MEO

【2023年対応最新版】MEOツール比較13選!順位チェックからGBPの管理運用までタイプ別選び方紹介!

【2023年対応最新版】MEOツール比較13選!順位チェックからGBPの管理運用までタイプ別選び方紹介!
MEO(Map Engine Optimization=マップエンジン最適化)とは、Googleマップで検索をしたときに自社の店舗情報をGoogle検索結果の上位に表示させる施策のことをいいます。

MEOツールは、MEOおこなう際のさまざまな施策をMEOツールに任せてよりカンタンにできるようにするツールです。

自店舗のMEO対策として、Googleビジネスプロフィール(GBP)のアカウントを作り情報を登録して……と、ご自分でGBPの登録・管理をおこなっている経営者の方も多くいらっしゃることでしょう。

しかし、日々の店舗運営などの日常業務を行いながら、GBPを効率的に活用したMEO対策を並行しておこなうのは難しいのではないでしょうか。MEO対策をおこなっているつもりでも、徐々にローカルパック(地図情報を元に表示される検索結果のリスト)内での順位チェックや口コミの管理を怠ってしまってはいませんか?

そこで、ここではMEO対策を効率的に実施するのに欠かせない無料・有料のMEOツールを紹介します。
店舗集客のDXを加速するMEO対策ツール「MEO Dash! byGMO」
meo-dash!bygmo

あらゆる集客施策をより早く、低コストで実施でき、複数拠点も一括管理!

  • 国内取引実績No.1
  • 検索3位以内表示率97%
  • 顧客満足度98%以上

を誇るMEO対策ツール「MEO Dash! byGMO」とは? 以下のボタンをクリックし、資料を無料ダウンロードしてください!

MEOに関しては下記の記事をご覧ください。
関連記事:MEO(ローカルSEO)とは?対策方法と上位表示のポイントを解説

MEOツールとは

MEOツールとは、MEO(Map Engine Optimization=マップエンジン最適化)により、Googleマップで検索をしたときに自社の店舗情報をGoogle検索結果の上位に表示するためのツールを指します。

GBPへの投稿をMEOツールからおこなうことで、Googleマップの検索結果に店舗情報に加えて商品情報を表示する、Google検索、Googleマップ検索で自店舗に最適な検索結果を表示させるといったMEO対策が可能になります。

また、GBPの投稿や口コミの閲覧、口コミへの返信なども管理画面を使って簡単に操作でき、MEO対策をおこなう上で欠かせないGoogleのインサイトデータを可視化するなどの分析もできます。

MEOツールで可視化できる項目としては、「地域名+業種」などでGoogle検索を行った際に検索結果の上位に表示されるGoogleマップの枠である、ローカルパック内での検索ランキングや順位履歴などがあります。

また、MEOツールのなかにはGoogleの順位チェックだけでなく、MEO対策において重要なGBPの機能を補助するツールも存在します。さまざまな機能と連携することでMEO対策を一元管理できるようになるのもMEOツールの特徴です。

MEOツールの導入メリット

MEOツールを利用すると、Googleインサイトデータの可視化やGBPの機能を補助するほか、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 住所を指定した検索順位の確認
  • 営業時間に応じた検索順位の確認
  • インサイトデータのCSV出力
  • GBPへの予約投稿
  • Googleマップに書かれた口コミへの自動返信
  • 施策内容のメモを利用したMEO運用の振り返り

MEO対策の最初の1歩はGBPへの登録ですが、GBPを単体で運用するだけでは「業務の効率化」はできません。

例えば、GBPで店舗情報を「投稿」するとGBP上に即時投稿されます。前もって投稿内容を書きためておくことはできません。情報を発信したいタイミングに合わせて繰り返し投稿する必要があります。

しかし、MEOツールを利用すればGBPで簡単に予約投稿ができるようになります。

MEOツールを利用するデメリット

MEOツールを利用するデメリットは、利用するプランに応じて運用コストがかかる点です。

MEOツールはMEO対策に欠かせない、GBPの情報がどのように検索されたかがわかるインサイトデータの可視化やGBPの機能を補完してくれますが、運用コストと効率化できる業務量のバランスが取れていなければ、それらの機能も宝の持ち腐れになってしまいます。

