SEO/SEM

失敗しないSEO対策会社の選び方|比較ポイントや見分けるコツについて解説

失敗しないSEO対策会社の選び方|比較ポイントや見分けるコツについて解説

自社サイトの集客に行き詰まっているとき、SEO会社に対策やコンサルティングを依頼するのは有効な手段です。

しかし、なかには悪質なSEO業者も存在するため、SEO対策の支援会社・業者の選び方を把握しておくことが重要となります。

そこで本記事では、SEO会社の選び方と併せて、悪質な業者を見分けるポイントも解説していきます。

また、SEOの外注コスト節約などにつながる事前準備についても紹介しているので、本記事を読むことで、失敗しないSEO会社選びが可能になります。

尚、SEOの定義やSEO施策については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:SEOとは?8つの基本対策と上位表示のポイントを徹底解説

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

SEO対策会社とは

SEO対策会社とは、集客や販促を目的にクライアントの自社サイトやブログ記事などを、Googleの検索結果上で上位表示させる対策を行う業者のことを言います。

マーケティング会社やコンサルタント、広告代理店が1つのサービスとして提供している場合もありますが、SEO対策を専門的に請け負っている会社もあります。

SEO対策には大きくわけて「内部対策」「外部対策」「コンテンツSEO」の3つの種類があります。

すべての対策を依頼するとなるとコストがかかりすぎるため、どの部分を依頼するかは吟味しておかなければいけません。

内部SEO対策

内部SEO対策では、サイト内部の構造やコンテンツの整理を行い、クローラーがクロール(巡回)しやすくするための対策を図ります。

クローラーとはコンテンツをインデックス(検索エンジンのデータベースに登録すること)するためのロボットです。

サイト内を巡回してファイル情報を読み取り、インデックスを行います。

このクローラーがサイトに訪問してくれないことには、検索結果に表示されることもありません。

内部SEO対策の例としては「ディレクトリ構造」「タグの設置」「内部リンクの最適化」「meta description」などの施策が挙げられます。

外部SEO対策

外部SEO対策とは、外部サイトに自社サイトのリンクを貼ってもらう(被リンクをもらう)ことで、自社サイトの評価を上げるための対策です。

Googleが掲げる10の真実」では、ウェブ上の民主主義は機能する。

とされています。

Googleはサイトの重要度をリンクで判断しており、被リンクの数が多ければ多いほど、人気のあるつまり重要度の高いサイトとみなすのです。

内部SEO対策は施策が多くありますが、外部SEO対策においては「被リンクの獲得」だけです。

ただし、これを実現するには専門性が高く良質なコンテンツを制作する必要があります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿って良質な記事(コンテンツ)を作成して検索結果の上位表示を狙い、検索結果からの流入数を増やすための対策です。

ユーザーの悩みを解決できる質の高いコンテンツ制作はもちろん、検索エンジンが評価しやすいようにタグの最適化なども行います。以前は内部SEO対策の一貫として存在していましたが、その重要性から昨今では切り離して考えられるようになっています。

失敗しないSEO対策会社の選び方

SEO会社の選び方は、以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 提供するサービス内容
  • Googleの最新アップデートにキャッチアップしている
  • 費用や契約期間は適切か
  • 対策領域における知名度・実績
  • SEO効果が出ない時の対応

詳しくは次の見出しで解説しますが、上記ポイントはSEOについての「専門性」と「実績」に関わります。

そのためSEO会社選びの際には、HPなどで権威のある人がいるのか、どのような実績があるのかを丁寧に調べておくことが重要です。

とはいえ、中には企業体力に目を付けて、過剰に記事制作を行ったり、必要以上の対策を施したりする悪質なSEO会社が存在することも覚えておきましょう。

提供するサービス内容

先に紹介したとおり、SEO対策には内部SEO対策、外部SEO対策、コンテンツ対策があり、会社によって対応してくれる範囲が異なります。

状況を聞いてアドバイスするだけの会社もあれば、コンテンツ制作だけを請け負う会社もあります。

ただし、実施する対策は自社サイトの状況によっても異なるため、しっかりヒアリングを行ってくれる会社であるかどうかも業者選びの判断基準となるでしょう。

関連記事:
「テクニカルSEO」基本のチェックポイント|対策ツールも紹介
SEOの外部対策とは?実践方法や注意点を解説
コンテンツSEOとは?上位表示に必要な対策方法を解説

