SEO/SEM

ネットショップの集客のコツ|無料・有料の集客方法や成功事例を解説

ネットショップの集客のコツ|無料・有料の集客方法や成功事例を解説

新型コロナウイルス下で注目されるネットショップ。新規出店したものの、集客方法や宣伝方法がわからず苦戦している人もいるでしょう。ネットショップで集客をするにはコツがあり、それをおさえたうえで宣伝をしなければなりません。

今回はネットショップで集客をする重要性と、無料・有料でできる集客方法、集客を成功させるコツを事例付きで解説します。ネットショップの集客が上手くいっていない人は、ぜひ参考にしてください。

なお、「ECショップ」「Webショップ」「オンラインショップ」などの呼び方がありますが、本記事ではすべて「ネットショップ」と表記するものとします。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

ネットショップにおける集客の重要性

新型コロナウイルス感染拡大前からネットショップは増え続けています。

しかし、実店舗を持たずに顧客を獲得するには宣伝が必須です。また、ネットショップの数は拡大しており、ユーザーに選ばれるためには集客が重要になります。そのため、最初の顧客から継続したリピーターを獲得するのもそうですが、そもそも論としてネットショップは軌道に乗るまで時間がかかってしまうのです。

実店舗があれば、ショーケースや看板を用いた宣伝方法もあるものの、ネットショップの場合は実際に検索してたどり着いてもらわなければなりません。

ネットショップの集客で大切なのは「買ってくれる顧客に店を見つけてもらうこと」です。ターゲットとしている顧客が何を求めているのか、ターゲットの属性は何かを検証しなければなりません。それらが明確になって初めて、適切な集客方法が見えてくるはずです。

無料でおすすすめの集客方法

集客方法には無料でできるものと、有料でするものの2種類があります。無料の集客方法はコストがかからないメリットがあるものの、手間がかかる、効果が表れるまで時間がかかるなどのデメリットもあります。

しかし、継続的に運用を続けることで、多くの顧客を獲得できる可能性もあるのです。いくつかある中でも特におすすめできる集客方法を3つ紹介します。

ホームページ、ブログ

ホームページやブログを通じて、ネットショップの情報や商品に関する情報を発信することで、顧客を獲得する方法です。

有料の場合もありますが、無料での宣伝活動もできます。後述するSNS運用と併せれば、高い宣伝効果を見込めるでしょう。

特にブログの更新は、集客だけではなくファンを作る効果もあります。継続的な更新は必要なものの、無料で開始できること、ネットショップと商品が同時に宣伝できることが強みの集客方法です。

ただしターゲットに合致したサイトデザインなどが必須なので、戦略は事前に練っておきましょう。

SNS

SNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用した集客方法です。SNSの強みでもある口コミを武器に、実際の口コミなどを引用して信頼度の高い宣伝ができるのも特徴です。

主に使用されるSNSにはTwitterやFacebook、YouTubeなどがあります。最近ではTikTokを使用した企業の宣伝も行われており、ますます盛んになっています。

ただ、すべてのSNSでメインユーザーが異なるため、ターゲットに応じたSNSで宣伝を行わなければ効果が薄くなる可能性もあります。

また、SNSは情報が流れていく速度が早いため、継続的な更新が必須。投稿頻度次第では大きな成果を得られるので、積極的に活用するのもありです。

SEO対策

SEO対策を利用して集客する方法もあります。SEO(検索エンジン最適化)とは、検索エンジンに評価されるようなコンテンツを用意し、ユーザーが検索した際に自身のネットショップを上位表示させる方法です。

「検索エンジンに評価されるようなコンテンツ」の定義はGoogleからは公表されておらず、おそらく有効らしいといわれている施策を打っていく必要があります。

仮に対策を講じても成果が出るまでにおおむね3ヶ月ほどかかることも覚えておきましょう。

一方で、上位表示されるようになれば多くの人にとって「有益なコンテンツ」と評価された証拠でもあります。地道な継続とコンテンツの拡充は必須ですが、トライして損はないでしょう。

SEOについては下記の記事で詳しく解説しています。

有料でおすすすめの集客方法

続いて、有料でできる集客方法です。他サイトなどに集客代行として広告を掲載してもらう方法がメインですが、それ以外の方法もあります。

こちらの方法は少なからず費用が発生するので、予算と相談したうえで実行に移しましょう。

純広告

純広告とはメディアに設けられている広告枠を買い取って出向する方式を言います。費用さえ払えば必ず掲載されるため、不特定多数の人の目に留まるでしょう。

バナー広告やタイアップ広告、メール広告などの周囲があります。

また、広告によってかかる費用が異なります。たとえば「インプレッション方式」の場合、費用相場は15~100万円程度、「期間保証方式」の場合は50~150万円です。すべての方式の平均が50万円前後と決して安くはないので、予算とは要相談になるでしょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索結果とは別に表示される広告のことです。ユーザーが検索したキーワードに関連した広告が表示されるようになっており、有料の集客方法ではもっとも一般的な施策でもあります。

