SEO/SEM

外部リンクとは?SEOへの影響や良質な被リンクを獲得する方法

外部リンクとは?SEOへの影響や良質な被リンクを獲得する方法

外部リンクは検索エンジンによる自サイトの評価に大きく影響するものですが、どんなリンクでも良いわけではありません。検索エンジンから高評価を得られるサイトにするためには、より質の高い外部リンクが必要です。

この記事では、外部リンクの概要やSEOへの影響、また、質の高い外部リンク(被リンク)を獲得する方法や注意点を詳しく解説していきます。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

外部リンクとは?

外部リンクとは、自サイトと外部サイトの間のリンクのことです。インターネット上にはさまざまなサイトが個別に存在していますが、関連性の高いサイト同士を外部リンクでつなげることで、ユーザーが円滑に情報収集できるように手助けします。

外部リンクには、外部サイトから自サイトに遷移するための「外部被リンク(被リンク)」と、自サイトから外部サイトに遷移するための「外部発リンク(発リンク)」があります。SEO対策においてより重要なのは「外部被リンク(被リンク)」です。他サイトから「外部被リンク」がより多く集まっているサイトほど、検索エンジンからも重要視される傾向があります。

当記事でも、主に「外部被リンク」について説明します。

外部リンクと内部リンクの違い

外部リンク(外部被リンク、外部発リンク)とは別に、内部リンクと呼ばれるリンクがあります。外部リンクが自サイト以外のサイトのページとつながっているのに対し、内部リンクは自サイト内で完結しているという点で異なります。

リンクの種類 リンク元 リンク先
外部被リンク 外部サイトのページ 自サイトのページ
外部発リンク 自サイトのページ 外部サイトのページ
内部リンク 自サイトのページ 自サイトのページ

外部被リンクは、外部サイトのページから自サイトのページに遷移するリンクです。外部サイトの運営者が作成するため、一般的には被リンク側の意志で作成することはできません。

外部発リンクは、自サイトのページから外部サイトのページに遷移するリンクです。主に権威性の高いページへのリンクを張り、自サイトのページの信頼性を高めるために用います。

これらに対し、内部リンクは、自サイトのページ間のリンクです。自サイトを訪問したユーザーが、効果的に自サイトの中を回遊して情報を得られるよう、自サイトの運営者の意図で作成します。

どちらのリンクもSEOに大きく影響するものですが、特に重要なのが外部被リンクです。

Googleなどの検索エンジンは、外部被リンクをインターネット上の投票のように捉え、外部からの良質なリンクを多く獲得しているサイトほど、より有益な情報が得られるサイトとして高く評価します。

外部リンクがSEOへ与える影響

上述のように、外部リンクはSEOにおいて非常に重要です。実際、Googleも、その哲学を述べた「Googleが掲げる10の真実」で「Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。」(引用:Googleが掲げる10の真実)と、外部リンクを重視する旨を強調しています。

このように、検索エンジンは外部リンクをもとに、そのサイトが優良な情報源としてユーザーに貢献するものなのかを見極めますが、外部リンクの数だけ追い求めても正しいSEO対策にはなりません。外部リンクには質の良し悪しがあり、その質が自サイトの評価に大きく影響するからです。

外部サイトから自然に張られたリンク(ナチュラルリンク)は、ユーザーの情報収集行動を助ける良い被リンクとして、自サイトの評価を高めます。特にそのジャンルにおいて高い評価を得ている権威性の高い外部サイトからの被リンクは、自サイトの検索順位を大きく押し上げてくれます。

逆に、そのジャンルにおいて関係性が著しく低い外部サイトからの被リンクは、質の悪いリンクと評価され、SEOに悪影響を及ぼす可能性があり注意が必要です。

自サイトへの外部リンクの状態を定期的にチェックして、ナチュラルリンクを継続的に集め、その一方で質の悪いリンクを減らしていけば、自サイトの評価を安定的に高めていくことにつながります。

外部リンク獲得のためにSNSを活用する

良質な外部リンクを獲得するためには、SNSの活用が有効です。

とはいえ、TwitterやFacebookなどのSNSからの被リンクには、直接的なSEO効果はありません。これらの被リンクには「nofollow」という、リンクから除外されるタグが設定されているため、検索エンジンはその被リンクを評価の対象にしないからです。

しかし、SNSにより共有されることで自サイトの存在が広く知れ渡り、サイトの認知度は確実に上がります。自サイトへのアクセス数が増えれば、その結果として自然な外部リンクが集まることが期待できるでしょう。SNSは、うまく使えば強力なSEO対策ツールになるのです。