Googleの最新アップデートをキャッチアップしている

SEOはGoogleのコアアルゴリズムアップデートやランキングシステムアップデートの影響を受けるため、最新のアップデート情報に精通している会社を選ぶ必要があります。

Googleのアップデートは、大規模なもので年に2~4回、小規模なものではほぼ毎日行われていると言われています。そうしたアップデートに的確に対応するためには、最新情報をキャッチアップしているかどうかが大切です。

もし情報についていけていない会社を選んでしまうと、一昔前のSEO対策を提案・実施されてしまうことになります。

また業者のなかには、最新情報をキャッチアップしていないどころか、リンクの売買を行うなどの「ブラックハットSEO」を提案してくる場合もあるので、注意が必要です。

費用や契約期間は適切か

SEOは対策を施してから効果が出るまでに最低3ヵ月はかかると言われています。

ビッグキーワード(単語1つでの検索)においては1年以上かかる場合もあります。

そのため、SEO会社とは必然的に長いお付き合いになるはずで、一般的には半年~1年契約を結ぶことが多いようです。契約期間が2年以上など、あまりに長い期間を提案してくる場合は注意しておきましょう。

また、期間やサービス内容に対して費用が適切かの判断も重要です。

必ず複数社から見積もりをとって、サービス内容、期間、料金などを確認しておきましょう。

SEO対策領域における知名度・実績

SEO会社とひと言で言っても、各会社が得意とするジャンルや実力が異なります。

そのため、SEO会社のWebサイトなどで、その会社の実績や業界における知名度も調査しておきましょう。

実績や知名度があれば必ず結果が出るとは言えませんが、これらを持っていない会社よりは業界事情やノウハウを多く有しているはずなので、効果が出やすいと考えられます。

SEO会社の知名度、実績を調査する際は、得意とするジャンルも確認しておきましょう。

特に自社が所属する業界が金融や医療などのYMYL(Your Money Your Life)分野である場合は、そういったジャンルに得意なSEO会社の選定が必須です。

業者によっては信頼性・専門性・権威性を高めるために、専門家の監修を付けていることもあります。

SEO効果が出ない時の対応

先に紹介したとおりSEO対策は、実績や知名度のある会社に依頼しても、効果がでないことがあります。

もし対策の結果が芳しくない場合はどういう対応になるのかについても事前に確認しておくと安心です。

たとえば、追加費用がかかるのか、もしくは最初に契約した際の金額に対応費用が含まれているのか、を見積りの段階で確認しておくと良いでしょう。

おすすめのSEO対策会社15選と比較表

前項までで紹介した選び方を抑えたうえで、おすすめのSEO対策会社を紹介します。

【おすすめのSEO会社比較表】会社名 サービス内容 費用 契約期間
GMO TECH株式会社
  • SEOコンサル
  • SEO対策
  • MEO対策
SEO Dash! Professionalプラン:月額40万円~ 要確認
ナイル株式会社
  • SEOコンサル
  • コンバージョン改善・サイト分析など
見積り 施策設計に1~2ヵ月程度。以降は施策に応じて期間が異なる
ディーエムソリューションズ株式会社
  • SEOコンサル
月額30万円~

制作実装支援を希望する場合は要見積り

6ヵ月~
株式会社PLAN-B
  • SEOコンサル
  • 記事制作代行
月額40万円~ 6ヵ月
株式会社ウィルゲート
  • SEOコンサル
  • 記事制作代行
要確認 要確認
株式会社ジオコード
  • SEOコンサル
  • SEO対策(内部対策)
  • 記事制作代行
  • MEO対策
MEO等:月額3万円~

SEOコンサル:月額20万円~

要確認
株式会社グランネット
  • SEO対策(内外)
  • 記事制作代行
  • MEO対策
要確認 要確認
アウンコンサルティング株式会社
  • 海外向けSEO対策
  • YouTube SEO対策
要確認 要確認
アイオイクス株式会社
  • SEOコンサル
  • 記事制作代行
  • コンバージョン改善
月額40万円~