検索結果に連動して表示されるため、比較的購買意欲が高いユーザー、もしくは興味関心があるユーザーの目に触れる機会が多いのがメリットです。

反面、購入コストと売り上げをよく検討しなければ赤字になってしまう可能性もあります。また、費用を払ったからと言って必ず表示されるわけではない点にも注意が必要です。

価格は1件あたり10万円~が相場です。

アフィリエイト広告

アフィリエイターと呼ばれるブロガーやインフルエンサーに依頼し、商品の販促をしてもらうのがアフィリエイト広告です。

紹介してもらった商品がアフィリエイターのサイト経由で購入されたかを確認し、その件数に応じて費用を支払います。

ASPと呼ばれるアフィリエイト会社に登録したうえで、プロモーションしてくれるアフィリエイターとマッチングを行います。アフィリエイターの広告掲載先はブログが多いため、読みやすく嫌悪感を持たれにくいのが特徴です。

一方でアフィリエイターと直接やり取りするわけではないため、過大広告にされたりイメージにそぐわない内容にされてしまったりする可能性もあります。費用は1件あたり3万円程度だと思っておきましょう。

SNS広告

無料で運用できるSNS上に、広告を出すことをSNS広告と言います。短期的な成果を出すことに長けており、SNSユーザーの特徴によって適切な広告が表示されるようになっています。会員登録の時点で性別や年齢などの登録があることも、効果が高い理由のひとつです。

媒体によって利用者層が異なるため、出稿先は要検討です。加えて、SNS広告はあまり広告色を出すと浮いてしまうため、装飾が最低限になりあまり目立たなくなってしまう可能性もあります。費用は10万円程度ですが、掲載先を間違えたりすると効果が発揮できないので注意が必要です。

リターゲティング

リターゲティングとは、購入には至っていないものの、何度もネットショップに訪問しているユーザーに対してプレミアム感を持たせて購入してもらう手法です。購買意欲はあるもののもう一押しが足りない場合、あるいは商品に興味はあるが悩んでいるユーザーに対して効果的です。

特に商品の比較検討段階に入ったユーザーに高い効果を発揮します。料金はクリック課金型・インプレッション課金型なので、事前の予算組は入念にしておかなければならないでしょう。クリック率が低いと割高になってしまいます。

適切な集客方法の選定方法

適切な集客方法は各ネットショップによって異なります。以下のポイントを参考に、自身のネットショップに適した集客方法を選定しましょう。

  • ターゲット、目的に合わせて選ぶ
    年齢や性別、興味関心のベクトルなどを考慮する。また、取り扱う商品は何を目的に購入されるのかを検討するのも良い。
  • 効果が出るまでの期間を考慮する
    集客方法を実施してから結果につながるまでの時間はまちまち。短期なのか、中長期なのかを検討材料に含める事。
  • 予算で決める
    特に有料の集客方法を選択する場合、予算と利用したい集客手段がマッチしているかを検討する。

ネットショップで集客を成功させるコツ

ネットショップで集客を成功させるにはコツがあります。そのコツをおさえることで、集客がよりうまくいくかもしれません。代表的な集客成功のコツを簡単に解説します。

  • ユーザーニーズを把握する
    顧客がどんなものを欲しているかを既存ラインナップから判断することで、関連する商品ラインナップを充実させたり、広告を増やしたりできる。
  • ペルソナを設定する
    ペルソナ(想定顧客)を設定することで、それをターゲットにした広告戦略やラインナップ強化を行う。
  • 訪問時の親しみやすさを考慮する
    商品やネットショップにマッチした親しみやすさを考慮。個性が伝わり、リピーター獲得につながりやすい。

ネットショップが集客に成功した事例

ネットショップが集客に成功した事例を2つ紹介します。今回紹介した方法+αのヒントもあるので、ぜひ参考にしてください。

  • ネットショップA(食品系)
    コロナ禍で実店舗の売り上げが低下したことを受けてネットショップを出店。相性的に不利と言われる食品系の魅力が伝わるようにYouTubeを活用した宣伝を展開した。商品開発の努力も重なり、施策を講じてすぐに月商300万円を越えた。
  • ネットショップB(アパレル)
    ネットショップ開設と同時に新商品の開発を実施するとともに、Instagramの毎日更新をして宣伝活動を展開する。投稿する写真もスタッフが撮影することで、魅力が伝わった。結果、出店から間もなく独自性が認められたほか、新商品の目新しさから集客に成功。

まとめ

ネットショップは実際の店舗があるわけではないので、具体的にターゲットの絞り込みや強みの確認をしなければまず勝てません。ネットショップの数は増加しており、今後も集客方法の検討が求められるでしょう。適切な集客方法を採用しつつ定点観測を行い、より高い効果が生み出せるよう改善することも重要です。

ネット集客については、こちらの記事でも詳しく解説しています。
関連記事:SEOとは?8つの基本対策を分かりやすく徹底解説
SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。