WEBマーケティング

削除したLINE公式アカウントを復活させる方法はある?公式LINEがBANされないための対策

削除したLINE公式アカウントを復活させる方法はある?公式LINEがBANされないための対策
LINE公式アカウントを運営する場合、ルールをしっかり守らなければアカウントを削除されるリスクがあります。しかし、有効な対策について具体的に何をすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

LINE公式アカウントを有効に活用したい方や、アカウントがBANされるリスクを軽減したい方は、ぜひ参考にしてください。

削除したLINE公式アカウントを復活させる方法はある?

間違えてLINE公式アカウントを削除してしまった場合、今のところアカウントを復活させる手立てはありません。万が一LINE公式アカウントを削除してしまった場合は、再度新しく公式アカウントを作り直す作業が必要になります。

LINE公式アカウントを運営する際には、削除してしまわないよう日頃から予防に努めることが大切と言えるでしょう。

LINE公式アカウントがBAN(削除)されることもある

利用方法が不適切であると運営に判断された場合は、アカウントがBAN(削除)される可能性もあります。LINE公式アカウントでは、悪質なユーザーに対する取り締まりが厳しく行われており、ガイドラインでも規約が細かく決められているためです。

ガイドライン違反は、LINE公式アカウントがBANされてしまう大きな要因です。またLINE公式アカウントには、認証アカウントと審査なしで作成できる未認証アカウントがあります。たとえ未認証アカウントであっても、ガイドライン上問題ないと判断された場合は運営が可能です。しかし、認証アカウントと同様に運営方法に問題があると判断された場合は、BANされる可能性が高くなるでしょう。

LINE公式アカウントを開設する際にはガイドラインに抵触する恐れがないかどうか、事前に確認することが大切です。

認証・未認証アカウントについてや、アカウントの作成方法については下記の記事で詳しく紹介しています。
関連記事:LINE公式アカウントの作り方|開設方法や使い方についても解説

LINE公式アカウントがBANされないための対策

LINE公式アカウントを継続して運営していくためには、BANされないための対策を行うことが必要不可欠です。LINEでは公式アカウントを誰でも簡単に開設できる代わりに、決められたルールに従って運営しなければなりません。

この章では、LINE公式アカウントがBANされないための対策を紹介しますので、アカウント開設を行う際の参考にしてみてください。

利用規約やガイドラインに違反しない

利用規約やガイドライン違反があると、LINE側から強制的にアカウント削除が行われます。事前に警告や予告などもないため、違反した場合すぐに削除される可能性があると言えるでしょう。

このようなことを防ぐためにも、LINE公式アカウントを開設する際には、利用規約やガイドラインについての知識がとても重要です。運営者が利用規約やガイドラインをきちんと理解したうえで、適切な運営を行う必要があります。

LINE公式アカウントを複数作成する

LINE公式アカウントを複数作成して使い分けることも、削除リスクを分散する効果的な対策と言えます。1つのアカウントのみですべての運営を行うことは簡単ではありますが、そのアカウントが削除されてしまった場合、アカウント内のユーザーを失ってしまうリスクがあるでしょう。

万が一のためにサブアカウントを保有しておくことで、ユーザーとのつながりをそのまま残せます。サブアカウントでも積極的にメッセージ配信を行うなどして、アクティブな状態を保っておきましょう。

セグメント配信をうまく活用する

セグメント配信をうまく活用することも、LINE公式アカウントの削除対策に有効です。セグメント配信とは、いわゆるユーザーの絞り込み配信のことを指します。アカウント登録を行なっているユーザーの年齢や性別、購入歴などから配信する内容に適したユーザーを絞り込み、メッセージを送信できる機能です。

セグメント配信の利点は、ユーザーに適した内容をピンポイントで発信できることです。たとえば女性に向けた内容であれば、男性からすると不要な情報となりスパムメッセージと捉えられるリスクがあります。通報の対象になる可能性も考えられるため、セグメント配信で、不要なメッセージを送らない対策をすることは効果的と言えるでしょう。

むやみに認証審査を受けない

LINE公式アカウントの認証審査を受ける際にも、慎重になることが大切です。LINE公式アカウントが認証アカウントになることで、信用性が増えるなどのメリットもありますが、運営するアカウントによってはデメリットになるケースもあります。

LINE公式アカウントが認証を受ける際には、厳しい審査基準が設けられているため、クリアしなくてはなりません。万が一審査基準に達していなかった場合は認証が受けられないことに加え、審査の段階でアカウントが削除されてしまうケースも考えられます。

LINE公式アカウントを運営する場合は、本当に認証が必要なのかをしっかり考えたうえで、申請を行うことが大切です。

LINE公式アカウントを削除してしまったらどうすればよい?

1度削除してしまったアカウントを復活させることはできません。もう一度作り直す必要があります。

しかし、アカウントを復活させることはできませんが、消してしまったアカウント名と同じ名前で、新たにアカウントを作成することは可能です。その場合、アカウントのIDや二次元コードなどは別物になってしまうため、以前のものは使用できないことに注意しましょう。

また、一度アカウントを削除してしまうと、ユーザーとのつながりも失います。アカウントの管理は十分注意して行うことが大切です。

よくある質問

LINE公式アカウントの管理者がアカウントを削除するためには、どのような操作が必要になるのでしょうか。

この章では、LINE公式アカウントを削除する際の、よくある質問をまとめました。手順などを詳しく説明しているため、ぜひ参考にしてみてください。

LINE公式アカウントを完全に削除するには?

LINE公式アカウントを削除するためには、管理アプリを使った方法と、Web上でLINE Official Account Managerから行う方法があります。使用ツールが異なるものの、手順はどちらも同じです。

  1. アカウントリストを開き、削除したいアカウントを選択する
  2. 「設定」「アカウント」「アカウント削除」の順番でタップする
  3. 表示される注意事項をよく読んでから「アカウントの削除」を再度タップする

LINE公式アカウントでメンバーを削除するには?

LINE公式アカウントに登録しているメンバーを削除するためには、「管理者」としての権限が必要になります。LINE公式アカウントは、運営者としての権限をもった複数人のメンバーで成り立っていることがほとんどです。

その中で唯一メンバーの管理を行えるのが「管理者」であり、管理者のみがメンバーの削除を行うことが可能です。管理者の権限の取得方法や管理者の種類についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:「LINE公式アカウントの管理者を削除するには?追加・変更する方法についても解説」

まとめ

LINE公式アカウントは一度削除された場合、元のアカウントを復活させることはできません。

そのため、公式アカウントを運営する際はガイドラインを守りつつ、アカウントを複数使い分けるなど、日頃から対策を講じておく必要があります。

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

Service Siteサービスサイト

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。