SEO/SEM

【最新版】キーワードプランナーの使い方を解説|導入方法やSEO対策に有効な使い方、便利機能も紹介

【最新版】キーワードプランナーの使い方を解説|導入方法やSEO対策に有効な使い方、便利機能も紹介
SEO対策を施したサイトを運営する際、キーワードの月間検索ボリュームや関連キーワードは欠かせないものです。これらを用いてコンテンツ作成を行うため、できるだけ効率的に調査したいものです。そこで活用できるのが「キーワードプランナー」です。

本記事では、キーワードプランナーの導入方法や、基本的な使い方や便利機能、情報の活かし方を解説します。

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、Google広告の配信に使うキーワードについて調査できる無料ツールです。
広告配信向けではありますがSEO対策にも十分に役立ちます。

キーワードプランナーの主な機能は、メインキーワードと関連するキーワードや検索ボリュームの確認です。
SEO対策におけるキーワード選定はサイトの方向性を決定づける重要な施策なので、SEO目的で利用するユーザーも多数います。

ただし、キーワードプランナーを利用する際に留意しておく点があります。2016年以前は完全無料で利用できましたが、現在はGoogle広告を配信しない、つまり無料で利用すると検索ボリュームが大雑把な数値でしか表示されない仕様になっています。正確な数値を把握したい場合は、実際に広告配信するか、「aramakijake.jp」「Ubersuggest」を活用するとよいでしょう。

画像の説明

キーワードプランナーの導入方法

キーワードプランナーを使うには、Google広告のアカウント作成が必要です。導入の大まかな流れは以下の通りです。

  • Google広告にアクセス
  • Google広告に関する情報を入力
  • Google広告の配信キャンセル(無料で利用するための対応)

SEO目的で利用したい場合は、必ずしも正確な情報を入力する必要はありません。また、Google広告運用を目的とするユーザーであれば、「③Google広告の配信キャンセル」は必要ありません。

STEP1 Google広告」アクセスして「キーワードプランナーに移動」をクリック
画像の説明

STEP2 Googleアカウントを持っていない場合は、Googleアカウントの登録を別途行う必要があります。以下の設定画面が表示されるので手順に従って登録手続きを行いましょう。
画像の説明

STEP3 「広告の主な目標」選択
広告配信しない場合でも設定は必要です。任意で構いませんので一つ項目を選びましょう。
画像の説明

STEP4 お店やサービスの名前を入力

Webサイトやブログなどの名前を入力します。
画像の説明

STEP5 広告をクリック後に遷移するページのURLを指定
画像の説明
WebサイトやブログのURLを入力しましょう。

STEP6 広告配信先(モバイルかパソコン)を指定
画像の説明
広告配信目的ではない場合は、任意で選択します。

STEP7 広告内容(見出しや説明文)を入力
画像の説明
実際に広告配信する場合はきちんと入力する必要がありますが、SEO目的であれば任意の情報を入力します。
次に「広告に通話ボタンを表示」にチェックを入れます。

STEP8 広告が表示される検索ワードを指定

画像の説明
広告配信しない場合は、任意で設定します。

画像の説明

STEP9 広告が適用される地域を指定
画像の説明
広告配信目的でなければ、任意の地域を設定します。ここでは「日本」で設定しておくとよいでしょう。

STEP10 広告予算を設定
画像の説明

広告配信の予算を設定します。無料かつSEO目的で利用する場合は、最低限の予算に設定しておきます。もし広告が配信されてしまっても出費のリスクを最小限に抑えられます。

その後、ここまでの設定内容を確認する画面が表示されます。確認ができたら「次へ」をクリックします。

STEP11 支払い情報の入力
画像の説明

お客様情報の「アカウントの種類」は「組織」と「個人」の2通りで選択可能です。該当する項目を選びましょう。
その他、「名前と住所」「お支払い方法(クレジットカード情報)」の入力後、「Google広告の利用規約に同意します」にチェックを入れて「送信」をクリックします。

