SEO/SEM

Googleペナルティとは?原因とチェック方法・解決策を解説

Googleペナルティとは?原因とチェック方法・解決策を解説

ほとんどのオンラインビジネスにとって、SEO対策は重要ですが、以前ほど簡単ではありません。

そのため、多くのSEO担当者やマーケティング担当者は、SEO対策を限界まで推し進めています。

その結果、多くのWebサイトがGoogleのガイドラインに違反しているとして、ペナルティを受けるようになっています。

そういった事態を回避するためにも、Googleペナルティの原因やチェック方法を知り、適切に解決しましょう。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

Googleのペナルティとは?

Googleのペナルティとは、Googleが実施するマーケティング手法に抵触するコンテンツをもつWebサイトに対する処分のことです。

具体的には、運営しているWebサイトが検索結果に表示されなくなったり、狙ったキーワードでの順位が大幅に下がったりすることを意味します。

Googleペナルティを受けると、対象のサイトやページをターゲットとするユーザーに見つけてもらえなくなります。

Googleの仕事は、最も関連性の高い検索結果を提供することです。

Googleから見れば、検索結果を操作しようとするWebサイトはGoogleという製品に害を及ぼしていると判断するため、ペナルティを課しています。

とはいえ、これはどんなWebサイトにも起こりうることです。

Googleペナルティは、サイトのランキングを向上させようとした努力の結果でもあります。

SEO担当者は、常に最新のアルゴリズム更新情報を入手し、Googleのペナルティを受けた場合は変更を加えなければなりません。

2種類のGoogleペナルティについて

Googleペナルティには2種類あります。

GoogleのスパムチームがWebサイトの問題を特定して手動ペナルティを与える場合と、検索アルゴリズムのアップデートにより自動的に順位が下落する自動ペナルティを与える場合のの2種類です。

自動ペナルティ

自動ペナルティはGoogleのアルゴリズムによって自動的にペナルティを与えているため、判断が難しいです。

ペナルティの有無を明らかにするには、順位が下落した期間を追跡し、Googleが検索機能に新しいアップデートを展開した日付と照合する必要があります。

Googleアルゴリズムによるペナルティは、主にパンダとペンギンの2パターンです。

パンダは、コンテンツの質に重点を置き、重複したコンテンツや内容の薄いコンテンツをもつWebサイトを検索結果で上位に表示させないようにするものです。

一方ペンギンはバックリンク(被リンク)に関連しています。

バックリンクを活用し、実際よりも権威あるサイトに見せかけることで、ランキングを操作しようとするWebサイトにペナルティを与えています。

手動ペナルティ

判断の難しい自動ペナルティに対し、チェック可能なのが手動ペナルティです。

手動ペナルティは、Googleの担当者が手動でペナルティを与えています。

ペナルティを受けたかどうかを確認するには、Googleサーチコンソールにアクセスし、新しい通知を確認する必要があります。

手動ペナルティを受けた場合、「不自然なリンクを検出した通知」などの通知により、GoogleがWebサイト上で低品質のバックリンクを発見したことが説明されています。

通知に従い、ペナルティを解除しましょう。

Googleからペナルティを受けた時に考えらえる3つの原因

Googleからペナルティを受ける原因は主に以下の3つです。

1.不自然なリンクを獲得した

先ほど触れましたが、Googleからペナルティを受ける主な原因は不自然なバックリンクです。

例えば、同じキーワードで大量に設置した内部リンクや、外部リンクを購入して取得した大量の被リンクなどのリンクを指します。

バックリンクは検索順位に影響を与える重要な要素であることに変わりはありませんが、昨今では不自然な手段でリンクを獲得しようとするマーケティング担当者が現れたことから、注意しなければペナルティを受けることがあります。

2.隠し文字・隠しページなどでSEO対策をおこなった

CSSを使い、ユーザーからテキストやリンクを隠すといった隠し文字や隠しページはペナルティの対象です。

昔は隠し文字や隠しページでSEO対策をおこなっている方もいましたが、現在ではペナルティの対象となる事が常識と化しつつあるため、誰もやっていないと思われます。

3.低品質で不適切なコンテンツを作成してしまった

重複するコンテンツや酷似したコンテンツがある場合、GoogleはそのWebサイトを低品質と判断します。

また、Googleのガイドライン違反となる卑猥なコンテンツや法律に触れるコンテンツ、テーマと無関係なコンテンツなどが多いと、ペナルティを受けることになります。

Googleからペナルティを受けた時の対処方法

Googleペナルティからの回復に必要な最初のステップは、Googleペナルティの原因を明らかにすることです。

原因を解明し、ペナルティ解除の手順に進むことができます。

手動ペナルティの場合は、Googleサーチコンソールをチェックし、該当部分を改善し、再審査を申請します。

一方、自動ペナルティの場合は心当たりのある部分を1つずつ改善していくしかありません。

そのためには、トラフィックが低下した期間を調べ、その期間にGoogleがアルゴリズムの更新を発表していたかどうかをチェックします。

各アップデートには、それぞれ独自の変更点があることは先述しました。パンダはコンテンツの質に焦点を当て、ペンギンはバックリンクに重点を置いています。

ただし、アクセス数の低下は、Googleペナルティとは関係のない可能性もあるので、そこは忘れないでください。

まとめ

SEO対策が激化する中、Googleのペナルティを受けるリスクはどのWebサイトもあります。

ペナルティを受けることで、アクセス数や収益の低下に繋がるため、できれば未然に防ぎたいものです。

Googleからペナルティを受ける主な原因は、3つあります。

ペナルティを受けてしまった際は、まずは原因を確認し、適切な方法で解除してください。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。