※相談可能

6ヵ月

※3ヵ月単位での契約も可能

株式会社センタード
  • SEO対策(キーワード選定、内部対策)
  • ショット型:月額30万円~
  • 月次継続型:月額20万円~
要確認
株式会社アダムテクノロジーズ
  • SEO診断
  • SEOコンサル
  • コンテンツマーケティング
  • サイトリニューアルにおけるSEO施策
  • 薬機法対策
  • コーディング
  • MEO分析ツール
  • SEOコンサル:月額30万円
  • SEO診断:月額10万円~
SEOコンサルは3ヵ月~
株式会社フルスピード
  • SEOコンサル
  • コンテンツSEO
要確認 要確認
株式会社アイレップ
  • SEO対策(調査、内部対策、運用)
要確認 要確認
アユダンテ株式会社
  • SEOコンサル
  • サイト診断
  • SEOセミナーなど
  • SEOコンサルティング:300万円~
  • サイト診断:80万円~
  • SEOセミナー:50万円~
  • コンテンツマーケティング:160万~
3ヵ月~
株式会社Faber Company
  • SEO・マーケティング関連のツール(複数)貸し出し
  • SEOコンサルティング
  • マッチングサービス
  • デジタル人材育成
  • ツール系:無料~
  • SEOコンサルティング:月額10~20万円または個別見積り
  • 無料
  • 人材育成:月額5万円~
応相談

今回紹介するSEO会社の情報は2021年12月24日時点のものを参考に記載しています。

価格改定やサービス内容の変更がある場合が考えられるので依頼を検討する場合は、必ず各会社に詳細をご確認ください。

GMO TECH株式会社

alt_text

引用元:GMO TECH

GMOインターネットグループの会社であるGMO TECHでは、会社設立の2006年から一貫してSEO対策を実施。

SEOコンサルをはじめ、SEO対策の実施、MEO(ローカルSEO)の対応が可能です。

SEO対策サービスのSEO Dash!では、Google検索エンジンが日本に導入された当時からSEOに従事するプロが施策を監修。

移り変わりの早い検索エンジンのトレンドをキャッチして、お客様ごとに最適な施策をご提案します。

ユーザーの検索ニーズと、対象Webサイトの持つサービス特性、検索エンジンの3方面をカバーするSEO対策が行える会社です。

URL https://gmotech.jp/
契約プラン・料金 SEO Dash! Professionalプラン:月額40万円~
実績 ベビー、金融、セキュリティ、インテリア、アパレル、人材など数多くの業界で実績あり

ナイル株式会社

alt_text

引用元:ナイル株式会社

10年以上のコンサル経験に基づき、成功確度の高い施策を提案。データの分析を行い、集客からCVまでの最適ルートを設計します。

経験豊富な紙媒体出身の編集者と専門ライターによる記事制作代行もおこなっており、コンテンツSEOにも強いという特徴を持ちます。

また、自社が運営するWebサイトでもGoogle検索1位を獲得している実績があり、SEO対策の実力は確かです。BtoCはもちろん、BtoBやEC、不動産、介護などさまざまな分野でのコンサルティング経験を活かした多角的な提案が可能です。

URL https://www.seohacks.net/
契約プラン・料金 見積り
実績
  • 自社サイトにおいて「アプリ」「無料漫画サイト」「カーリース」などで検索結果1位取得
  • クライアントWebサイトのセッション数平均5.5倍に増加

ディーエムソリューションズ株式会社

alt_text

引用元:ディーエムソリューションズ株式会社

10年以上に渡り、1,000社以上のSEOコンサルを請負。

90%以上と高い継続率を誇るディーエムソリューションズ株式会社では、キーワードプランニングから内部対策、コンテンツマーケティング、外部対策までワンストップでSEO対策を依頼できます。

内部対策においては、社内に制作部隊を設置しているため、低コストでスピーディーに実装可能。

SEOの効果を加速させます。また、Webサイト制作や広告運用も手掛けており、クライアントの予算や目的に合わせてSEOだけでなく、これらの施策を組み合わせたプランの提案をしてくれます。

URL https://www.dm-s.co.jp/
契約プラン・料金
  • 月額30万円~
  • 制作実装支援を希望する場合は要見積り
実績 BtoB、BtoC、輸入・販売、IT関連、人材、広告・出版・メディアなど

株式会社PLAN-B

alt_text

引用元:株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-Bは、SEOをはじめ、インターネット広告・Webサイト構築・インフルエンサーマーケティングなど、Webマーケティングに必要な施策を提供しているマーケティングカンパニーです。

SEO対策における累計取引社数が約5,200社と、国内最大級の実績の中で培った実力が強みの企業で、PLAN-Bが自社で運営する「PINTO!」というオウンドメディアでは、競争の激しい「SEO」に関する数多くのキーワードで上位表示を獲得しています。
その他にも毎月のSEO動向レポートなど、技術力にも信頼を置ける会社です。

