SEO/SEM

URLの正規化とは?やり方やSEOに与える影響を解説

URLの正規化とは?やり方やSEOに与える影響を解説

URLの正規化をしていないと、サイトの評価が分散してしまいGoogleから正しく評価されません。

ですが、どのようにURLの正規化をするのかいまいちわからないという人は多いと思います。

そこで本記事では、URLの正規化について、やり方や正規化が必要となるシーンについて詳しく解説していきます。ぜひサイトの運営に役立ててください。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

URLの正規化とは?

URLの正規化とは、同一のコンテンツで複数のURLが存在する際に、正規のURLを一つに決めることです。

例えば「https://○○.com/」と「https://www.○○.com/」は同じサイトですが、見ての通りURLは2つ存在します。つまり、2つのURLで同一内容のサイトが存在していることになります。この状態を「重複コンテンツ」と言い、重複コンテンツの状態でURLの正規化をしていないと、被リンクが分散してしまうためSEOの観点からすると好ましくありません。

URLの正規化を行うことで、上記のような複数のURLから正規のURLを1つに決められます。正規化してもコンテンツ自体に変化はないので、サイトの運営に支障はありません。被リンクの評価が正規化したURLだけに集まるようになるので、むしろ検索順位の上昇を見込めます。

つまるところ、URLの正規化をすることに特にデメリットはないので、サイトを運営する際は必ず行うようにしましょう。

URLの正規化をする2つの方法

URLを正規化する主な方法は以下の2つです。

  • 301リダイレクト
  • canonicalタグ

重複コンテンツを廃止してURLを1つだけにする場合は「301リダイレクト」を、パラメータ付きのURLやPC用とスマホ用のURLを正規化する場合は「canonicalタグ」を使用します。

それぞれのやり方を紹介しますので、どちらが自分に合っているのか確認しましょう。

1.301リダイレクト

最も一般的な方法として用いられているのが「301リダイレクト」です。重複コンテンツを廃止してURLを1つだけにすることで、被リンクの評価を1つのURLに集められます。廃止したURLにアクセスした場合は正規のURLへ転送されるようになっています。

簡単な例で言えば、「https://○○.com/」と「https://www.○○.com/」の2つの重複コンテンツがあった際に、「https://○○.com/」を正規のURLとしたら「https://www.○○.com/」へアクセスしても「https://○○.com/」に繋がるようになるということです。

301リダイレクトの方法はWEBサーバーの環境によって異なりますし、正規化するURLの内容によっても変化します。場合によってはそもそも301リダイレクト自体ができないこともあるので、困難な場合はcanonicalタグを使いましょう。

301リダイレクトについては下記の記事をご覧ください。
関連記事:301リダイレクトとは?設定・確認方法やSEOへの効果を解説

2.canonicalタグ

canonicalタグは301リダイレクトと違って、URLの廃止はせずに、Googleからの評価を正規のURLにまとめるように指示できます。

PC用のサイトとスマホ用のサイトでURLに違いがある場合は、301リダイレクトでURLの廃止を行ってしまうと、スマホでPCの用のサイトにアクセスしてしまうなどのリスクが出てしまいます。そんな時はcanonicalタグで評価だけをまとめるようにしましょう。また前述したように301リダイレクトが使えない場合もcanonicalタグを使います。

方法は、評価を集めたくない方のページのheadタグ内に以下の記述をするだけです。

<link rel=”canonical” href=” https://○○.com/”>

ポイントは、評価を集めたくない方のページのheadタグ内で、評価を集めたい方のURLを記載することです。くれぐれも逆にしないように注意しましょう。

canonicalタグについては下記の記事をご覧ください。
関連記事:canonicalタグとは?URLを正規化する理由と記述・チェック方法を解説

Google Search Consoleを使ったURLの正規化の確認方法

URLの正規化ができているか確認するには、Google Search Consoleを使うのが一般的です。

確認方法は以下の通りです。

  • Google Search Consoleを開く
  • 左のメニューから「URL検査」をクリック
  • URLを入力
  • カバレッジを開く
  • ユーザーが指定した正規URLとGoogleが選択した正規URLを確認

