SEO/SEM

SEOとキーワード数の関係を解説|出現率や数は気にしなくても良い?

SEOとキーワード数の関係を解説|出現率や数は気にしなくても良い?
SEO対策をする上で気になる点のひとつに、1記事あたりのキーワード数があります。キーワードは多ければ多いほど良いのか、それとも比率を考えて数を調整すべきなのかなど、サイト運営初心者にはわからないことも多いものです。

昨今のSEOでは、キーワード数は、単純に多ければ良いとは言えなくなってきている特徴があります。コンテンツの質を大事にするという前提のもと、キーワード数も出現率を調整することが重要になります。

そこで今回は、SEOとキーワード数の関係について詳細を解説していきます。キーワード数や出現率についての理解を深め、適切なSEO対策を実践していきましょう。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

SEOとキーワード数の関係について

まずは、SEOとキーワード数の関わりについて整理していきましょう。

結論から言うと、現行のSEOでは、キーワード数・出現率を意識することにはあまり意味がありません。

Googleは、何年も前からアップデートを繰り返しており、それに伴ってSEOのあり方というものも変化してきました。SEOといえば「キーワードを意識して記事内にできるだけ多くのキーワードをちりばめることが重要」と思われがちですが、そういったSEOの常識はすでに過去のものになりつつあります。

というのも近年は、度重なるアップデートによりGoogleの自然言語処理技術が向上し、文章や単語、文脈をロボットがよく理解できるようになってきたのです。

これにより、明らかにキーワード数を意識して文章が不自然になっている記事などは、悪質なコンテンツと判断されるようになりました。

例えば、「安眠枕 おすすめ」というキーワードを意識して書かれた記事について考えてみましょう。以下の2つの例文を比較してみてください。

【例文1】

「安眠枕のおすすめ商品を探すなら、おすすめ安眠枕の条件をそろえている安眠枕について知りましょう。また、おすすめ安眠枕の選び方について理解を深めて、自分に合っているおすすめの安眠枕を見つけることも大切です。おすすめ安眠枕について紹介する本記事では、まずおすすめ安眠枕の選び方を解説したうえで、安眠枕のおすすめ商品を紹介していきます。」

【例文2】

「安眠枕のおすすめ商品を探すなら、良質な睡眠をとるための条件について知っておきましょう。また、商品の選び方についても理解を深めて、自分に合っている枕を見つけることが大切です。そこで今回は、最初に安眠枕の選び方を紹介したうえで、おすすめの商品を紹介していきます。」

これは極端な例でもあるため、SEOについての知識を持たない人でも、例文1は過度に「安眠枕 おすすめ」というキーワードをたくさん使うことを意識して書かれていることがわかります。

これに対して例文2には、不自然な言い回しはありません。あくまで自然なかたちでキーワードを文章に含めているため、Googleから良い評価を受けやすいのは例文2のほうになるのは言うまでもないでしょう。

しかしながら、以前はGoogleの自然言語処理技術も高精度ではなかったため、実際にキーワードを多くちりばめれば、それだけで上位表示が可能になっていた時代があったのも事実です。

その名残から、キーワードの出現率を高めることが重要という考え方が一部では見られますが、現在はキーワード数を意識しすぎると逆にGoogleから低評価を受けてしまう恐れがあるので注意が必要です。上位表示が難しくなる可能性があるため、あくまでコンテンツの充実度や読みやすさに重きを置き、キーワードは気にしすぎないことが重要になります。

SEO対策に効果的なキーワードの設定方法

SEO対策においてキーワードの数は、現在ではほぼ関係ないことがわかりました。そのうえで、ここからはSEOに効果的なキーワードの設定方法について解説していきます。

1.1ページに対して対策するキーワードは原則1つ

基本的に、1つの記事に対して、対策を意識するキーワードは1つのみにしましょう。

複数のキーワードを意識して記事コンテンツを作成すると、内容や意識すべきペルソナがぶれてしまうことが考えられます。そうなると専門性や読みやすさの面で質が落ちてしまい、結果としてGoogleから低評価を受ける恐れがあります。

例えば前述の「安眠枕 おすすめ」の記事であれば、「おすすめの安眠枕について書く」というテーマからぶれないように、対策キーワードは「安眠枕 おすすめ」だけにするということです。

ここにプラスして「安眠枕 プレゼント」「安眠グッズ」などのキーワードをあわせて対策しようとすると、1つのコンテンツとして伝えたい内容がばらばらになってしまう可能性があります。キーワードごとに記事を読む人のニーズは異なるものであることを念頭に置き、記事を作成しましょう。