PLAN-Bでは「わかる」から「できる」ようになる、SEO対策支援ツール、「SEARCH WRITE」も提供。

施策の考案からコンテンツの制作、施策の管理、成果計測まで自社でSEO対策を完結させられる機能が実装されています。

2022年6月4日時点では月額5万円のプランと15万円のプランがあるようです。

URL https://www.plan-b.co.jp/
契約プラン・料金 月額40万円~
実績 BtoB・BtoC問わず、SEO実績は国内最大級(ECサイト、ポータルサイト、サービスサイト、記事メディアなど)

株式会社ウィルゲート

alt_text

引用元:株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートでは、2006年の会社設立から培ったノウハウを活かしたSEO対策支援を提供。

2,900社以上、約3万サイトの分析データとコンサルティング経験をもとに、SEO研究チームが検索アルゴリズムや施策の分析しており、CVR最大化のための最適なプランを提案してくれます。

また、外部に専属のコンテンツ制作チームを構築する「EDITORU」や記事制作が依頼できる「サグーワークス」、SEO分析ツールの「TACT SEO」などでも高い評価を得ています。

URL https://www.willgate.co.jp/
契約プラン・料金 要確認
実績 IT関連、書籍・出版、EC、旅行、ウェディング、ガーデニングなど

株式会社ジオコード

alt_text

引用元:株式会社ジオコード

4,200サイト以上のSEO対策を行ってきた豊富な実績を持つ株式会社ジオコード。

これまでに検索結果5位以内に表示させたキーワードは4,100個以上と、実力のあるSEO対策会社です。教育・人材や冠婚葬祭、医療・福祉・介護など、さまざまな業種をカバー。各業種でも功績を挙げています。

内部対策に長けている会社で、UI・UX改善のコンサルティングから内部修正指示書の作成、希望があれば実装の対応も行います。

URL https://www.geo-code.co.jp/
契約プラン・料金 内部修正指示書の制作、MEO対策など:月額3万円~

SEOコンサル:月額20万円~

実績 コンサルティング・経営、不動産・建築、印刷、娯楽、美容・ファッション、教育・人材、冠婚葬祭、医療・福祉・介護など

株式会社グランネット

alt_text

引用元:株式会社グランネット

株式会社グランネットでは、コンバージョン計測ツールであるCANALYを独自開発。多方面からサイトの問題を洗い出し、Googleが提唱するユーザーファーストかつ、ガイドラインに沿ったSEOを意識した優良サイトの構築を得意としています。

対策開始前にはクライアントサイトの内部・外部対策状況と競合他社の調査を行い、必要な対策を総合的に判断・提案してくれます。

実績は公開されていませんが、主な取引先としてグーグル合同会社や、ヤフー株式会社などの大手企業の名前が挙がっていることから、信頼できる会社だと言えるでしょう。

自社サイトに必要なSEO対策がわかる「無料サイト診断」も実施しているので、本契約前にお試ししてみるのも良いでしょう。

URL https://grannet.co.jp/
契約プラン・料金 要確認
実績

アウンコンサルティング株式会社

alt_text

引用元:アウンコンサルティング株式会社

アウンコンサルティング株式会社では「海外向け」のSEO対策サービスを提供しています。

2008年にタイに現地法人を設立。その後もフィリピンやベトナムなど、数カ国に法人を設立しており、海外に拠点があるからこそ得られるネイティブリソースを活用したSEO対策を武器にしています。

1999年に日本でSEO事業をスタートさせてから、全世界48カ国、2,000社以上で、SEOや広告運用といったSEMでも成果を上げている国際実力派です。

URL https://www.auncon.co.jp/
料金 要確認
実績 不動産、航空、IT関連、官公庁、自治体など
対応可能国 中国、韓国、台湾、香港、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、イギリス、

フランス、ドイツ、イタリア

アイオイクス株式会社

alt_text

引用元:アイオイクス株式会社

アイオイクス株式会社は、取引実績1,000以上、SEOにおける設計・改善に強いWebコンサルティング会社です。

日本ではじめてSEO情報サイトを開設。国内のSEO普及に貢献した実績があります。

独自クローラーによるサイト分析やGoogleボットの生ログ解析など、細やかなWeb分析と、長年SEOに携わってきたことで培われたノウハウを活かしてクライアントサイトの改善策を提案。