「すべての設定が完了しました」が表示されたら、キーワードプランナーを導入するための設定は終了です。以降の設定では、広告配信を停止させる手順になります。

【広告配信停止の設定手順】

  • 「すべての設定が完了しました」の画面にある「キャンペーンを確認」のボタンをクリック
  • 「コンバージョン トラッキングを設定して、広告の掲載結果を明確に把握しましょう」の画面で「今回はスキップ」をクリック
  • Google広告の設定画面上部にある「有効」ボタンをクリックして「キャンペーンの一時停止」をクリック

なお、Google広告のアカウント設定をした直後は、画面がスマートモードと呼ばれる簡易版で表示されています。キーワードプランナーはエキスパートモードという設定にしないと利用できないため切替え作業が必要です。

【エキスパートモードの切り替え手順】

  • 広告の配信を停止した画面右上にある「設定」ボタン(スパナのアイコン)をクリックして「エキスパートモード」を選択
  • 画面が切り替わると「エキスパートモードに切り替える」のボタンがあるダイアログが表示されるので、クリック
  • 「ツールと設定」をクリックして、「キーワードプランナー」を選択

画像の説明
以上をもって無料でキーワードプランナーが使える状態まで設定できました。

キーワードプランナーの使い方

画像の説明

Googleキーワードプランナーをエキスパートモードに切り替えた後のトップ画面は上図になります。

トップ画面では「新しいキーワードをみつける」と「検索のボリュームと予測のデータを確認する」のボタンがあり、SEO施策に適したキーワードを違った角度から詳しく調査できます。それぞれの特徴は以下の通りです。

「新しいキーワードを見つける」の特徴

  • 調べたいキーワードに関連するキーワード候補を確認できる
  • 検索ボリュームや競合性、入札価格が確認できる
  • 単語・フレーズ・URLで検索できる

※関連キーワードの取得により、サイトを充実させるための新たなキーワードを見つけられる
※関連キーワードの傾向で検索ニーズを把握できる
※URLの入力で競合サイトのキーワードを確認できる

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の特徴

  • 複数ある選定キーワードの検索ボリュームをまとめて確認できる
  • 広告配信時の予測データ(クリック数・表示回数・費用・クリック率、平均クリック単価など)を確認できる

※気づけなかった意外性のあるキーワード(お宝キーワード)を見つけられることもある
※競合性、入札単価を参考に競合の強さを判断する参考にできる

「新しいキーワードを見つける」の使い方

画像の説明

「新しいキーワードを見つける」では「キーワードから開始」と「ウェブサイトから開始」の2通りの調査方法があり、
検索結果では以下のように表示されます。

画像の説明
それぞれの項目の特徴は以下の通りです。

指標           特徴
キーワード候補      検索キーワードに関連するキーワード一覧
月間平均検索ボリューム  過去1ヶ月間で検索された平均回数
競合性          競合の程度を「高・中・低」3段階で表示
キーワード単価      ページ上部に表示した広告単価の実績(低単価と高単価)

キーワードから開始

画像の説明

「キーワードから開始」では、最大10個の単語やフレーズが検索できます。キーワードはビジネスに関係した上位表示を狙いたいキーワードを入力しましょう。

ビジネスの軸となる単語(「英会話スクール」「カフェ」など)やビジネスを想起させるようなフレーズ(「食事の宅配」「皮のブーツ」など)です。

検索結果では入力キーワードに関連するキーワードの一覧が表示されます。

画面右側に「不要なキーワードを除外」できるチェックボックスがあり、表示内容を絞ることができます。目的に合わせて適宜利用するとよいでしょう。
画像の説明

ウェブサイトから開始

画像の説明
「ウェブサイトから開始」では、特定のURLを入力します。競合サイトのSEOキーワードや検索ボリュームチェックに活用できます。URLのサイト全体を対象とするのか、ページのみを対象とするのかを指定することもできます。

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の使い方

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」 では、選定済みのキーワード候補の検索ボリュームを複数チェックしたい場合に便利です。

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」 をクリックするとキーワードを入力する画面が表示されます。

検索したいキーワードが少なければ手入力でもよいですが、複数ある場合はエクセルなど別のところでまとめたキーワードをコピー&ペーストしたり、ファイルをダウンロードしたりすることも可能です。
画像の説明

