SEO/SEM

ページ別訪問数とは?その他の指標との違いやGoogleアナリティクスでの確認方法

ページ別訪問数とは?その他の指標との違いやGoogleアナリティクスでの確認方法
Googleアナリティクスを運用していると、様々な種類の指標を目にすると思います。アクセス解析をする際は、各指標の意味を理解しておくと、自身のWebサイトの改善に大変役立ちます。

Googleアナリティクスで確認できる数ある指標の中でも、特に注目すべきなのが「ページ別訪問数」です。自身のサイトを良くするためにもその意味を理解しておく必要があります。

本記事では「ページ別訪問数」の指標の意味、ページビューなどその他の指標との違いなどを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

Googleアナリティクスの「ページ別訪問数」とは?

ページ別訪問数は、特定のページが訪問された回数を表す指標で、各ページでセッションが始まる度にカウントされていく仕組みとなっています。

Webサイトへの訪問から離脱といったユーザーの一連の行動をカウントしていくので、セッション中に同じページを何回見たとしても、カウント数は”1”となります。

ページ別訪問数のカウントの仕様を、例を挙げて解説していきます。

例1:1人のユーザーが、ページX・Yを訪問した場合

  • ユーザーA:X⇒Y⇒X

ページX:ユーザーAが訪問したため、”1”のカウントとなります。
ページY:ページXと同じで”1”とカウントされます。

例2:2人のユーザーが、ページX・Y・Zを訪問した場合

  • ユーザーA:X⇒Y⇒X
  • ユーザーB:X⇒Z

ページX:ユーザーA、ユーザーBが訪問しているので”2”となります。

ページY:ユーザーAのみが訪問しているので”1”となります。

ページZ:ユーザーBのみが訪問しているので”1”となります。

例3:3人のユーザーが、ページX・Y・Zを訪問した場合を例に挙げてみます。

  • ユーザーA:X⇒Y⇒X⇒Y⇒Z
  • ユーザーB:Z⇒Y⇒Z
  • ユーザーC:X⇒Y

ページX:ユーザーAとユーザーCが訪問しているので”2”となります。

ページY:全ユーザーが訪問しているので”3”となります。

ページZ:ユーザーAとユーザーBが訪問しているので”2”となります。

上記の例で押さえておくべき点は、ページ別訪問数はセッション中であれば同じページを何度見たとしてもカウント数は増えないということです。あくまで、そのページを訪れたユーザーの数だということを覚えておきましょう。

ページ別訪問数とPV(ページビュー)数の違い

ページ別訪問数と間違えられやすい指標が、Googleアナリティクスにはいくつかあります。その中でも特に混同されやすいのが、PV数(ページビュー数)です。

PV数は、ユーザーがページをどれだけ訪れたかの合計回数を表す指標です。同じユーザーが何度も同じページを訪れた場合でも、訪れた分だけカウントの対象となります。また、ページを更新したときや前のページに戻るなどといった動作を行なった場合でも、同じくカウントの対象です。

ページ別訪問数とPV数の両者のカウントの考え方について例を挙げて説明します。

例:

  • ユーザーA:ページXに訪問⇒ページY⇒離脱
  • ユーザーB:ページXに訪問⇒ページXをリロード⇒離脱

このケースでページXを分析した場合、以下のようになります。

  • ページ別訪問数=2
  • PV数=3

このようにユーザーの行動を見ることで、各指標のカウントの仕方が違うことがわかります。自身のWebサイトを訪れたユーザーの数を正確に分析したい場合は、PV数ではなく、ページ別訪問数を見るようにすると良いでしょう。

ページ別訪問数と間違えやすい「アクセス数」や「UU数」とは?

ユーザー数に関連する指標として、「アクセス数」や「UU数」という言葉を聞いたことがあるでしょう。しかし、これらの言葉はGoogleアナリティクスには存在しないので注意が必要です。

  • アクセス数

    Googleアナリティクスでは「ページビュー数」と表示されている指標が、別の解析ツールなどでは「アクセス数」として同じ意味合いで表記されています。ツールにより指標の呼び名が異なるので、混同しないように注意が必要です。

  • UU数

    UU数とは、ユニークユーザーの略で、あるページの特定の期間内のPV数から2回以上サイトを訪れたユーザー数の重複分を除いた数を表す指標です。同じユーザーがその対象期間内に複数回サイトを訪問してもUU数は増えることはありません。

    また、アクセス数と同様、UU数という言葉はGoogleアナリティクス上にはなく、「ユーザー」と表記されるので間違えないようにしましょう。

    UU数は、Googleアナリティクスの『ユーザー』 ⇒ 『概要』のメニューで確認することができます。

    右上に表示されているバーで期間を設定したら、『ユーザー』のボックスでその対象期間内のUU数を確認することが可能です。

ページ別訪問数に関係する「セッション数」とは?

ここまでの説明で「セッション」という言葉が出てきましたが、その意味について説明します。

セッションとは、ユーザーがWebサイトへ訪問してから離脱するまでの一連の行動のことです。算出方法の詳細は、アナリティクスヘルプで詳しく説明されています。

ページ別訪問数とセッション数の指標の意味は似ていますが、まとめると以下のような違いがあります。

  • ページ別訪問数:あるページがどれだけ訪問されたかの回数を表す
  • セッション数:Webサイト全体のアクセスの状況を表した数

上記のように、両者のカウントの対象は異なります。シーンに合わせて指標を使い分けるようにしましょう。

Googleアナリティクスでのページ別訪問数の確認方法

Googleアナリティクスを開いたら、まず『行動』⇒『サイトコンテンツ』⇒『すべてのページ』の順でクリックします。

Googleアナリティクスでのページ別訪問数の確認方法

また、ページ別訪問数の指標は初期設定で表示されています。確認するために複雑な設定や作業は特に必要ありません。

ページ別訪問数の表示列

ページ別訪問数は、各URLのページビュー数の右隣の列に表示されています。上の画面では、訪問数の多い順に並んでいることが確認できるでしょう。また、一番先頭の行では各ページのページ別訪問数の合計を確認することができます。

初期の状態では昇順でセッション数が多い順で並びますが、見たいデータを選択して順番を並び替えることで、自身のサイトにおける分析の効率化を図ることができます。また、再度クリックすることで、昇順・降順を切り替えることも可能です。

ユーザーの行動をさらに深掘りするためには、訪問数が多いページばかり分析するのではなく、訪問数が少ないページを分析することも大切になってきます。

訪問数が少ないページの問題や課題を改善していくことで、Webサイト全体の訪問数を伸ばすことが期待できるでしょう。

まとめ

今回の記事では、ページ別訪問数の意味や確認方法について解説しました。

ページ別訪問数はPV数やUU数と混同しがちですが、似て非なるものであり、自身のサイトを正確に分析するうえで重要な指標と言えるでしょう。

今回紹介したその他の指標との違いや、Googleアナリティクスでの確認方法をしっかり理解して、良質なサイト作りに役立てていきましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。