月間300~400件の問い合わせを発生させたり、検索流入数を260%増加させたりといった実績を持ちます。

URL https://www.seojapan.com/
契約プラン・料金 月額40万円~ ※相談可能
実績 EC、金融、人材など

株式会社センタード

alt_text

引用元:株式会社センタード

株式会社センタードでは、SEOはもちろん、Webサイト制作なども請け負っているため、Web関連の困りごとを一気通貫で改善が図れます。

広告運用やSNS運用代行も行っているため、SEO以外の選択も可能。現状分析から見えてくる最適な改善案を提案してくれます。

SEOでは、キーワード選定から記事制作、内部対策、サイト構造の整理を実施。コンテンツマーケティングとの掛け合わせで効果を倍増させます。

URL https://www.centered.co.jp/
契約プラン・料金
  • ショット型(キーワード選定・内部対策):月額30万円~
  • 月次継続型(関連性・信頼性の向上):月額20万円~
実績 サービス、不動産・建築、教育、美容、電気、資源、人材関連、コンサルティング、IT関連、生活関連など

株式会社アダムテクノロジーズ

alt_text

引用元:株式会社アダムテクノロジーズ

株式会社アダムテクノロジーズでは、15年以上Googleのアルゴリズムに向き合い、研究してきた業界トップクラスのSEO技術者が行うSEO診断が売りの会社です。

2020年に開始された同サービスですが、すでに500社以上を診断。上位表示率は85%と高い実績を誇ります。

診断する項目は70以上にも上り、110ページに渡る診断結果を出してくれます。

細かく分析を行い、それに見合った対策方法の提案を行います。また、診断はスポットでの提供となりますが、3ヵ月からの契約でSEOコンサルを受けることも可能です。

URL https://adam-technologies.jp/
契約プラン・料金
  • SEOコンサル:月額30万円~
  • SEO診断:月額10万円
実績 人材、観光、メディア、IT、アパレルなど

株式会社フルスピード

alt_text

引用元:株式会社フルスピード

20年以上のSEO支援実績がある株式会社フルスピード。

全世界60万人が導入するSEO分析ツールAhrefsのオフィシャルパートナーでもある同社では、Ahrefsを活用した確度の高いSEOコンサルを実施しています。

SEOだけでなく、広告運用や記事制作、SNS運用などにも対応しており、課題に対して豊富なソリューションを提供できます。

URL https://www.fullspeed.co.jp/
契約プラン・料金 要確認
実績

株式会社アイレップ

alt_text

引用元:株式会社アイレップ

株式会社アイレップは博報堂のグループ会社で、博報堂の広告事業におけるクライアントのSEM(検索エンジンマーケティング)を担当。またSEO歴20年以上と長く、豊富な実績を有しています。

アイレップではSEOで抱えがちな問題を「キーワード」「コンテンツ」「ユーザー体験」「テクノロジー」の4つに分類。

デジタルマーケティング全般を対象に事業を行っているため、SEOの観点を超えた改善策の提案が可能です。

また、徹底したデータ主義による高いパフォーマンスを実感できるでしょう。

URL https://www.irep.co.jp/
契約プラン・料金 要確認
実績

アユダンテ株式会社

alt_text

引用元:アユダンテ株式会社

アユダンテ株式会社は、SEOをはじめ、Googleアナリティクスの導入支援やタグマネージャーなどのコンサルティング事業をメインに展開している会社です。

大規模サイトを対象にしているようで、コンサルティングではサイトのリニューアルを推奨。

リニューアルを行う場合は、実績豊富な専任コンサルタントが一貫して担当。

技術面では、こちらもリニューアル経験が豊富なエンジニアが、サポートしてくれます。

URL https://ayudante.jp/
契約プラン・料金
  • SEOコンサルティング:300万円~
  • サイト診断:80万円~
  • SEOセミナー:50万円~
  • コンテンツマーケティング:160万~
実績 動画配信、航空、EC、レジャーなど

