SEO/SEM

404エラー(not found)とは?よくある原因と解決方法を解説

404エラー(not found)とは?よくある原因と解決方法を解説
WEBページには、「404 not found」というエラーコードが存在します。ユーザビリティの高いサイトを作るためには、この404エラーの意味や役割を知るとともに、主な原因と対策を知っておくとよいです。

そこで、本記事では「404エラーの意味」「404エラーが起こる原因」「404エラーの解決方法」「404エラーとSEOの関係性」について、それぞれご紹介します。

404エラーについて網羅的に解説しますので、ぜひサイト運営の参考にしてください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

404エラー(not found)とは?

404エラー(not found)とは、指定されたページが存在しない場合のエラーコードです。

WEB上のページには、すべてHTTPステータスコードが存在しています。HTTPステータスコードはブラウザがサーバーにアクセスしたときに返されるコードで、これによりページにアクセスできるようになります。

ところが、指定されたページが存在しないなどの場合には404エラーコードが返され、アクセスしたユーザーには404エラーページが表示されるようになっているのです。

404エラーが起こる原因についてよくある3つのパターン

404エラーが起こってしまう原因としては、主に以下の3つが考えられます。

  • URLのスペルミス
  • 既存コンテンツの削除
  • リダイレクト設定の不備

404エラーに対処するには、まずは原因を特定する必要があります。原因となるパターンを知り、スムーズに対処できるようにしておきましょう。

1.URLのスペルミス

最も単純な原因として、URLのスペルが間違っている場合があります。

URLとはWEB上における位置情報で、簡単に言えば住所のようなものです。そのため、URLのスペルが1文字でも間違っているとページを特定することができず、404エラーとなります。

とてもシンプルですが、それだけに最も多いミスだと言えます。URLを記述する際はできるだけ慎重に書き、間違いがないように注意しましょう。

2.既存コンテンツを削除した場合

続いて、リンク先の既存コンテンツを削除または非公開にした場合が考えられます。

URLを正しく書き込んでいても、そもそもリンク先のページが削除されているとページにアクセスすることができず、404エラーが表示されます。また、ページが非公開に設定されている場合も同じです。このような場合を、「リンク切れ」と言います。

これは、特に古いページなどで起こりやすいエラーです。そのため、最終更新日から日数が経過しているような場合には注意が必要です。リンク切れになっていないか、定期的にチェックしましょう。

リンク切れについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
リンク切れ(デッドリンク)とは?よくある原因と対処方法を解説

3.リダイレクト設定ができていない

最後に、新しいUPLへ移行した際のリダイレクト設定がしっかりできていないことも考えられます。

ドメイン移管やhttps化などによってURLが変わってしまった場合、古いほうのURLにアクセスしてもページは表示できません。

これを防ぐのが、リダイレクト設定です。古いページに301リダイレクト設定をすることで、旧ページへアクセスしても自動的に新しいページへ移動させることができます。

この設定が正しく行われていない場合にも、404エラーが出てしまうのです。

リダイレクトについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
リダイレクトとは?種類や設定方法、警告の対処法を解説

404エラーの解決方法を解説

404エラーを解決するためには、まずはサーチコンソールを使って問題のURLを特定し、それぞれの原因に応じた対処が必要になります。

サーチコンソールの使い方と具体的な解決方法を理解し、404エラーに対処できるようにしておきましょう。

1.サーチコンソールを確認する

リンク先をひとつずつ確認する方法もありますが、煩雑で時間がかかります。そこで、サーチコンソール(Google Search Console)というGoogleの公式ツールを使う方法が一般的です。

サーチコンソールとは、Googleが提供している無料のツールです。404エラーだけでなく、自サイトの状態を一括して確認できるので、いろいろな場面でサイト運営に役立ちます。

サーチコンソール内の「クロールエラー」の項目から、エラー元が一覧で確認できます。その中から、エラーコードが404のURLを確認しましょう。

さらに、ここで該当するURLへのアクセス数も同時に確認できます。アクセスの多い人気のページである場合は、早急に問題を解決したほうがよいです。

このとき、心当たりのないURLについては、放置しておいても問題ありません。簡単に点検できるので、404エラーをそのままにしてしまわないように、サーチコンソールはこまめに確認しましょう。

Googleサーチコンソールについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
Googleサーチコンソールの使い方(登録・設定方法も解説
GoogleサーチコンソールのURL検査ツールについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
Googleサーチコンソールとアナリティクスの違いとは?連携するメリットや連携方法も解説