まずは、「無料のMEOツール」や「無料トライアル」を利用して、MEOツールを使ってどのように業務を効率化できるかを把握するところから始めましょう。

また、MEOツールを導入しただけでMEO対策ができると考えてしまいがちですが、決してそうではありません。MEOツールはGBPの運用分析に役立ちますが、分析結果を実際のビジネスに活かしていくのはあくまでも店舗オーナーの力です。

MEOツールを上手に利用しながら、適切なMEO対策をおこなう必要があります。ツールの導入にあたっては、MEOツールによってどのような業務の効率化やMEO対策ができるのかを確認しておくとよいでしょう。

MEOツールの活用シーン

MEOツールの効果が発揮される主な活用シーンとしては、以下のような場面があります。

競合店舗の順位を知りたい時

MEOツールには日時別、キーワード別で他店舗の検索順位を一覧で表示する機能があります。

競合店がGoogle検索でどの位置にいるのか。日々変動する競合店の順位をデータにすることで、自店舗との違いを知ることができます。競合店との違いがわかれば、自店舗でのキーワードごとのMEO対策やメニュー開発など自店舗の運営に活かすことができます。

地域別の認知度を把握したい時

MEOツールを使うと地域ごとにGoogleマップでの検索順位を調べられるため、どの地域の店舗でMEO施策を打つべきなのか、地域ごとに検索されるキーワードの傾向から力を入れるべき商品の選択などの分析ができます。

商品人気が他県の方が上回るとわかれば、地方にも販売できるように商品をギフト化するといった営業戦略を考えるエビデンスにもなります。

社内で分析するためのレポート業務を効率化したい時

チェーン展開する企業などでは、店舗情報の分析は店舗数が多ければ多いほど、MEO対策をおこなう分析にも膨大な時間がかかってしまいます。

多店舗を抱えるチェーン店であっても、MEOツールを導入すれば、全店舗のインサイト情報を自動的に集計・分析してくれるうえに、各店舗の情報をクラウドで共有することもできるようになります。

分析結果をメモとして記録し、残してくれるMEOツールもあります。記録として残しておけば、いつでも記録を取りだして分析データを振り返って確認することができます。

どれもMEOツールを使わなければできないことばかりです。MEO対策に力を入れたい店舗オーナーの方は積極的にMEOツールを利用することをおすすめします。

【2023年最新版】失敗しないMEOツール選定ポイントを解説

MEOツールを選ぶ際のポイントは以下の3つです。

  • 自社サービスとの費用対効果
  • 自社サービスに適した機能
  • サポート体制の有無

これらの条件がクリアになるMEOツールかどうかで、肝心のMEO対策の中身や効果も変わってきます。

ツールが違えば当然価格や機能、特徴も異なります。機能が豊富にあったとしても、自分にとってメリットがない機能を売りにしているツールであれば、どんなに高機能のツールでも宝の持ち腐れになってしまいます。

ツールの選択は自分にとって必要な機能を備えているどうか、慎重に見極めましょう。

自社サービスとMEO対策の費用対効果

まずは、使用するMEOツールの料金体系を確認しましょう。高額で高機能のツールを選んでも、高い料金を払って結局そのツールの機能を使えないのなら費用の無駄です。費用対効果のバランスが取れないツールは避けましょう。

しかし、料金だけを見ても自分に合ったツールかどうかは判断できません。

そこで、無料トライアル期間のあるツールを選び、実際に使ってみてツールの利便性を確かめてみるとよいでしょう。

いくつかのツールの無料期間を利用して実際に使ってみて、自社と相性のよいツールを探してみることをおすすめします。

自社サービスに適したMEO対策機能の有無

使用するMEOツールに自社で必要なMEOの機能が含まれているかどうかは重要なポイントです。事業内容や事業規模によって必要となるMEO対策の中身や重要度も異なるからです。

一般的なMEOツールの機能としては、GBPの順位計測・Googleインサイトデータの分析・GBPの運用管理などがあります。

どのツールにどのような機能が搭載されているのか十分に比較して検討しましょう。

自社のビジネスモデルでは使わない機能を売りにしているMEOツールもあるでしょう。そういったツールを選ばないためにも、MEO対策でできる機能については十分に調べてから導入しましょう。