株式会社Faber Company

alt_text

引用元:株式会社Faber Company

株式会社Faber CompanyではSEO対策を「上位表示」で終わらせるのではなく、「集客」「売上アップ」ができる施策を提供です。

不動産販売やアクセサリー販売会社などを傘下におき、独自のSEO施策を実施して、データを収集。

自社サイトの実践に裏打ちされた施策を提案してくれるので、説得力があるのが特徴です。

またFaber Companyのなかの人が運営している海外SEOブログは、多くのSEO担当者が参考にするほど信頼性の高いブログです。

企業の新人SEO担当者への教材として勧められていることから、ヒアリング時にもSEOについてわかりやすく説明してくれるでしょう。

URL https://www.fabercompany.co.jp/
契約プラン
料金 月額10~20万円、または個別見積り
実績 大手をはじめ多くの企業にSEOツールの導入・成果を上げている

SEO会社に依頼する前にやっておくこと

SEO会社に依頼する前には以下をおこなうようにしましょう。

  • SEOの基礎知識を身に付ける
  • 自社サイトの課題を洗い出す
  • 改善したい課題を明確にする

以上の準備を行っておくことで、良質なSEO会社の選択(または悪質なSEO会社の見極め)や、外注コストの節約につながります。

それでは、それぞれの準備について詳しく見ていきましょう。

SEOの基礎知識を身に付ける

SEO対策を提供する会社のなかには、悪質な会社も紛れ込んでいます。

そうした会社は依頼側にSEOの知識がないのを良いことにそれっぽい施策を行い、費用を請求します。

こうした会社にだまされないためにも、依頼する側もSEOに関する最低限の知識を持っておく必要があります。

SEOの基礎知識を付けるには、たとえば以下のようなサイトを読み込むと良いでしょう。

  • Google検索セントラルを参考にする
  • 検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)の内容を理解する

SEO関連の本も多く出版されていますが、1年と言わず流れが大きく変わるSEO市場において、本での勉強は不向きと言えます。

ただし、基本的な概念を理解するためであれば、書籍での勉強もおすすめできます。

Google検索セントラルを参考にする

Google検索セントラルはGoogle公式の日本語サイトで、SEO対策に関する様々なリソースが集められています。

公式サイトだと敷居が高く感じられるかもしれませんが、「初心者向け」「上級者向け」のように利用者のレベルに分けて解説されているため、「そもそもSEOとは何か」が理解できていない人にもおすすめのサイトです。

また、Google検索セントラルにはGoogleのシステムに関する知識だけでなく、「サイトを上位表示させるための対策方法」にまで触れてくれています。

そのため、SEO会社が提案する施策の良し悪しを判断するためにも目を通しておきたいサイトだと言えるでしょう。

検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)の内容を理解する

検索品質評価ガイドライン(General Guideline)は、Google外部の評価者がサイトの品質を評価する際に用いるガイドラインです。つまり、「Googleがどのようなサイトを高く評価するか」の考え方が記載されたサイトだと言えます。基本的にSEO対策会社はこのガイドラインの内容を押さえているはずです。もしSEO対策会社からガイドラインに反する提案をされた場合に、その提案に乗ってしまわないためにも、一読しておくと良いでしょう。

SEO関連の本で学ぶ

SEO関連の本では、SEOの基本的な考え方などを体系的・効率的に学ぶことができます。

実績のある企業や著者の本ならば、成功事例に裏づけられた内容であり、扱う情報も検索品質評価ガイドラインなどの一次情報に基づいているため、信頼のおける情報源と言えるでしょう。

ただし、SEOの対策方法は内部対策・外部対策・コンテンツ対策に分かれているため、目的に応じた本を選ぶ必要があります。SEOの勉強におすすめの本については、コチラの記事で紹介しているので合わせてご確認ください。

自社サイトのSEO課題を洗い出す

先述のとおりSEO会社ではサイトの現状分析をサービスとして行っていますが、SEO対策のすべてを丸投げすると費用がかさんでしまうため、依頼する前に自社サイトの課題を洗い出しておくことをおすすめします。