ユーザーが指定した正規URLが正しく指定されており、Googleが選択した正規URLには「検査対象のURL」と表示されていれば問題ありません。

ちなみにURLの正規化ができているかどうかはinfoコマンドを使ったり、専用のツールを使ったりすることでも確認できます。Google Search Consoleがうまく使えない場合は、他の方法も試してみましょう。

URLの正規化が必要な5つのケース

URLの正規化が必要なケースは、前述した「www」の有無を含めて、主に5つあります。

自サイトにURLの正規化が必要なのか、それぞれのケースを確認していきましょう。URLによって正規化するべき方はおおまかに決まっています。Googleの検索結果にも影響を与えかねないので、正規化する方法を間違えないように注意してください。

1.wwwの有無

前述したように「www」の有無によって2つのURLが存在している場合は、正規化を行いましょう。利便性の面で考えれば両方存在していても問題ありませんが、被リンクの評価が分散してしまうため、正規化をした方が検索結果は上がりやすくなります。次に紹介する残り4つのケースでも同様の理由で正規化が必要になるので覚えておきましょう。

  • https://○○.com/
  • https://www.○○.com/

どちらのURLを正規化しても問題はありません。

wwwが付いていた方が、URLであることがわかりやすいというメリットがあります。一方で、wwwが付いていない方がURLを覚えやすいというメリットもあります。これは好みの問題なので、自分の使いやすい方を選びましょう。

2.index.htmlなどの有無

URLの最後につく「index.html」の有無によってもコンテンツは重複します。

  • https://○○.com/
  • https://○○.com/index.html/

上記のような形でURLが2つ存在している場合です。

「www」と違って「index.html」は存在しない方がよいとされています。

URLが長くなってしまうので、見た目的にもよい印象が持たれることはありません。index.htmlを付けることに特にメリットはないので、よっぽどのこだわりがない限りはindex.htmlがない方を正規化してください。

厳密に言えばURLの最後につく「/(スラッシュ)」の有無も関係するので覚えておきましょう。

3.暗号化の有無(http://とhttps://)

暗号化の有無によってもコンテンツは重複します。

暗号化とは「https://○○.com/」と「http://○○.com/」の違い、つまり「s」が有るか否かです。この「s」はSecure(安全)を意味しており、名称通り「s」が付いている方がサイトの安全性が高いです。Googleの公式でも「https://○○.com/」の方がサイトの安全性が高いということで、検索順位に影響すると明言されています。

SEOの観点で言えば「s」が付いていない「http://○○.com/」はデメリットにしかならないので、必ず「s」が付いている「https://○○.com/」を正規化しましょう。

暗号化の有無については下記の記事をご覧ください。
関連記事:Googleが優遇する「https」とは?仕組みとSEOとの関係性について解説

4.パラメータ

パラメータとはURLの後ろに付ける変数のことです。サイト内の導線確認のため、それぞれのリンクごとにパラメータを付与するサイトはいくつか見られます。

Amazonが良い例で、サイト内からさまざまな商品ページへアクセスするとパラメータが付与されます。もしGoogleで商品を検索して、URLのパラメータ部分が違うだけで同一のAmazonの商品ページがいくつも検索結果に表示されたら大変です。

そのため、パラメータが付与されている場合でも、これまで同様に正規化が必要です。当然ではありますが、正規化するURLはパラメータが付与されていない方で行います。

パラメータについては下記の記事をご覧ください。
関連記事:パラメーターとは?意味や言葉の使い方をわかりやすく解説!

