SEO/SEM

PPC広告とSEOの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説

PPC広告とSEOの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説
PPCとSEOは、キーワードの検索結果から集客するという点では同じです。しかし、その性質はまったく異なり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

そこで今回の記事では、キーワード検索からの集客を考える方に向けて、PPC広告とSEOの特徴や使い分け方を詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んで、Web集客・広告運用にお役立てください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

PPC広告とSEOとは?それぞれの違いを確認

Webで効果的に集客を行うには、PPC広告とSEOの特徴・違いを把握しておくことが重要です。なぜなら、PPC広告とSEOは、キーワード検索の結果から集客ができるという点では同じですが、その性質はまったく異なるものだからです。

ここからは、「PPC広告とは」、「SEOとは」という視点から、それぞれの特徴と違いについて紹介していきます。

PPC広告とは

PPC広告の例

PPC広告とは、Pay per Clickの略で「クリック課金型の広告」と訳され、クリックされるごとに費用が発生する広告のことを指します。

PPC広告を利用すると、登録したキーワードでの検索結果の上部に、「広告」という文字とともに広告ページのタイトルが表示されます。その見た目は通常のページタイトルと変わりありません。

PPC広告はクリックされるごとに広告費用が発生しますが、逆を言えばクリックされなければ費用が発生しないということです。キーワード検索でヒットすれば上位に表示されて露出度も高いうえ、クリックされない場合は広告費用がかからないため、比較的安い費用で露出度を上げたい場合には最適な広告と言えます。

SEOとは

「ダイエット」の検索結果画面

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

検索結果ではPPC広告の下に、Googleが記事の品質が高いと判断した検索キーワードに沿った記事から順番に表示されます。上位表示される記事はユーザーのアクセス数をしっかり増やすことができ、有用性も高いと言えるでしょう。

PPC広告のメリット・デメリット

PCC広告は検索結果画面の一番上に表示されるため、露出度が高いという点はメリットと言えるでしょう。

ただし、メリットがあれば当然、デメリットもあります。広告を出稿する前に、どちらもしっかり理解しておくことが大切です。

PPC広告のメリット

  • 広告を出せばすぐに上部に表示される
  • 表示位置が安定している
  • ライバルが少ない
  • 効果がわかる

PPC広告のメリットは主に上記の4点です。それぞれ詳しく解説します。

広告を出せばすぐに上部に表示される

PPC広告の最大のメリットは、広告を出せばすぐに検索結果画面の上部に表示されることです。

これがSEOの場合は、上位表示させるためには質の高いコンテンツ制作、検索エンジンに評価されるための内部対策など、多くの時間や手間がかかります。

一方、PPC広告であれば、広告を出稿してすぐ画面の上部に表示させることができ、露出度アップが見込めるのです。

表示位置が安定している

PPC広告は、キーワード検索結果画面の上部か右サイドにと広告の表示場所が安定しておりユーザーの目に入りやすい場所に掲載されます。

SEOの場合は、自分の記事の検索エンジンからの評価が下がったり、競合記事の台頭があったりすると、順位変動が起きるため表示位置が安定することはありません。

PPC広告であれば、検索エンジンからの評価や競合の影響を受けにくく、ユーザーの目に留まりやすい位置に安定して掲載させることができます。

ライバルが少ない

PPC広告は費用がかかるため、SEOに比べライバルが少ない傾向にあります。

SEOは、ドメインやサーバーの用意ができていれば、記事を作成して投稿するのは基本的に無料で行えるので、始めるまでのハードルが低く、その分、かなりの数の競合が存在することになります。

一方、PPC広告は、広告出稿に費用がかかるため、始める企業はSEOほど多くありません。ライバルが少なければ、ユーザーのニーズを捉えるだけで、クリックされるためのハードルはかなり低くなるでしょう。

効果がわかる

PPC広告では、管理画面でWebページの訪問者、コンバージョン、インプレッション、クリック率などを確認できるため、広告効果を測ることが可能です。

広告効果を測ることが出来れば、効果測定のデータをもとに広告のレイアウトを変えたり、広告文をブラッシュアップしたりと、広告効果拡大のための工夫ができます。

PPC広告のデメリット

  • クリック率はあまり高くない
  • 費用がかかる

PPC広告のデメリットは主に上記の2つです。それぞれ詳しく解説します。

クリック率はあまり高くない

PPC広告は、検索結果画面の上部に表示されますが、実際のところクリック率はあまり高くありません。なぜなら、PPC広告はタイトルの下に「広告」と表示されるため、ユーザーに敬遠されてしまうからです。

そのうえでクリック率を向上させるためには、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトル作成に注力しましょう。