サイト分析を自社で行えば、SEOの勉強も並行して行えるので一石二鳥でしょう。

とはいえ、自社リソースに余裕が無い場合や分析に割く時間が無い場合は、分析から外注するのも選択肢として考えてもよいでしょう。

改善したいSEO課題を明確にする

自社サイトの分析によって浮き彫りになった課題を一気に解決しようとすると、莫大な費用がかかることは予想ができるでしょう。

そのため、改善する課題を明確にして、優先度を付けておく必要があります。

まずは洗い出した課題の細分化を行い、そのうえで高い費用対効果が望める課題から優先的に依頼を検討します。

また、緊急度が高い課題においても優先度を上げておきましょう。解決課題の絞り込みを行うことで、外注コストを最小限に抑えられます。

悪質なSEO業者を見分けるポイント

世の中には数多くのSEO対策会社がありますが、そのなかには悪質な会社が存在するのも事実です。

効果のない施策を適当に行い、相場もしくは相場以上の費用を請求してくるため、騙されないように依頼先の選定は慎重に行う必要があります。

悪質なSEO業者を見分けるポイントは次の通りです。

  • 会社規模に比べて営業部隊が多い
  • 検索上位表示を約束する
  • 膨大な数の記事コンテンツの追加を提案してくる

会社によっては売上を立てるために営業に比重を置くばかりで、SEOの専門性に関しては疑問が残る会社もあります。

また、「上位表示の確約」を謳っていたり、何の根拠もなく記事コンテンツの追加を執拗に提案したりするSEO対策会社にも注意が必要です。

会社規模に比べて営業部隊が多い

会社規模に対して営業部隊の比率が大きい場合、実際の対策を行う体制が貧弱であったり、外部リソースを大量に使用したりしている可能性があります。

外注自体は問題ありませんが、なかには品質度外視の、ただコンテンツを大量に納品するためだけに外部リソースを利用するSEO会社もあるため注意が必要です。

質の良いコンテンツを納品してくれるかどうかは、SEO会社内にSEOの有識者・権威者が在籍しているどうかでも判断できます。

また、会社によってはHPに該当の社員を紹介していることもあるので、確認してみると良いでしょう。

検索上位表示を約束する

Googleのアルゴリズムと呼ばれる検索順位を決定する要因は200以上あり、そのほとんどが公開されていません。

つまりランキングがどのように決まるかは、いわばブラックボックス状態なのです。外部の人間はもちろん、グーグル内部の人でもそのランク付けの基準は知り得ません。

したがってSEO会社の実績から算出された「検索上位表示率」は参考になっても、「検索上位表示の確約」などの謳い文句は信用に値しません。

このような断定的表現を多用する場合は、悪質なSEO会社である可能性が高いと覚えておきましょう。

膨大な数の記事コンテンツの追加を提案してくる

自社サイト内に公開されている記事コンテンツが少ない場合は、コンテンツの追加によりSEOの効果も期待できます。

しかし、すでに数百以上のコンテンツが存在しているのに、大量のコンテンツ追加を提案してくる場合は注意が必要です。

なぜなら、既存記事のリライトによって検索順位上昇を狙う方法もあるためです。

ただし、既存コンテンツが全くニーズに沿っていないなど、コンテンツのフルリニューアルが必要になるケースもあります。

そのため、記事コンテンツの追加を提案してくる場合は、「なぜそうすべきなのか」理由を聞いてみると良いでしょう。

納得のいく根拠を明示できない場合は、悪質なSEO会社である可能性が高いため注意が必要です。

SEO対策会社を選ぶ際の注意点

SEO対策会社を選ぶ際の注意点としては、以下のようなポイントがあります。

  • 複数の会社から見積もりを取る

業者選びの基本ですが、複数社から見積りをとり、比較検討を行いましょう。

ポイントは価格で決めてしまわないこと。

サービス内容にもしっかりと目を通し、コスパの良い業者を選定しましょう。

  • 契約内容、期間を確認する

SEO対策は施策を実施してから3~6ヵ月程度で効果が出はじめると言われています。

そのため、契約期間もおおよそこのくらいが一般的です。

ただし、サービス内容によっては単発の場合もあります。

また反対に1年以上かけてコンサルを行う場合もあるので、サービス内容に対して期間が合っているかどうかも確認しておきましょう。

  • SEO対策会社に丸投げしてしまわない

知識がないからといってSEO対策会社に丸投げしてしまうと、不利な提案をされることもあります。

そのため、先に紹介した方法でSEOについて知識を深め、自社からも意見できるようにしておきましょう。

まとめ

良いSEO会社を選ぶためには、その会社の専門性(テクニカルSEOに強い、コンテンツSEOに強い、記事ライティングに強いなど)や実績の確認が必須です。

また、SEO対策会社のなかには悪質な業者もあります。

信頼しても良いかどうかを見極めるためにも、事前にSEOの基礎知識をつけたり、自社サイトの課題の洗い出しをある程度自分たちで行ったりしておくと良いでしょう。

また、このような事前準備は結果として外注コストの削減にもつながるため、ぜひ時間を割くようにしましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。