SEO/SEM

PV数とは?関連用語との違いや確認方法・増やし方のポイントを解説

PV数とは?関連用語との違いや確認方法・増やし方のポイントを解説
PV数を上げることで、商品やサービスのリーチ数を上げることが可能となり、より良いマーケティング効果を得ることができます。

PV数が高いサイトは、ユーザーが多いことを表しています。また、SEO対策を実施しているページは、オーガニックサーチからの集客を見込むことも可能です。結果的に購買の促進につながり、売上を上げることが可能となります。

今回は、PV数の概要から関連用語との違いや確認方法、PV数の増やし方のポイントを解説していきます。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

そもそもPV数とは?

PV数とは、ウェブサイトへの総合的なアクセス数であり、閲覧されたページの合計数です。そのため、PV 数が高いサイトほど、利用者や閲覧者の多いサイトになります。

「ページビュー」とも呼ばれているもので、そのページを閲覧した回数のことを指しますが、サイトが開かれるごとにカウントされるため、一人のユーザーが何度も開けばその分カウントされていきます。

そのため、アクティブユーザーが何度もサイトを訪れてカウントを上げることが可能となります。

その他にも、似たような言葉にセッション数やUU数などといったものもあります。関連する他の用語に関しては、次でご紹介していきます。

PV数と関連用語との違い

PV数 閲覧されたページの合計数。アクセス数と同じ。
アクセス数 閲覧されたページの合計数。PV数と同じ。
セッション数 訪問数。ユーザーを基準にカウント
UU数 重複を排除した訪問数

PV数に関連した用語として「アクセス数」「セッション数」や「UU数(ユニークユーザー数)」などが挙げられます。初心者からすると紛らわしいので、以下の解説を参考にその違いを押さえていきましょう

アクセス数

アクセス数は、サイトにアクセスしている人の数を指します。実際にアクセス分析を行う際には、セッション数やPVという指標でアクセス数を図ります。

セッション数、ユーザー数、ページビューの数と分けてアクセス数を図ることができますが、リアルタイムでアクセス数を解析するには「Googleアナリティクスを使用してアクセス数を解析」することが可能です。

アクセス数が上がってくれば、それだけリーチをしている人が増えているということになります。

また、その分の販売促進にもつながるので、PV数を上げることはさまざまな活動やビジネスにおいて認知度を上げる重要な要素となります。

セッション数

セッション数は訪問数のことで、ユーザーがサイトを訪れてから離れるまでを1回分としてカウントします。そのため、ユーザーが1日に2回特定のサイトを訪れた場合は、セッション数は2になるということです。

セッション数の調査も、Googleアナリティクスやその他のツールを使用することで確認できます。セッション数が上がることで、サイトを訪れた人数を調査することが可能です。

期間を定めて何人のユーザーが訪れたのかセッション数を調査しておくと、サイトの状態を把握できます。

新規ユーザーや顧客を増やすならば、セッション数を上げるように目を引くタイトルをつけてSEOなどをすると効果的です。また、各広告媒体の有料広告などを使用すると、セッション数を上げることができます。

UU数

UU数はユニークユーザーを意味し、重複を排除した訪問数を表しています。

特定の期間内にサイトを訪れたユーザー数を表していて、同じユーザーが期間内に何度訪問しても1カウントとなります。

そのため、UU数が増えることは、そのままサイトを閲覧した人が増えているということにつながります。UU数が上がれば、サイトが盛り上がりを見せているということです。

そのためには、話題のキーワードや検索されるようなキーワードを盛り込む必要があります。SEOによってキーワードをバランス良く含んだコンテンツを提供することで、UU数を上げることが可能です

Googleアナリティクスを使ったPV数の確認方法

Googleアナリティクスを使ったPV数の確認方法

Googleアナリティクスを使用してサイト全体のPV数を確認するためには、左側のメニューバーにある「ユニークユーザー」をクリックすれば、確認することができます。ページビュー数はPV数と同様の数値です。

  • サイト全体のPV数を知りたい場合

    「オーディエンス」→「概要」をクリックすることで、Googleアナリティクスで計測しているサイト全体の合算されたPV数を確認できます。

  • 各ページのPV数が知りたい場合

    「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックすることで、各ページのPV数を確認できます。

PV数の平均・目安は?