ツールやMEO対策全般のサポート体制

簡易な計測しかできない機能が制限されたMEOツールであれば、マニュアルを頼りに手探りで使ったとしても、一通り使えるようになるかもしれません。

しかし、高機能・多機能なMEOツールの場合、その機能を使いこなせるようになるまで時間がかかるものです。場合によっては使い方がわからないこともあるかもしれません。

高機能・多機能ツールを選択する場合は、運用上の不明点を解決してくれる十分なサポート体制があるかどうかをチェックしておきましょう。

ユーザーに寄り添った専任のサポートの有無、問題解決までのスピードはもちろん、定例MTGによる活用促進などがあるかどうかも重要なポイントです。

【2023年度最新版】無料MEOツール

以下に無料で利用できるMEOツールの比較表を作成しました。

名称 検索順位チェック 計測地域指定 SEO対策としての
利用
利用状況に応じて
有料となる
I Search From ×
Google広告 × ×
Promost
「MEOチェックツール」
×
MEO順位チェッカー × ×

無料のMEOツールでは、利用できる機能が限定されているものが多くなります。

単に検索順位チェックを目的としているのか、あるいは広い範囲でのMEO対策を目的としているのかで無料ツールを使い分ける必要があります。

無料のMEOツールでも一部機能は有料となる場合もあるため、ツールの利用時に十分注意してください。

I Search From

 I search form

<特徴>

  • 国・言語・端末・キーワードを指定した順位チェックが可能
  • SEO対策の順位チェックとしても活用可能

I Search Fromはローカルパック内の検索順位を表示させると同時に、Google検索エンジン上の検索順位も表示できます。

エリアを指定してその位置情報から検索したGoogleマップの検索順位が取得できるため、離れた場所からでも検索順位の取得をおこなうことができます。GBP利用者にうってつけのツールではないでしょうか。

また、SEO対策における順位チェックツールとしても活用できるため、サイトリニューアルなどのときにも役立てることができます。

I Search Fromの詳細はこちら:http://isearchfrom.com/

Google広告

google広告

<特徴>

  • リスティング広告とディスプレイ広告などの一括管理
  • Googleアナリティクスとの連携

Google広告はGoogleが提供する広告出稿サービスです。1つの管理画面でリスティング広告とディスプレイ広告などを管理することができ、MEO対策に欠かせない短期の集客施策を強力にサポートします。

MEOツールの代表的な機能である「検索順位チェック」などは搭載されていませんが、他の無料・有料MEOツールと組み合わせることで、不足している機能を補うことができます。

リスティング広告は検索連動型であることから、企業や店舗のSEO対策として集客力を高めることにもつながります。

Google広告を導入することで、MEOとSEOの両方の対策をおこなうことが可能になります。

Google広告の詳細はこちら:https://00m.in/ILeyQ

Promost 「MEO順位チェックツール」

promost

<特徴>

  • ローカルパック内の順位チェックが毎日行える
  • 地域・キーワードを指定した順位チェックが可能
  • 順位履歴をチャート表示で可視化
  • GMBの口コミ管理が可能

Promostの 「MEOチェックツール」では、順位チェックが開始されてから14日間は無料期間としてローカルパック内の順位チェックを無料でおこなうことができます。

無料期間以降はチェックツールを見ることができなくなるほか、無料期間に確認できるキーワードはひとつだけです。(複数キーワードが必要な場合は別途申し込み)

無料期間が過ぎたからといって料金が発生することはありませんが、継続してMEO対策をおこなう場合は、無料期間だけでは不十分かもしれません。

Promost 「MEOチェックツール」の詳細はこちら:https://www.promost.co.jp/meo-checktool/

MEO検索順位チェッカー

MEO検索順位チェッカー

<特徴>

  • 会員登録なしで利用可能なGoogleマップでの検索順位を取得できるMEOツール
  • Googleマップでの検索上位20位まで計測可能
  • 検索順位の取得には、Googleマップでの地図検索の結果を利用しているため正確な値が得られる

無料でGoogleマップでの順位取得をおこなってくれるMEO対策支援ツール。

トップページに検索したいエリアと店舗名、検索キーワードを入力するだけで、入力されたキーワードで検索したときの、Googleマップでの検索順位20位までの順位を取得。

