりやすくなりますよね。このとき、クリップの役割を果たしているのが「カテゴリー」ということになるのです。

2.コンテンツ設計

コンテンツ設計とは、サイトの記事やコンテンツをユーザーに寄り沿った内容で作成する方法です。具体的な手順として、キーワード選定や構成の作成などが該当します。

キーワード選定は、実際にGoogleで検索されたキーワードをもとに、記事の方向性を決定する作業です。読者を想像するだけではなく、実際の検索ニーズを調べる必要があります。

実際の検索を行わずに記事を書いていくと、読者が求めている内容と相違が生じてユーザービリティが低下する原因となります。そのため、最初に最適なキーワードを選ぶことはとても大切です。

具体的な手順としては、Googleで検索した下部に出現する関連キーワードや、ラッコキーワードなどのツールをもとにキーワードを選ぶのがおすすめといえます。特に、ラッコキーワードは数多くのキーワードをすぐに調べられるため、利便性が高いです。

最新の検索傾向を捉えた上で、コンテンツ設計を進めましょう。

3.導線設計

導線設計はサイト内のユーザーの動きを想定し、サイト構造を設計する方法です。ただコンテンツを充実させただけでは、サイトのユーザビリティを高めるためには不十分といえます。

具体的に何をするかというと、実際にユーザーがサイト内でとった行動を分析する必要があります。行動を分析することで、ユーザーの心理状態を把握しましょう。

分析を行うには、Google Analyticsを使用するのがよいです。導線設計をしっかり立てて、ユーザーにとってわかりやすいサイト作りを目指しましょう。

サイト構造を適切に行う3つのメリット

最適なサイト構造を行うことのメリットとして、

  • ユーザーの利便性の向上
  • サイトに一貫性が出て方向性がブレにくくなる
  • Googleから評価されやすくなる

などが挙げられます。

1.ユーザーの利便性の向上

視覚的に理解しやすいサイト構造を設計すると、ユーザーの利便性の向上を目指すことができます。整理された部屋を想像してみてください。物が置かれている場所がすぐにわかり、探す手間がかからないでしょう。

反対に部屋が散らかっていると、どこになにが置いてあったか把握できておらず、居心地が悪く感じてしまう可能性があります。

事前にしっかり設計した上でサイト構築を行えば、迷わずに次に知りたいコンテンツにアクセスでき、サイト内を回遊しやすい点がメリットです。

つまり、サイト構造を適切に行うと、ユーザーの利便性の向上に繋がると言えます。

2.サイトに一貫性が出て方向性がブレにくくなる

サイト構造に沿ってサイトを設計すると、一貫性が出て方向性がブレにくくなります。

例えば、コンテンツのジャンルの軸が決まっていると、何の情報を扱っているサイトなのか一目でわかりやすくなるでしょう。

反対に方向性がブレた状態になると、情報やコンテンツのばらつきが生じるため、ユーザビリティが低下する原因となりかねません。

サイトの方向性をブレにくくするためには、コンテンツを作成する前にサイト構築をしておくことが大切です。後からコンテンツの追加があった際でも、サイト内のどこに配置すればよいのかがわかり、ユーザーにとっても見やすいサイトになるといったメリットもあります。

3.Googleから評価されやすくなる

最適なサイト構造を行うと、Googleから高い評価をもらいやすくなるというメリットがあります。なぜなら、Googleロボットがクロールする際に階層構造やサイトマップ、導線がわかりやすいサイトを高く評価しやすいからです。

ユーザーは、サイトを閲覧する際に自分の見たいコンテンツがすぐに見つけられる環境を好みます。同様に、Googleロボット(クローラー)が巡回する時も、どこに何があるのかわかりやすいサイト構造を好むのです。

また、サイトマップを活用する際にも、サイト構造をイメージするのは有効となります。

サイトマップは、サイト全体のページ構成を地図のように一覧で記載しているページのことです。サイトの構造図をできるだけわかりやすく作るためにも、サイト構造の設計は必須です。

サイト構造とSEO効果

サイト構造がSEO効果に大きな影響を与えることは、あらかじめ押さえておきましょう。

実際、サイト構造の見直しを行い、Googleの検索順位が10位から5位に上昇した事例もあります。上昇した理由は、構造の見直しによってユーザーとクローラーがスムーズに回遊しやすくなったからです。

サイト構造で押さえておくべき2つの注意点

サイト構造で押さえておくべき注意点として、

  • 最初にサイト構造をしっかり作る
  • ユーザーファーストを優先する

などが挙げられます。

1.最初にサイト構造をしっかり作る

サイト構造を立てる時は、時間をかけて最初にしっかりと作りこむ必要があります。後で細かい変更をする場合、膨大な工数がかかるからです。

また、最初に時間をとってしっかりと作成した方が、結果的にロスタイムが少ないため、トータルの時間数としては抑えられます。

大幅なロスタイムを削減するために、サイト構造にじっくりと時間をかけて計画しましょう。

2.ユーザーファーストを優先する

サイト構築で最も重要なのは、ユーザーの気持ちを配慮することです。また、ユーザーのニーズを満たしたコンテンツを作ることがSEOにおける最重要ポイントとなります。

ユーザーが満足するコンテンツ作成を行うためには、ペルソナをしっかりと設定し、ユーザーのサイト回遊を想定するのが大切です。

どうしたらスムーズに読み進めていってもらえるかを考える視点を持ち、サイト構築を行いましょう。

まとめ

今回はサイト構造の作り方のポイントやメリット、注意点、SEO効果について解説しました。

根本的なサイト構造を理解すると、万全にSEO対策ができます。その結果、ユーザービリティも高まるため、サイトの集客数やコンベンション率の向上にも繋げられるでしょう。

本記事で取り上げた内容を参考にして、良質なサイト構造を設計してみてください。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。