SEO/SEM

キーワード選定におすすめのツール7選|無料・有料のおすすめを紹介

キーワード選定におすすめのツール7選|無料・有料のおすすめを紹介
サイトコンテンツやブログを作るときは、SEO対策の観点からもキーワード選定が重要です。記事を書いたあとも、どんなキーワードで流入しているかなどの調査は必須になってきます。

本記事ではおすすめのキーワード選定ツールをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

キーワード選定におすすめのツール7選

サイトやコンテンツ制作をする際、ユーザーはどんなキーワードで検索してきて、どんなことを知りたいのかを把握する必要があります。SEO業界には様々なツールが存在しますが、ツールごとに得意な領域が異なります。

コンテンツSEOに多く導入されているのは、以下の7つのツールです。

  • Googleキーワードプランナー
  • tami-co
  • Ahrefs
  • ラッコキーワード
  • キーワードファインダー
  • Keywordmap
  • Majestic

こちらの7つのキーワード選定ツールのそれぞれの特徴や、どんな人におすすめかなどを詳しく解説します。

Googleキーワードプランナー【Google公式の無料ツール】

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、無料のキーワード選定ツールです。Googleが提供しているツールで、検索ボリュームを取得するツールの多くはこれが元になっています。

非常に優秀で無料の範囲でも十分に使えるツールであり多くの利用者がいますが、詳細なデータを見るためには、ある程度広告費の使用が必要になります。Googleキーワードプランナーでは検索ボリュームや競合性もわかるので、SEOに活用したい人や、Google広告を使う人におすすめのツールです。

また、ライバルの競合度やCPCなどもわかるので、広告出稿時のキーワードリサーチに向いています。

しかし、「1000~1万」のようなザックリとした数値しかわからないため、詳細なボリュームを知りたい場合には不向きです。

tami-co【Bertを導入した有料ツール】

tami-co

tami-coは、有料のキーワード選定ツールです。GoogleのJacob Devlinらの論文で発表された自然言語処理モデルであるBertを導入しています。

対策が必要なキーワードや共起語を抽出できるだけでなく、潜在ニーズや顕在ニーズ、検索結果の分析などが可能です。競合の傾向を分析する機能がメインであるため、コンテンツにオリジナリティを出したい場合には向いていません。

tami-coは、大量の記事を作成する際に活リサーチ時間の短縮をしたい人におすすめのツールです。

Ahrefs【有料ツールで最も人気】

Ahrefs

Ahrefsは有料のキーワード選定ツールで、競合サイトの流入キーワードや、披リンクなどの分析が得意です。披リンク分析精度は、主要な披リンク分析サービスのmoz、Majesticと比較して最も高いと評価されています。

有効なリンクを多く検知しますが、リンク検知数自体は少なく、一部の低品質披リンクは表示されないため、リンクの深堀りには向いていないことがデメリットです。

競合のキーワードと被リンクが分析できる機能は、ホワイトハットからブラックハットSEOまで様々なシーンで役立つため、Ahrefsは特にコンテンツSEOにおいておすすめできるツールです。

ラッコキーワード【無料ツールで一番多機能】

ラッコキーワード

ラッコキーワードは無料で使えるキーワード選定ツールですが、月々440円を支払うことで使える機能が増えます。無料の範囲でも、サジェストや周辺語や連想語を調べる際に活用できるツールです。

競合サイトの見出し抽出や共起語も取得できるため、ユーザーにとって需要のあるキーワードを知るためにはとても役立ちます。特に新規記事のキーワード選定に向いていて、サジェストやボリュームを効率的に拾えるため、コンテンツを増やすためのヒント探しには最適です。

しかし、一般的にサジェストに表示されるようなキーワードには競合が多く存在するため、ライバル不在のキーワードを探す目的には適していません。

ラッコキーワードは無料の範囲でも使える機能が多いので、安く済ませたい人におすすめのツールだと言えます。

キーワードファインダー【キーワード取得から順位計測まで可能】

キーワードファインダー

キーワードファインダーは有料のキーワード選定ツールです。CVキーワードの発見から、キーワードマップ、おすすめキーワード取得、競合調査、SEOスコア解析など幅広い分析が可能です。

ページごとのおすすめキーワードや、現在順位、月間検索数、SEO難易度などが把握しやすいため、記事単位でのリライトに便利です。記事ごとのリライトやチューニングに役立つ情報が多く、コンテンツの改善時にとても役に立ちます。

キーワードファインダーはキーワードを中心とするツールなので、競合分析時のドメインパワーなどを把握するのには向いていませんが、SEO対策を一括で管理したい人にはおすすめのツールです。

Keywordmap【共起語分析から記事の網羅チェックまで】

Keywordmap

Keywordmapは無料のキーワード選定ツールです。サジェストキーワードをマインドマップ形式で把握することが可能です。サイト設計や、各コンテンツ設計時など、キーワードのグルーピングをしたいときに役立ちます。

キーワードのグルーピングやサジェストを視覚的にみることができるので、記事数のボリュームを考えるときに便利です。しかし、サジェスト中心で考えるとライバルと記事構成が重複しやすく、オリジナリティを出しづらくなってしまうので注意が必要です。

キーワードを全体的に見通したい人や、重複コンテンツを防ぎたい人にはおすすめのツールだと言えます。

Majestic【Ahrefsと似た機能で値段が安い】

Majestic

Majesticは有料のキーワード選定ツールです。競合披リンク分析サイトの最大手の一つで、SEOmoz、ahrefsとならび世界的に使用者が多いです。

披リンク検知数は非常に多いですが、その影響でリンクの精査に時間がかかってしまうことが難点です。また、逆に披リンク数が多いために、有効な披リンクの洗い出しには向いていません。

Majesticは、他の披リンク分析ツールでは出てこない披リンクも出てくるため、狭く深く分析したい人におすすめのツールです。

まとめ

今回紹介したキーワード選定ツールは、それぞれ使用目的が異なります。たとえば月間検索数やCPCなどのデータが分かるもの、記事構成作成時のキーワードの洗い出しに最適なもの、競合サイトの流入キーワードを調査できるものなどです。

それぞれ強みが違うので、自分がサイトを運営するうえで最適なツールを見つけ、用途に合わせて使い分けることでコンテンツSEOに役立てましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。