Googleマップのビジネスアカウントが何位に入っているのかを示してくれます。検索順位の取得にはGoogleマップでの地図検索の結果を利用しています。

しかし、無料なのはビジネスアカウントの順位と口コミレビュー点数の平均と口コミ数の表示のみ。MEO検索順位表やMEO検索順位グラフなどを使って継続的にMEO対策をおこなうためには、会員登録が必要になります。

Promost 「MEO検索順位チェッカー」の詳細はこちら:https://meotool.white-link.com/

【2023年度最新版】有料MEOツール

有料のMEOツールは無料で使えるMEOツールに比べて利用できる機能が増えます。とはいえ、価格に応じて使える機能に差があるため、自社の事業規模に見合ったプラン・料金を選択する必要があります。

月額費用に関しても、月0円~30,000円と差が出てきます。

また、利用できる機能もツールごとに偏りがあり、中には「ローカルパック内の順位チェックができない」MEOツールもあります。自分で使いたい機能がツールでカバーされているかどうか注意して見ていきましょう。

MEO対策総合管理ツール「MEO Dashboard byGMO」

MEO Dashboard by GMOのイメージ画像
GMO TECHが提供する「MEO Dash! byGMO」は、店舗集客には欠かせないローカルSEO対策に特化した支援サービスを提供しています。
「MEO Dashboard byGMO」は、「MEO Dash! byGMO」に標準搭載しているMEO対策の総合管理ツールです。

 Google検索結果で表示されるGoogleマップの上位3枠に表示するための対策や、Googleビジネスプロフィール運用に伴うビジネス情報更新や投稿作業、複数店舗の一括投稿やビジネス情報更新対応など、店舗オーナー及び店舗運営担当者の業務の効率化とマーケティング担当者向の各種データ分析機能などを兼ね備えたサービスとなっています。

また、各種SNSとも連携。Twitter、Instagram、Facebookへ、Googleビジネスプロフィールとの同時投稿・予約投稿ができるほかLineとの連携も実現。

Lineの友達に再来店を促すメッセージ送信や独自のクーポン機能を使い、顧客エンゲージメントを高めリアル店舗への来店を強力に促します。

<特徴>

  • 順位取得機能(キーワード別の検索順位チェック)
  • 競合順位取得機能(キーワード別の競合店舗の検索順位チェック)
  • 多地点順位計測機能(自店舗周辺の49地点を計測可能)
  • Googleインサイト機能(「Googleビジネスプロフィール」のアクセス解析情報)
  • インサイトCSV出力機能(「Googleビジネスプロフィール」のインサイト情報をCSV形式で出力可能)
  • レポート機能(Googleビジネスプロフィールインサイトデータのレポート出力が可能)
  • GoogleビジネスプロフィールAPI連携機能(ビジネス情報編集、商品・キャンペーン予約投稿機能、口コミ返信機能、写真管理機能などの更新が可能)
  • Google Analytics 連携機能(Google Analyticsの分析機能)
  • HP連携機能(店舗営業時間などの店舗情報を一括管理)
  • 多店舗インサイト分析・クチコミ分析機能(グルーピングした店舗データの横断比較)
  • SNS投稿連携機能(Googleビジネスプロフィールとの同時投稿・予約投稿が可能)
「MEO Dashboard by GMO」の詳細はこちら:「MEO Dashboard by GMO」