5.レスポンシブデザイン非対応のスマートフォンページ

レスポンシブデザイン非対応のスマートフォンページにも正規化が必要です。

レスポンシブデザインとは、同じURLでもPCで開いたときはPC用のページが表示され、スマホで開いたときはスマホ用のページが表示される仕組みを指します。レスポンシブデザインが非対応になっている場合は、PC用とスマホ用それぞれでURLが作られているケースが多いです。よくある例が、PC用URLが「https://○○.com/」、スマホ用URLが「https://○○.com/sp/」といった形です。

PC用とスマホ用で表示形式が変わろうと、コンテンツの内容が一緒であれば重複コンテンツと見なされます。そのため、このケースでも正規化を行います。PC用のURLで正規化するのが一般的です。

URLの正規化が必要な3つの理由

URLの正規化が必要な理由は主に以下の3つが挙げられます。

  • Googleが重複コンテンツを評価していない
  • リンクの評価が分散してしまう
  • 順位の低下やペナルティの可能性がある

これまで紹介した内容も一部含まれますが、理由を正しく理解してURLの正規化を行いましょう。

1.Googleが重複コンテンツを評価していない

そもそもGoogleは重複コンテンツを良しとしていません。内部サイトでも複数のURLに同一のコンテンツがあると、悪い評価を貰ってしまう可能性も考えられます。

ちなみに内部で重複しているだけなので、外部サイトに影響を与えることはありません。そのため、内部サイトの重複コンテンツが、評価を下げてしまうかは定かではないです。とはいえ、重複コンテンツ自体が好ましく思われていないため、正規化しておいた方が無難です。

2.リンクの評価が分散してしまう

前述したように、URLが正規化されていないとリンクの評価が分散してしまいます。そのため、せっかく被リンクを貰っても、リンクが複数あるがために、本来の検索順位よりも下がった状態になっている可能性が高いです。

SEO対策をする上で被リンクを集めることは至難の業です。canonicalタグでの正規化なら、今すぐにでも実践できます。せっかくの被リンクを無駄にしないために、速やかに正規化を行って評価を統一させましょう。

3.順位の低下やペナルティの可能性がある

場合によっては順位低下やペナルティの可能性も考えられます。URLの正規化は全て内部サイトで完結するため、ペナルティになる可能性がごくごく低いですが、Googleが正規化を推奨している以上、今後どのような対応が取られるかはわかりません。そのため今後はペナルティになる可能性も否めないです。

また万が一、暗号化がされていないURL(http)の方が正規だとGoogleに判断されてしまうと、セキュリティの問題から順位の低下が起こりえます。異例の場合に備えて、暗号化されたURL(https)の方が正規のURLであることを伝えられるように正規化を行いましょう。

URLの正規化でSEOを効果的に高める

URLの正規化はSEOの効果を高めます。すでに本記事で繰り返しお伝えしていますが、どのような形でURLの正規化がSEOに影響を与えるのかおさらいしておきましょう。

SEOの効果を高める上で重要なのが、被リンクの数です。外部のサイトからリンクを貼られた数が多ければ多いほど、人気があるサイトだとグーグルに判断されるようになります。そして人気のあるサイトは信頼度の高いサイトとして検索結果の上位に表示される傾向にあります。つまり大まかに言えば「被リンクの数=人気の高さ=検索順位の良さ」につながるということです。

そこで問題になるのがURLの正規化の有無です。URLが正規化されていない場合は、複数のURLが存在し、それぞれが評価を受けることになります。そして重複コンテンツは検索結果には1つしか表示されないため、片方で獲得したリンクはSEO的には無駄となり、評価が分散してしまうことになります。

例えば「https://○○.com/」と「https://www.○○.com/」で2つURLがある場合に、「https://○○.com/」で5,000の被リンク「https://www.○○.com/」でも5,000の被リンクを集めた場合は、本来であれば10,000の被リンクを集めるだけの人気があるサイトと言えます。ですが、URL正規化がされていないと片方のURLは重複コンテンツと見なされて、検索結果には表示されないため、被リンク5,000分しか検索結果には反映されないということです。

上記理由から、URLの正規化はSEOに大きな影響を与えるため、サイトの運営を始めたら必ず行うようにしましょう。

まとめ

URLの正規化はサイト運営をする上で非常に重要な作業です。

手間がかかりますが、正規化をするだけでSEOにプラスに働くのでやらない手はありません。ただし正規化をするURLを間違えてしまうと、修正をするのにまた手間がかかってしまいますので、慎重にミスのないように行いましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。