検索結果画面はそれぞれのキーワードの月間平均検索ボリュームや競合性などがわかります。
画像の説明

また、画面左側のメニューバーにある「予測」を選択すると、広告配信した際のクリック数や表示回数、費用など予測データが見られます。
画像の説明

キーワードプランナーの便利な機能

キーワードプランナーには以下のような便利な機能があります。

  • キーワード情報のダウンロード
  • 「地域」「言語」「検索ネットワーク」「期間」の変更
  • フィルタ追加
  • 表示項目の変更
  • デバイスや地域ごとの内訳の把握

キーワードプランナーはSEO施策であるキーワード選定に活用できるツールですが、さらに利便性を高めた使い方ができるため、積極的に活用しましょう。

キーワード情報のダウンロード

画像の説明
「キーワード情報をダウンロード」をクリックするとCSVファイル、もしくはGoogleスプレッドシートで取得したキーワード情報のリストをダウンロードできます。リストを保存しておくとキーワードプランナーを開かなくてもキーワード選定を検討することができます。

「地域」「言語」「期間」の変更

画像の説明

検索結果画面の上部にあるボタンより「地域」「言語」「検索ネットワーク」「期間」の設定を変更できます。
画像の説明

【地域】

検索結果画面の上部にある「日本」の部分をクリックすると地域を設定する画面が表示されます。地域設定では国だけでなく都市単位で指定できます。特定の地域に特化させた情報を取得したい場合に有効活用できるでしょう。
画像の説明

【言語】

英語や中国語など日本語以外の言語に変更することも可能です。特定の言語に特化させた情報を取得したい場合に使える機能です。
画像の説明
画像の説明

【検索ネットワーク】

画像の説明
検索ネットワークをクリックすると「Google」か「Googleと検索パートナー」のどちらかを指定できます。検索パートナーとはGoogle以外のサイト(YouTube等)のことです。Google以外のサイトもチェックしたい場合に選択します。
画像の説明

【期間】

「カレンダー機能」が搭載されているため、期間を絞って検索できます。季節や時期が限定される検索キーワードで活用すると検索傾向を把握するのに役立つでしょう。検索期間は過去5年分です。

画像の説明

表示項目の変更

画像の説明
画像の説明
表示項目の設定を変更することで必要な情報だけに絞って表示させられます。該当する項目にチェックマークを付けるだけで表示結果を絞ることができます。

なお、設定条件は「表示項目の設定を保存」にチェックして「適用」をクリックすると保存できます。

デバイスや地域ごとの内訳の把握

画像の説明

ユーザーによって利用するデバイス(モバイル・タブレット・パソコン)が異なるため、それぞれ個別の情報を確認することができます。また、地域ごとの特性も確認できます。たとえばスマートフォンユーザー向けのキーワードであれば、スマートフォンのUIやコンテンツの見せ方など対策の必要性が見えてくるでしょう。

キーワードプランナーをSEOに活用するポイント

キーワードプランナーをSEO対策に活用すると、効果的なキーワード選定や検索ニーズを把握に役立ちます。検索上位表示を狙えるキーワード選びがSEO対策上重要となるため、正しく利用することが大切です。

キーワードの特徴として検索ボリュームが多いほど検索されやすく、また競合性が高くなります。そのため上位表示の難易度も上がります。

キーワード選定のポイントは検索ボリュームの大きさだけを注視せず、検索ニーズや競合サイトの状況を考慮した上で「勝てるキーワード」を選び抜くことが重要です。

感覚的にキーワード選定するのではなく、事実データを駆使して取捨選択することを念頭におきましょう。

なお、SEOに効果的なキーワード選定の方法や上位表示で有効策となるロングテールキーワードを利用した「ロングテール戦略」については以下の記事をご覧ください。

まとめ

キーワードプランナーはGoogleが提供するツールであるため、SEO対策には欠かせないツールの一つです。

もともとは広告配信向けのツールですがSEO対策にも十分に利用できるため、利用ユーザーも多数います。まだ使ったことのない方やこれからSEO対策を始める方にはぜひ活用していただきたいです。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。