MEOチェキ

meoチェキ

<特徴>

  • 競合を含めた順位計測
  • 実際の検索結果画面を画像キャプチャで保持
  • 過去2年分のインサイトデータ確認
  • 予約投稿機能

Googleローカルパックの順位チェックからGBPの投稿管理まで幅広くMEO対策を行えるのが「MEOチェキ」です。

「MEOチェキ」には他のMEOツールにはない「画像キャプチャ保持機能」が搭載されており、実際の検索画面を後から画像で確認することができます。

多くのMEOツールが検索結果をチャート表示しているなかで、画像で当日の順位状況を一目で確認できるのは「MEOチェキ」ならではといえます。

MEOチェキの詳細はこちら:https://meo.tryhatch.co.jp/meocheki/

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」

gyro-n

<特徴>

  • 多言語検索に対応
  • 口コミ数・レビューの推移を可視化
  • GMBの予約投稿(施策メモ機能あり)
  • 最大18ヶ月分のインサイトデータを表示

MEOツールのなかでも「検索言語設定」ができるのは、Gyro-nの「MEO順位チェックツール」の特徴です。

欧米からの旅行客など、英語を使用するユーザーのGoogleマップ利用率に注目し、インバウンドユーザーの集客に特化した機能を搭載しています。

英語で検索された検索結果と、日本語で検索した場合と比較して検索順位の違いをチェックし、各言語のユーザーに正しく自店舗の情報を伝えることができているか最適化を進めることができます。

また、競合店舗との順位比較もおこなうことができるため、キーワード地点や検索地点による自店舗の強みを把握することが可能です。

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」の詳細はこちら:https://www.gyro-n.com/meo/

MEO tracker

meotracker

<特徴>

  • クラウド型アカウント管理
  • 社内・顧客とデータ共有が可能
  • スマホ専用管理画面の設定
  • 順位チェックを待たず、現在の順位の計測ができる
  • 順位情報のCSVエクスポート機能

「MEO tracker」はGoogleローカルパックの順位チェックや定期的なMEOの順位計測に特化したMEOツールです。

正確な順位チェックを取得するのが難しいといわれるGoogleマップ検索のなかでも、「MEO tracker」が持っているクローリングと再チェックプログラムで、安定して正確な順位を計測することに成功しています。

計測キーワード数は50個からが最低プランとなっており、ある程度ボリュームのあるサイトでの順位チェックとしての役割が強いことがわかります。

また、クライアント用の閲覧専用アカウントを作成し、社内・顧客とデータ共有ができるため、共同してサイトを運営しているようなWebサイトに向いています。

MEO trackerの詳細はこちら:https://meo-tracker.jp/

ロケーションコネクト

ロケーションコネクト

<特徴>

  • 検索順位の常時測定
  • インサイトデータ分析
  • GMB運用に役立つレポート配信
  • 口コミをAI分析&促進する環境構築で集客UP

インサイトデータ分析をアカウント内で実施できるほか、サービス提供会社がMEO対策のノウハウをレポートとして月に1回配信しているのが特徴です。

各店舗アカウントにおける口コミの傾向を分析・管理機能を実装。口コミの投稿及びファン獲得を促進するシステムを提供しています。

手軽に順位チェックを実施したい店舗運営者におすすめのMEOツールといえます。

ロケーションコネクトの詳細はこちら:https://www.location-connect.net/

MEOマスター

MEOマスター

<特徴>

  • 順位チェック、日別順位推移レポート、Googleインサイトレポート
  • Googleビジネスプロフィール投稿予約機能
  • 口コミ管理・返信テンプレート機能
  • 順位チェックのみであれば、月額500円(8キーワード)から実装可能

「MEOマスター」はMEOの順位チェックなどのデータの可視化とMEOでの上位表示サポートの機能に特化したMEOパッケージソフトです。

順位チェック機能では、競合他社対策をはじめ、全キーワード順位推移をグラフとカレンダーで表示。各キーワード上位3位の推移も分析できるので、競合他社の動向もチェックできます。

その他、ユーザーに検索された方法や表示したGoogleサービス、その後のユーザーの行動履歴などもインサイトレポートとして表示可能。

順位チェックのみなら月額500円からはじめられるという手軽さもあります。

MEOマスターの詳細はこちら:https://meotool.jp/meomaster/

LocalBase

LocalBase

<特徴>

  • チェーン店のGoogleビジネスプロフィール管理に強みを持つMEOツール
  • 店舗ごと、グループごとの、地域ごとなど、さまざまな切り口での分析が可能
  • 全店舗の情報を一括で管理することもでき、情報発信にかかる工数を大きく削減できる

