SEO/SEM

Googleが優遇する「https」とは?仕組みとSEOとの関係性について解説

Googleが優遇する「https」とは?仕組みとSEOとの関係性について解説
2018年夏のGoogle Chromeのアップデート後から、https(SSL化)をしていないサイトはブラウザを読み込むと警告画面が表示されるようになりました。

警告画面の表示によって、ユーザーがセキュリティに不安を感じるのではないかと恐れる企業が増え、次々とSSL化(https)の導入を進めています。

そういった経緯もあり、Web担当者やSEO運用者であれば「https」の理解と導入の検討は必須とも言えます。

そこで今回は、サイト運営者なら知っておきたいhttpsの仕組みやSEOとの関係性について解説します。導入する際の注意点も紹介しますので、参考にしてみてください。

httpsとは?

httpsとは、「HyperText Transfer Protocol Secure(ハイパーテキスト トランスファー プロトコル セキュア)」の略称のことです。

別名では常時SSLやSSLなどと呼ばれており、HTTPという”通信方式”のことで、「インターネットを安全に繋げる」ためのプロトコル(通信手順)になります。

さまざまなサイトのアドレスを見ると冒頭に「http」や「https」と書かれていますが、サイトを表示するためにはhttp・httpsは必要不可欠なルールなのです。

httpsとhttpの違い

すでに多くのサイトのアドレスで使用されているhttpですが、実はhttpsとはhttpにsecure(セキュア)のsを追加したものです。インターネット上のデータ通信をセキュア(=暗号化)するか否かが、違いになります。

そのため、インターネット上の通信の暗号化を進めたいGoogleはhttpsの導入を推奨しており、httpのアドレスを使用しているページは「保護されていない通信」と表示されるのです。

Googleはhttpsを優遇していることを明言しているため、SEOの観点でも少なからず影響があると言えます。

SEOについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
SEOとは?8つの基本対策を分かりやすく徹底解説

サイトのhttps化がSEOに及ぼす影響について

サイトのhttps化がSEOに与える影響として、次の2つが挙げられます。

  • Googleから優遇される
  • https化していないサイトは警告が表示される

Googleから優遇される

GoogleのSEOマーケティング向けのサポートツール「Google検索セントラル」が2015年12月に公表した情報は以下の通りです。

“Google では常にユーザーのセキュリティを最優先に考え、長年にわたってウェブの安全性の向上やブラウジング体験の改善に取り組んできました。 Gmail、Google 検索、YouTube では以前からセキュアな接続を実現しており、昨年は、検索結果での HTTPS URL の掲載順位を若干引き上げる 取り組みにも着手しました。”

引用元:HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります | Google 検索セントラル ブログ

上記のように、httpsのURLアドレスのページの掲載順位を引き上げる施策を行ったことを明言しています。

加えて、以下の情報も公表されています。

“Google のシステムではデフォルトで HTTPS バージョンが優先されますが、HTTP サイトを HTTPS バージョンにリダイレクトしたり、サーバー上に HSTS ヘッダー を実装することで、他の検索エンジンでも HTTPS バージョンを明示的に優先させることができます。”

引用元:HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります | Google 検索セントラル ブログ

Googleではhttps(SSL化)を優遇し、さらに他の検索エンジンにおいても検索順位表示を優先させることができると言うのです。

現時点ではGoogleの検索順位においてhttpsの影響は比重が大きくないとされていますが、セキュリティへの意識が強まっているなかで今後さらにhttpsを優遇する施策が取られる可能性は低くありません。

https化していないサイトは警告が表示される

先にも触れましたが、httpのサイトでは、Google Chromeなどのブラウザで「保護されていない通信」と警告表示されてしまいます。そのため、ユーザーに不信感を与えてしまい、離脱率を高めてしまう恐れがあります。

ユーザーから、「このサイトの安全面は大丈夫なのか」「怪しいサイトじゃないのか」などと、疑問を持たれてしまうかもしれません。

そうした場合、SEOにおけるサイトの評価基準で重要とされているユーザーの離脱率が高まることで、悪影響を与える可能性があります。

以上の理由から、https化することはおすすめなのです。

離脱率については、下記の記事で詳しく紹介しています。
離脱率とは?直帰率との違いや改善方法を細かく解説!

サイトをhttps化する際の注意点について

httpからhttpsへURLの変更はできますが、そのまま変更するとGoogleが新しいサイトと認識してしまうため、これまでに積み上げたSEOの評価が0になってしまいます。

ドメイン変更やサイトの移行をしても、移行後の新しいページへ自動で転送される「301リダイレクト設定」を行えば、そのままSEOの評価を引き継ぐことができます。

301リダイレクト設定ができたら、canonicalタグを移行先のhttps化したURLに書き換えましょう。この2点の設定を忘れずにおこないましょう。

リダイレクトについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
リダイレクトとは?種類や設定方法、警告の対処法を解説
canonicalについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
canonicalタグとは?URLを正規化する理由と記述・チェック方法を解説

まとめ

今回は、Googleが優遇するhttpsの仕組みやSEOに与える影響について紹介しました。

https化することでWebサイトのセキュリティを高めるだけでなく、SEOに好影響を期待できるなど、さまざまなメリットがあります。

https化する際は、これまでのSEO評価を下げずに引き継ぐよう、301リダイレクトやcanonicalタグに気をつけて移行しましょう。

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。