日ごろからSNS上で自サイトのジャンルに関する情報を積極的に発信し、興味や関心度の高いフォロワーやファンを集めましょう。近い領域で既に多くのフォロワーを獲得しているユーザーに自分から絡んでいくのも、良い方法です。

また、自サイトのコンテンツ上にTwitterやFacebookでの共有ボタンを設置しておくのも、重要な施策と言えます。SNS上での共有を少しでも容易にすることで、拡散を促すことができるでしょう。

外部リンクにおける2つの注意点

上述のように、外部リンクを多く集めることは重要なSEO対策と言えますが、どんなリンクでも良いわけではありません。検索エンジンは自然で良質なリンクとそうでないものを判別し、質の悪い外部リンクを集めているサイトに関しては、評価を下げる傾向にあります。

サイトの評価に悪影響のある外部リンクを排除するには、「リンクプログラムに該当する行為はしない」「スパムリンクは否認する」といった施策をとりましょう。

リンクプログラムに該当する行為はしない

Googleは、サイトの評価を不当に操作するためのリンクを「リンクプログラム」と呼び、同社のウェブマスター向けガイドラインで違反になる行為だと説明しています。リンクプログラムに該当する外部リンクを発見した場合、Googleはそのサイトの検索順位を下げるか、検索順位に表示されない措置をとる可能性があります。

リンクプログラムに該当する具体的な違反行為には、以下のものがあります。

  • 外部サイトからのリンクを、金銭・物品・サービスのやり取りにより売買すること
  • 過剰な相互リンク、および、相互リンクのみを目的としたパートナーページを作ること
  • 大規模なアーティクルマーケティングキャンペーンやゲスト投稿キャンペーン
  • 自動化されたプログラムにより自サイトへのリンクを張ること
  • 自サイトへのリンクを契約等により他者に対して義務付けること

いずれもユーザーの情報収集を助ける自然なリンクではなく、意図的に外部リンクを量産する行為です。これらによって外部リンクを増やすと、自サイトの評価を大きく落とします。

評価を高める外部リンクは、自サイトと関連性の高いナチュラルリンクです。そのようなリンクを集められる優良なコンテンツを作るのが、最も効率的なSEO対策と言えるでしょう。

低品質な外部リンク(スパムリンク)は否認する

検索エンジンによる自サイトの評価を落とすような外部リンクは、「スパムリンク」と呼ばれます。スパムリンクは、Googleのガイドラインに違反するような低品質な外部サイトからの被リンクです。

スパムリンクは自サイトの評価に悪影響を与えます。自サイトへの外部リンクを定期的にチェックし、スパムリンクを見つけたら対処して、自サイトの評価を維持することが必要です。

スパムリンクを見つけた場合は、まずはそのリンク元である外部サイトの運営者にリンクの削除を依頼しましょう。良心的な外部サイトであれば、運営者の連絡先がサイト上に公開されており、リンクの削除依頼にも応じてくれるはずです。

運営者の連絡先が開示されていない場合や、リンクの削除依頼に答えてくれない場合は、Googleが提供しているリンク否認ツールから外部リンクを否認することができます。否認するURLやドメインをリストにした.txtファイルを作成し、リンク否認ツールからアップロードすれば、リンクの否認申請は完了です。

否認申請による結果が出るには数か月かかります。短期的な効果を望む場合はリンク元の外部サイトの運営者に対するリンク削除依頼が確実です。また、外部リンクを否認する場合は、そのリンクが本当にスパムかどうかをしっかり確認しましょう。スパムリンクでないリンクなどを必要以上に否認してしまうと、SEOに悪影響を及ぼします。

まとめ

外部リンクは、検索エンジンによる自サイトの評価に大きく影響するものです。自サイトと関連性の高い外部サイトからのナチュラルリンクを集めることで、多くのユーザーにとって有益な情報だと判断され、検索結果での表示順位が上がります。

逆に、自サイトと関連性の低い外部サイトからのリンクや、低品質な外部サイトからのリンク、Googleのガイドラインに違反するようなリンクプログラムによる外部リンクは、自サイトの評価を下げかねません。

無理やり外部リンクを増やそうとするのではなく、ユーザーにとって有益なコンテンツをしっかり作りこみ、SNSなどを使ってサイトの認知度を上げるなどして地道にナチュラルリンクを集めていくことが、最良のSEO対策となるでしょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。