2.スペルミスの修正をする

サーチコンソールで無効なリンク元を確認したら、それが内部リンクか外部リンクかによって対処が変わります。

まず、無効なリンクが内部リンク(自サイト内へのリンク)の場合は、自分でリンク元を編集しましょう。原因がスペルミスの場合は正しいURLに修正します。

また、リンク先のコンテンツを削除していた場合には、代替ページがあればそちらのリンクへの変更が必要です。代替ページがない場合は、リンク自体を削除してしまいましょう。

内部リンクについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
内部リンクとは?SEO対策で効果を上げるポイントを解説

3.リダイレクト設定を行う

続いて、無効なリンクが外部リンク(外部サイトからの被リンク)である場合です。

これは外部サイトの問題ですが、外部リンクはSEOとしても非常に重要です。サーチコンソールでアクセス数を確認し、そのリンク元からのアクセスが多い場合には、できれば問題を解決しておきましょう。

外部リンクの場合、自分でスペルミスなどを修正することはできません。そこで、外部サイトの運営者などに連絡をして、修正を依頼する必要が出てきます。可能であれば、連絡して修正をしてもらいたいところです。

一方、リダイレクト設定を行うという解決策もあります。先ほど述べたように、リダイレクト設定は誤ったリンクをクリックした場合にも、正しいリンク先へ移動させるための設定です。該当するページに301リダイレクト設定をすることで、正しいページに導きましょう。

404エラーとSEOの関係性について

404エラーはSEOに直接の影響はありませんが、ユーザビリティのためには解決しておきたい問題です。また、サイトで独自の404エラーページを作っておくことも、ユーザビリティ向上に有効です。

404エラーとSEOの関係性を正しく理解し、ユーザビリティの高いサイト運営に役立てましょう。

SEOについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
SEOとは?8つの基本対策を分かりやすく徹底解説

1.404エラーはSEOに影響しない

結論から言うと、404エラーはSEOに直接的には影響しません。このことは、Googleが公開しているサイト運営者向けのガイドラインでも確認できます。

404エラーは外部サイトの問題である場合も多いです。そのため、404エラーがそのままサイトの評価(検索順位)につながることはないとされています。

ただし、SEOに悪影響はないものの、ユーザーにとっては404エラーがストレスになりえます。SEOがうまくいっていたとしても、ユーザーからの評価が低ければ元も子もありません。

そのため、サイトのユーザビリティを悪くしないために、可能な限り404エラーは避けたほうがよいです。先述の方法で404エラーの確認と修正ができるので、定期的にチェックしておきましょう。

ユーザビリティについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
ユーザビリティとは?アクセシビリティとの違いや参考例を紹介

2.404エラーページは作成しておくべき

こまめに確認を行っていたとしても、404エラーが起こる可能性は0にはなりません。そこで、自サイトで独自の404エラーページをあらかじめ作成しておくことをおすすめします。

404エラーページとは、ユーザーに404エラーであることを伝えるためのページです。

何も設定をしていなくても、デフォルトで設定されている404エラーページが表示されるので、ユーザーに404エラーを伝えることはできます。ところが、デフォルトの404エラーページが表示されると、ユーザーがそのまま自サイトから離れてしまうことが多くなります。

一方、自サイトでオリジナルの404エラーページを作成しておくと、自サイトのグローバルナビや他ページの情報を提供できるので、ユーザーが離脱する可能性を低くできます。また、デザインも自由に整えることができるので、細部までこだわっているという好印象をユーザーに与えられます。

このように、オリジナルの404エラーページを設定することで、サイトのユーザビリティを高めることができるのです。

ただし、ページを作るだけでは通常のコンテンツだと認識されてしまうので、404エラーの場合にのみ表示させることはできません。そこで、作ったページを404エラーページとして設定する必要があります。

設定方法としては、「.htaccess」を使用する方法が一般的です。

具体的には、まず作成したページのファイルをドメインのすぐ下のルートディレクトリに設置します。そして、例えばファイル名を「404.html」で設定した場合は、同じ階層の「.htaccess」内に「ErrorDocument 404 /404.html 」を追記して完了です。

また、WordPressを利用している場合には、作成した「404.php」ファイルをテーマフォルダのすぐ下に設置することで、自動的に404エラーページとして設定できます。ただ、テーマによっては「404.php」ファイルがはじめから存在していることもあるので、確認が必要です。

まとめ

今回は、「404エラー」について解説してきました。

404エラーはSEOに影響しませんが、ユーザビリティを考えると解決しておくべきポイントです。404エラーはサーチコンソールで確認できるので、こまめに点検して修正をしましょう。

また、404エラーページには、ユーザーに404エラーを伝えるという重要な役割があります。可能であればオリジナルの404エラーページを設定しておくことで、サイトのユーザビリティを高めることができるのです。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。