MEO

Googleマップ登録方法 | 店舗情報をGoogleマップに表示させるには

Googleマップ登録方法 | 店舗情報をGoogleマップに表示させるには
店舗情報をGoogleマップに表示させるにはGoogleビジネスプロフィールに登録する必要があります。

今回はそんなGoogleビジネスプロフィールの登録方法や、機能等をご紹介します。

Googleに表示される店舗情報とは

最初に、登録した店舗情報がどのように表示されるかをご紹介します。

Googleマップには、住所・電話番号・営業時間といった店舗の情報に加え、ユーザーから投稿された口コミや混雑する時間帯といった情報も表示されます。

注意点として、検索キーワードによって表示されるパネルが変化する点が挙げられます。

直接、店舗名で検索された際には画面の左側に大きく表示され、店舗の詳細な情報を見ることができます。

店舗の詳細情報

一方、「渋谷 meo」のように特に店舗名を指定せず検索すると、そのエリアにある店舗情報の一部と小さい写真が一覧で表示されます。

店舗名指定なし

また、表示の形式は多少異なりますが、通常のGoogle検索画面にも表示されます。

通情の検索画面

Googleビジネスプロフィールのメリット・デメリット

Googleビジネスプロフィール利用にはメリット・デメリットがあります。

それぞれ見ていきましょう。

1.メリット

店舗情報をGoogleビジネスプロフィールで管理するメリットは下記の通りです。

  • Googleマップ経由の新規顧客獲得につながる
  • 最新の店舗情報をユーザーに提供できる
  • クチコミを通じてユーザーとコミュニケーションがとれる

2.デメリット

Googleビジネスプロフィールの利用はローカルビジネスを営む事業者にとってメリットが多いといえますが、下記の通り機能ゆえのデメリットも存在します。

  • 悪いクチコミも掲載される
  • 一般ユーザーが撮影した写真が掲載される

Googleビジネスプロフィールでできること

Googleビジネスプロフィールには下記のような機能があります。

  • 投稿機能
  • 口コミ機能
  • インサイト機能
  • Webサイト作成機能

これらを上手く活用することで集客UPに繋げることができます。

Googleビジネスプロフィールを作成する前に

Googleビジネスプロフィールを活用してMEO対策を行う前に、下記の2つを確認しておきましょう。

  • Gmailアカウントの登録状況
  • Googleマップでの自店舗登録状況

Googleビジネスプロフィールを利用するにはGmailアカウントの発行が必須となるため、登録を先に済ませておく必要があります。

また、管理する予定のビジネス情報が既にGoogle検索やGoogleマップ上で表示されていないかを確認しましょう。

既にビジネス情報が作成されていた場合は、「ビジネス情報のオーナー確認」を済ませると管理を開始することができます。

Googleビジネスプロフィールの作成方法

ここからは自店舗のビジネス情報を新規で作成する場合の登録方法について説明していきます。Googleビジネスプロフィールの登録方法は以下の通りです。

  • 「Googleビジネスプロフィール」にアクセス
  • ビジネス名の入力
  • ビジネスカテゴリの選択
  • 店舗住所の入力
  • Googleマップでマーカーを配置する
  • ナレッジパネルに表示する情報の入力

Googleビジネスプロフィールへの登録作業は早ければ5分程度で終了します。

Googleビジネスプロフィールの登録のチュートリアルでは、「スキップする」というタブが表示される場合がありますが、入力した情報がそのままGoogle検索やGoogleマップ上でユーザーに表示されるため、全ての項目を埋めることをおすすめします。

なお、ビジネス情報は後で編集可能です。

まとめ

今回はGoogleマップに店舗情報を表示させる方法やそれに伴うメリット・デメリットをご説明してきました。

Googleビジネスプロフィールは無料で店舗の情報が発信できるので、上手に活用して集客UPを狙いましょう。

Seminarセミナー

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。