もし「安眠枕 プレゼント」「安眠グッズ」などで上位表示を狙いたいのであれば、それぞれ1つずつ記事を作成する必要があります。それぞれのキーワードに対して専門性を高めたうえで、良質なコンテンツを読者に提供できるように心がけることが大切です。

2.タイトルやhタグにキーワードを含める

対策キーワードは、基本的に数を意識するのではなく、タイトルやhタグに含めるようにしていきましょう。

しかし、すべてのhタグにキーワードを入れる必要はありません。あくまで、文章として不自然なかたちにならないように対策できるのが重要です。明らかに違う内容なのにもかかわらず、無理に対策キーワードをhタグに使っていると、読みにくいコンテンツになってしまうので、注意しましょう。

3.共起語も意識して記事中に含ませる

SEOでは、対策したいキーワードに関連する共起語(きょうきご)をある程度含めることも重要です。

共起語とは、対策したいキーワードに関連して、よくWebコンテンツに出現するキーワードのことをいいます。

例えば「安眠枕 おすすめ」なら、「人気」「素材」「価格」「高さ」「ランキング」などが共起語として挙げられるでしょう。

共起語を意識して記事を作成すれば、上位表示の効果にも少なからずかかわってくる可能性があります。関連キーワードということは、読者のニーズにも関係しているということなので、より専門性・網羅性が上がって記事の質がアップすることが考えられるためです。

ただ、共起語をたくさん入れようとすると、それはそれでキーワード数を意識しすぎたときと同様の結果になるため注意が必要です。共起語が記事の中に多すぎると、キーワードを意識しすぎるあまり不自然な文章になり、低評価を受けるリスクが高まります。

4.meta keywordsの重要性は低い

昨今のSEOでは、meta keywords(メタキーワード)の重要性は低いとされており、意識する必要はほぼありません。

メタキーワードはメタタグのひとつで、その記事が関係するキーワードを設定するためのタグです。メタキーワードを設定することがSEOに影響を及ぼしていた時期もありましたが、現在メタキーワードはGoogleの評価対象から外れています。

以前はGoogleの自然言語処理技術が低かったため、ロボットは各記事を理解するためにメタキーワードも参照していました。しかし、前述のとおり現在は技術の精度が上がったため、メタキーワードを確認する必要がなくなったのです。

したがって現在は、メタキーワードをわざわざ設定する必要はありません。各記事の設定項目にはよくメタキーワードも見られますが、基本的にメタキーワードについては無視しても問題はないでしょう。

現在のSEOではキーワード数よりもユーザー目線での記事作成が重要

SEOとキーワード数はほぼ関係がなく、むしろキーワードが不自然なほどに多く含まれていると、Googleから低評価を受けてしまうことがわかりました。では、SEO対策では何が重要なのでしょうか。

近年のSEOにおける重要なポイントは、読者ファーストとなる良質なコンテンツです。実際にGoogleが検索順位を決めるうえで採用している評価基準では、ユーザーが情報をスムーズに得られる高品質なコンテンツかという点が重視されています。

したがって、現在のSEOでは対策キーワードのペルソナを考え、読者の疑問や不安を的確に解消できるようコンテンツを作成することが重要になってきます。

つまり、読者が本当に納得できることを意識してコンテンツを作成したのであれば、キーワード数の多すぎ・少なすぎは特に評価に影響しないということです。

確かにキーワードが多すぎると低評価を受ける可能性は出てきますが、それはあくまで「不自然なほどに多いケース」です。多すぎないことという考え方はあくまで目安にすぎないため、読者ファーストのコンテンツに仕上げるために必要があってキーワードが多くなったのであれば、評価には関係してこないということです。

そのため、SEO対策を実践する際にはキーワード数を意識するのではなく、専門性や読みやすさなどの観点からコンテンツとしての質を意識することが重要になります。

まとめ

「SEOといえば、キーワードの数が大切」というイメージを持つ人は少なくありません。しかし、現在のSEOでは、キーワード数はほとんど関係ないのが実情です。それよりもユーザーニーズを満たせる良質なコンテンツであることが昨今のSEOにおいては重要になっており、キーワード数はGoogleの評価にはかかわってこないのです。

そのため、対策キーワードで上位表示を狙うのであれば、まずはコンテンツの良質化を検討しましょう。対策キーワードで検索してくる人は何を求めているのかを考え、ニーズに合った読みやすいコンテンツを提供していくことが大切です。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。