費用がかかる

PPC広告のデメリットは、SEOと違って広告費用がかかるところです。

SEOは無料で集客が可能ですが、PPC広告ではクリックされる度に広告費が消費されます。一般的に、PPC広告の費用は1か月に20~50万円ほどです。

そのため、PPC広告は長期間継続するのではなく、必要な時期に短期集中で出稿するのが良いでしょう。

SEOのメリット・デメリット​​

SEOは無料で検索結果に表示されるので、安く手軽なイメージがありますが、やはりメリット・デメリットがあります。

SEOのメリット

  • クリック率が高い
  • 費用がかからない

SEOのメリットは、主に上記の2点です。それぞれ詳しく解説します。

クリック率が高い

SEOのメリットの1つに、クリック率の高さが挙げられます。

SISTRIX社が8000万を超えるキーワードを調査してわかった検索1位のクリック率は28.5%です。

参照:SISTRIX Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid

つまり、SEOで検索結果の1番目に表示されれば、約3人に1人からクリックされることになります。多くの人にクリックされれば、それだけ記事の目標を達成できる可能性も高くなるので、大きなメリットと言えるでしょう。

費用がかからない

SEOの最大のメリットは、費用がかからない点です。

PPC広告は、月に20~50万円ほどの費用がかかりますが、SEOはWebページを作成した時点で検索エンジンに自動で評価されるので費用はかかりません。

無料で集客のための活動を行えるのは、かなり大きなメリットです。

SEOのデメリット

  • 上位表示されるまでに時間がかかる
  • 表示位置が安定しない
  • ライバルが多い

SEOのデメリットは、上記の3つです。それぞれ詳しく解説します。

上位表示されるまでに時間がかかる

SEO対策のデメリットは、上位表示されるまでに時間がかかる点です。

SEO対策で上位表示させるには、「検索エンジンにWebページの存在を知ってもらう→インデックス→Webページを評価してもらう」など複数の工程を経る必要があります。SEOで上位表示されるまでには、6か月~1年程度はかかると言われています。

実践してもすぐに効果を感じられない点は、デメリットと言えるでしょう。

表示位置が安定しない

検索エンジンは、日々新しいWebページを見つけて情報を登録し、キーワードで順位をつけています。

Webページは毎日のように新しいものが増えているため、地道にサイトを作って検索結果の上位に表示させたとしても、翌日には検索順位が下位になっているということも少なくありません。

このように、検索結果の表示位置が安定しない点は、SEOのデメリットと言えます。

ライバルが多い

SEOのデメリットとしては、ライバルが多いことが挙げられます。

SEOは、Webサイトを開設すれば基本的に無料で記事を上げていくことができるため、始めるためのハードルが低いことが特徴です。つまり、その分、同じキーワードで対策している競合記事が多く存在することになります。また、ユーザーが関心を持ちやすいキーワードであればあるほど、競合の数も多くなり、上位表示させるための難易度は高いです。

このように、SEOはライバルが多いことがデメリットと言えます。

PPC広告とSEOの使い分け方​​

PPC広告 SEO
  • 短期間で効果を出したい
  • 一時的な効果でよい
  • リソースに余裕がない
  • SEO対策が難しい
  • 中長期間で継続的に効果がほしい
  • ブランディングしたい
  • リソースに余裕がある
  • 無料でアクセスを大きく増やしたい​​

PPC広告とSEOは、上記のような考え方で使い分けるのがおすすめです。

PPC広告なら広告費用を出せばすぐに画面の上部にタイトルを表示させることが可能となり、一時的にでも効果を得たいキャンペーンや商品を販売する際には、PPC広告の利用が効果的です。

SEO対策は、上位表示させるのに長い時間を要しますが、ブランディングにも効果的なため、長期的な対策としておすすめできます。リソースに余裕がある場合は、まずSEO対策から取り組んでみても良いでしょう。

まとめ

今回は、PPC広告とSEOのメリット、デメリット、使い分けについて紹介してきました。

PPC広告のメリットは、広告を出せば検索結果画面の上部に表示されること、ライバルが少ないこと、効果がわかりやすいことです。そして、デメリットとしては、クリック率があまり高くなく、費用がかかることが挙げられます。

一方、SEOのメリットは、上位表示されればクリック率が高いこと、費用がかからないことです。そして、デメリットとしては、上位表示されるまでに時間がかかること、表示位置が安定しないこと、ライバルが多いことが挙げられます。

そのため、PPC広告は費用をかけた短期的なプロジェクトで、SEOは中長期的な戦略でブランディングを狙う場合に効果的です。PPC広告とSEOは、目的やタイミングに合わせて使い分けていきましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。