WEBマーケティング

Yahoo!JAPANの月間ユーザー数や属性など利用者の特徴まとめ

Yahoo!JAPANの月間ユーザー数や属性など利用者の特徴まとめ
Yahoo! JAPANのユーザー数や属性、月間利用者数などの特徴をご存知ですか?
広告効果を測る上で、ユーザー数や属性を知っておくことは、とても重要です。

この記事では、Yahoo! JAPANのユーザーの特徴について、詳しくお伝えします。広告効果が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

Yahoo!JAPANのユーザー数

まずは、Yahoo! JAPANのユーザー数を月別・デバイス別・エリア別に紹介します。

どのような特徴を持つユーザーが多いのかを知ることで、集客の効果を最大化しましょう。

参照:Yahoo!Japan媒体資料

月間利用者数

月間利用者数

出典:Yahoo! JAPAN 媒体資料 (2021年9月改訂版)

Yahoo! JAPANの月間アクティブユーザーは、8,400万人です。日本のインターネット利用者数が約1億人なので、日本のインターネット利用者の8割以上がYahoo! JAPANにアクセスしている計算になります。

8,400万人という数字は、スマホとパソコンのユーザー数を合わせた数字です。いかに日常的に多くのユーザーが触れているのかが確認できます。Yahoo!JAPANには多くのアクティブユーザーがいるので、広告を運用したり、検索結果に上位表示させるメリットは大きいです。

スマホ・パソコンのユーザー数

スマホ・パソコンのユーザー数

出典:Yahoo! JAPAN 媒体資料 (2021年9月改訂版)

Yahoo! JAPANのスマホ月間アクティブユーザー数は7,000万人で、スマホの月間アクティブユーザー8,400万人のうち84%がYahoo! JAPANを使っている計算になります。また、パソコンの月間アクティブユーザー数は2,900万人に対して1,800万人なので、これは64%のユーザーが利用しているということです。

Yahoo! JAPANはスマホのアクティブユーザーの利用率が高く、スマホで見られることが多い媒体だとわかります。広告運用する上では、スマホユーザーをターゲットにするのがおすすめです。

エリア別の利用者数

エリア別の利用者数

出典:Yahoo! JAPAN 媒体資料 (2021年9月改訂版)

Yahoo! JAPANのエリア別ユーザー数は、スマホとパソコンで分かれます。スマホの利用者数は関東で2,800万人、近畿で1,400万人です。パソコンの利用者数は、関東で690万人、近畿で400万人が使用していると発表されています。関東や近畿のユーザーが多く、その他の地域からの利用者数はやや少ないです。

広告運用する場合は、関東や近畿に出店している店舗広告の効果が期待できそうなデータです。関東や近畿のスマホユーザー向けの広告が、多くのアクティブユーザーにアプローチできる方法だと言えます。

Yahoo!JAPANのユーザー属性・ユーザー層

ここからは、Yahoo! JAPANのユーザー属性にどんな特徴があるのか解説します。どういった層がYahoo! JAPANをチェックしているのか把握しておきましょう。

年齢別・性別ごとのユーザー属性

年齢別・性別ごとのユーザー属性

出典:Yahoo! JAPAN 媒体資料 (2021年9月改訂版)

Yahoo! JAPANのユーザー属性は、男性・女性ともに30歳以降ユーザー数が多いです。30~64歳の層は、男性が62%、女性が64%となっています。

広告運用に向いているのは、30歳〜64歳の男女の悩みを解決する商品やサービスが向いていると言えるでしょう。たとえば子育て貯蓄老後に向けた資金対策副業といったジャンルが選択肢として挙げられます。

職業・年収別ユーザー層

職業・年収別ユーザー層

出典:Yahoo! JAPAN 媒体資料 (2021年9月改訂版)

Yahoo! JAPANのユーザーは就業者が大半ですが、専業主婦も13~15%います。また、年収は500万円未満が5割ほどで、800万円以上のユーザーもスマホでは18%、パソコンでは21%います。

ユーザー数の観点からは、年収500万円未満の就業者に向けた商品やサービスの広告効果が高いと言えますが、高所得者ユーザーも比較的多いので、所得が多い人向けの広告運用も、効果が十分期待できます。

パソコンユーザーの方がスマホユーザーよりも若干年収が高い傾向にあるので、高所得者向けの広告はパソコンユーザーを中心に展開すると、効果が出る可能性があります。

Yahoo!JAPANのメディアとしての特徴

続いて、Yahoo! JAPANのメディアとしての特徴を解説します。

女性からの支持が高い

女性からの支持が高い

出典:Yahoo! JAPAN 媒体資料 (2021年9月改訂版)

Yahoo! JAPANは女性からの支持が高いメディアです。30代以上の女性の70%が「Yahoo! JAPANがないと困る」と回答しています。30代の女性の悩みに寄り添った広告運用を行うと、より効果が期待できるかもしれません。たとえば、子育て産後の悩み子どもの教育についての広告が考えられます。

月間ページビューは約790億

月間ページビューは約790億

出典:Yahoo! JAPAN 媒体資料 (2021年9月改訂版)

Yahoo! JAPANの月間ページビューが590億、パソコンは200億です。スマホのページビューは、パソコンのページビューの約3倍とスマホユーザーが圧倒的に多いので、広告運用するならスマホ向けの広告がおすすめです。

申し込みページがスマホから見にくいパソコン向けのページだと、申し込みに繋がらない可能性があります。スマホのページサイズに合わせたり、スマホ専用ページを作るなど対策しておくことがおすすめです。

Yahoo!とGoogleの利用者数の違い

Yahoo!とGoogleの利用者数の違い

出典:statcounter

statcounterのデータによると、日本の検索エンジン利用者の約77%がGoogle、約18%がYahoo!JAPANを利用しています。これはあくまでも検索エンジンの利用者の割合なので、ユーザー数との単純比較が難しい点には注意してください。

Yahoo! JAPANと聞いて、ニュースメディアがまず頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。Yahoo!JAPANではニュース記事の閲覧、検索エンジンとしてはGoogle、と使い分けている方もいるかもしれません。そのため、検索広告(リスティング)を運用する場合は、Googleを選ぶほうがより多くの人にリーチできるでしょう。

広告をどこに表示させるかによって、結果は大きく変わります。広告を掲載する場所も想定しつつ、Yahoo! JAPANかGoogleのどちらを利用するのかを判断するのがおすすめです。

広告運用をするのはYahoo!とGoogleどちらが良いのか

理想は両方運用することです。しかし、リソースや費用の確保などの事情で難しい場合もあるでしょう。その場合、ターゲット層がどちらを利用しているか仮説を立てて、運用するのがおすすめです。

  • 検索ユーザーが知りたい内容の広告を掲載するならばGoogleで運用
  • ニュースサイトの内容にマッチする広告ならばYahoo! JAPANで運用

上記のように仮説を立てることで、修正しやすくなります。年齢層やデバイス、対応エリア、ユーザー行動を仮説を立ててから、広告運用しましょう。

まとめ

Yahoo! JAPANは月間アクティブユーザー数が多く、なかでもスマホでのユーザーが多いメディアです。月間アクティブユーザー数は約8,400万人いますが、検索サイトの競合としてGoogleがあります。

運用する広告の性質に合わせて、運用方針を決める必要があるため、ユーザー数のデータは必ず確認しておきましょう。

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

Service Siteサービスサイト

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。