PV数の平均や目安などはジャンルによって異なり、また時期によっても増減します。

また、方向性などによってもPV数は異なります。話題性のあるチャンネルやサイトならば徐々に右肩上がりとなりますが、内容や興味深さ、面白さ次第などでもサイトの閲覧者は増えていきます。

PV数の目安や平均は、調査できるツールで確認することが可能です。

PV数によってサイトの人気度を図ることができるとともに、一定の期間で比較することも可能なので、どのくらいの人が閲覧しているかPVを見て判断します。

PV数を調査する際には、一定の期間内で調査が可能となり1週間1ヶ月と期間を指定して調査を行うことが可能です。

PV数の4つの増やし方のポイント

PV数の4つの増やし方のポイントには、「SEO対策」「SNSの利用」「広告の活用」「内部リンクの最適化」が挙げられます。

SEO対策はできるだけ専門的な知識のあるライターに任せたほうが良い面もありますが、自身でコツを理解することができれば、自身で行うことも可能です。

1.SEO対策

SEO対策を行うのと行わないのとでは、PV数は大きく差が出ます。

SEO対策を行わないと、各社の検索エンジンにサイトが反映されにくく、また検索画面で上位表示されにくくなります。そのため、PV数は一桁代のままというサイトも多くあります。

SEO対策を行うかどうかで、コンバージョン率にも大きく反映します。SEO対策が施されていれば、新規のページを更新し続けるのみで、サイトはマーケティングと効果を得ることも可能です。

つまり、SEO対策を行っていれば販売促進につながり、WEBマーケティングとして機能します。

また、ユーザーが利用しやすいようにページの表示速度が早いことや、モバイルを意識したUIになっているかということも重要なポイントです。

2.SNSの利用

SNSを利用することで、シェア機能を使い、広告や情報を拡散することができます。

多くのアクティブユーザーの目に止まることも、SNSを利用するメリットとなります。FacebookやInstagramは世界的にも最もアクティブユーザーの多いSNSです。また、誰でも有料広告を利用することが可能で、各種マーケティングにもおすすめのSNSです。また、Instagramは写真や動画を投稿することができ、さまざまなビジネスにプロモーションとして活かすことができます。そのため、各種ビジネスにもおすすめできるSNSです。ダイレクトにショッピング機能を搭載しているSNSでもあり、そのまま商品を販売することも可能となります。

また、国内に限らず海外のバイヤーとのやり取りも可能となり、よりグローバルに各種の商売に機能を活かすことができるのも魅力です。

3.広告の活用

各種SNSやGoogle、Yahoo!などの有料広告を活用することで、SEOを施す必要なく、サイトを優位な状況で宣伝することができます。クリック型の広告媒体もあり、広告費を費やして新規顧客を募ることも可能です。

代表的なWEB広告は、Google、Facebook、Yahoo!等があります。

広告を活用することで大きくPV数を増やすことが可能ですが、広告を出す前にペルソナやターゲットを絞り、細かい設定まで行ってから広告を出すと効果的です。

実際にFacebook の広告などは年齢やキーワード選定が可能なので、ダイレクトに広告宣伝を行うことができ、ペルソナの設定は広告を出す前に可能です。

4.内部リンクの最適化

内部リンクが多いサイトは、Googleの検索システムに評価されやすくなります。

その他のリンク先によってサイトの信頼度が増し、結果的にリピーターやコンバージョンが増加することになります。

検索システムの上位になれば、より多くの人に向けて商品を紹介することができ、定期的に情報発信をしていれば検索順位を上げることも可能です。そのため、適度に内部リンクのあるサイトは検索エンジンに好まれる傾向があります。

検索順位を上げてPV数を高めるためには、信頼のおけるサイトの内部リンクや自社サイトにSEO対策を施す必要があります。そのため、SEO対策をした上で内部リンクを増やしていくと、サイト全体の評価をあげることができます。

PV数が成果につながっていない場合はコンテンツの見直しが必要

PV数が多いのに成果につながっていない場合は、コンテンツの見直しが必要です。

PV数が多いサイトほど、多くの人が閲覧しているため、その分の宣伝効果はあります。

PV数が増えるとともに購入者の数も増えるのが一般的なマーケティングの理論ですが、成果につながらない場合には、コンテンツや商品に問題があるケースが考えられます。

PV数を確認し、コンテンツの見直しを図ることで、今よりも多くの人にサイトやサービスを利用してもらうことができます。

また、魅力的な商品が適正な価格で販売できているかどうかも確認できる良い機会です。成果につながらない場合には、今一度コンテンツの見直しを図るようにしましょう。

まとめ

今回は、PV数の概要のほか、関連用語との違いや確認方法、PV数の増やし方のポイントを解説しました。

アクセス数はサイトにアクセスしている人の数であり、PV数が上がればサイトの利用者や閲覧者が増えます。

SEOを施して、セッション数、ユーザー数、ページビューの数などの解析を定期的に行うことで、サイト全体のPV数を上げて各種のマーケティング効果を得ることができます。

ECサイトならば、そのまま商品の販売を促すことも可能となり、サイトのPV数はコンバージョン数にも反映します。

また、SEO対策によってオーガニックサーチで常に上位にサイトが紹介されれば、比較的簡単に集客を得ることが可能ですし、有料広告を利用すれば手間がかからずに各検索エンジンで広告を出すことも可能です。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。