LocalBaseでは、Googleアカウントでサインインするだけで、複数店舗のGoogleビジネスプロフィールを一括管理できるMEO管理ツールです。

GBPとTwitter、Facebook、Instagramの各アカウントを連携し、一元管理も可能。面倒な日々の運用がこのツールだけで完了する手軽なツールです。

チェーン店のGoogleビジネスプロフィール管理に強みを持ち、店舗ごと、グループごと、地域ごとなど、さまざまな切り口での分析が可能に。

全店舗の情報を一括で管理することもでき、情報発信にかかる工数を大きく削減できます。

LocalBaseの詳細はこちら:https://local-base.net/

マップ職人

マップ職人

<特徴>

  • 多店舗の情報管理、店舗集客に強みを持つMEOツール
  • 店舗の情報管理・運用にかかわる時間を97%カット
  • ホットペッパーグルメが販売協力

マップ職人は、多店舗の情報管理、店舗集客に強みを持つMEOツールです。公式HPでは、店舗の情報管理・運用にかかわる時間を97%カットできると謳っています。

初期費用は無料で、導入時には、運用方法に関する1時間ほどのレクチャーを受けられるのもポイントです。

Googleマップでの一括管理、最適化、口コミ対策、順位計測のほか、Instagram連携、アンケート機能を中心に30機能以上を搭載。

Googleマップ(ビジネスプロフィール)管理機能を使った店舗ビジネスマーケティングを実現できます。

マップ職人の詳細はこちら:https://mapshokunin.com/

coco

coco

<特徴>

  • 口コミ獲得に特化したMEOツール
  • ショートメッセージによる口コミ獲得
  • アンケート
  • お客様とのコミュニケーション

MEO対策ツール「coco」は、口コミ獲得に特化したMEOツールです。SMS(ショートメッセージ)を利用してユーザーとコミュニケーションを取り、口コミの投稿やアンケートへの回答を促すことができます。

cocoを使えば、お客さまの「お名前」と「電話番号」があれば、ショートメッセージでお客さまに口コミの入力をお願いできます。

さらに、Googleビジネスプロフィールやエキテン、ホットペッパーなど各媒体に掲載した口コミを、「coco」の管理画面から一括で確認できます。

そのほか、「coco」はGoogleビジネスプロフィールに設定した情報を自動で分析して、改善点を視覚的に伝えてくれるため、GBPの設定をMEO対策に最適化できます。

cocoの詳細はこちら:https://lp.cocoreview.com/

まとめ・MEO対策には専門業者の利用も有効!

MEOツールは、主にGoogleビジネスプロフィール運用の効率化や施策内容分析の役割を担っています。

MEOツールを導入したからといって、必ずGoogleマップで上位表示されるわけではありません。効率よくMEOツールを活用し、日々のMEO対策していくことが重要となります。

ただし、MEOの評価を高めるために必要なGoogleビジネスプロフィールの登録方法や商品・イベント投稿、口コミ投稿対応などに一定のノウハウがあることも事実です。

とくにMEOの仕組みやアルゴリズムは、Googleの検索エンジンのアップデートによって定期的に変更されるため、Googleへの対応も行わないとGoogleマップ上で継続的に上位表示することは難しくなります。

「自分たちで施策する時間がとれない」「Googleの情報収集ができない」など課題を抱えている店舗事業者様は、MEO対策のノウハウを持ち合わせつつ、Googleのコアアップデートなど突然の変更にも対応できるMEO業者にまとめて依頼することも推奨します。

GMO TECH株式会社では、Googleマップ検索(ローカル検索)において、店舗情報を検索ユーザーに見られる機会を増やし、店舗集客を強化することができるサービス「MEO Dash! byGMO」を提供しています。

Googleビジネスプロフィールの情報の最適化をはじめ、上位表示するために必要な外部対策をおこないます。すでにGoogleビジネスプロフィールに登録済みの場合は、最短即日での対策が可能です。

MEO対策が難しいと感じているようであれば、ぜひ以下のフォームより問い合わせてみてください。

店舗集客のDXを加速するMEO対策ツール「MEO Dash! byGMO」
meo-dash!bygmo

あらゆる集客施策をより早く、低コストで実施でき、複数拠点も一括管理!

  • 国内取引実績No.1
  • 検索3位以内表示率97%
  • 顧客満足度98%以上

を誇るMEO対策ツール「MEO Dash! byGMO」とは? 以下のボタンをクリックし、資料を無料ダウンロードしてください!

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。