WEBマーケティング

LINE公式アカウントで送信取り消しはできない?誤送信メッセージの削除方法を解説

LINE公式アカウントで送信取り消しはできない?誤送信メッセージの削除方法を解説
LINE公式アカウントを運営していると、誤って送ってしまった配信内容の削除方法を知りたい方も多いのではないでしょうか。LINE公式アカウントで誤送信をしてしまった場合、削除する方法を知らなければユーザーに誤った情報を伝えてしまい、ユーザー離れにつながる原因となる可能性もあります。

事前に送信の取り消しができるケースや方法を理解し、いざというときすぐに対応できるようにしておきましょう。

LINE公式アカウントのメッセージは取り消しできる?

LINE公式アカウントのメッセージは取り消しできる?

LINE公式アカウントで発信したメッセージの取り消しは、送信時に使用したツールによって消せる場合と消せない場合があります。

この章ではLINE公式アカウントでよく使われる、メッセージの一斉配信と個別チャット、LINE VOOMでのメッセージの取り消しについて詳しく紹介します。

メッセージの一斉配信の場合

LINE公式アカウントから一斉配信されるメッセージは課金対象となり、回数制限が設けられているため、1度送ってしまったメッセージを自由に取り消すことはできません。LINE公式アカウントからメッセージの一斉配信を行うときは、誤送信を未然に防ぐことが何よりも大切です。

有料・無料プランごとの送れるメッセージの通数については、下記の記事で詳しく紹介しています。
関連記事:LINE公式アカウントの作り方|開設方法や使い方についても解説

個別チャット(LINEチャット)の場合

個別チャットで誤送信してしまった場合は、通常アカウントでのやり取りと同様に、送信後24時間以内なら削除できます。1対1での個別チャットは、一斉配信と違って操作の融通が利きやすいことがメリットです。

LINE VOOMの場合

LINE VOOMでも投稿した内容の、編集・削除が可能です。投稿し終わってから間違いに気付いたときは、すぐに対処しましょう。いつまでも間違いのある投稿内容を掲載し続けることは、公式アカウントの信頼性を失うことにもつながるため、投稿後の見直しを忘れずに行うことが大切です。

LINE公式アカウントでメッセージを削除する方法

LINE公式アカウントで誤った配信を行なってしまった場合、すぐに削除する必要があります。

この章では、取り消し操作が可能な個別チャットとLINE VOOMについて、それぞれの削除方法を詳しく説明します。間違えて配信してしまったときにすぐに対応できるよう、事前に操作方法をしっかり確認しておきましょう。

個別チャットでメッセージを削除する方法

個別チャットで送ったメッセージを取り消す方法は、以下の手順の通りです。

  1. 誤ったメッセージを送信した公式LINEのチャット画面を開く
  2. 取り消したいメッセージの左側をクリックするとメニューが表示される
  3. 「送信取消」をクリックする
  4. 確認画面が表示されたら「送信取消」を再度クリックする

LINE VOOMで投稿を削除する方法

LINE VOOMで配信した投稿は、管理アプリかWeb上のLINE Official Account Manageを使うことで削除することが可能です。ここでは、2パターンの削除方法について説明します。

管理アプリで投稿を削除する方法

  1. LINE VOOMのアイコンをタップする
  2. 削除したい投稿の右上にある「…」をタップする
  3. 表示される項目の中から「削除」を選択する

LINE Official Account Manageで投稿を削除する方法

  1. 管理画面を開いて「LINE VOOM」>「投稿リスト」を選択する
  2. 削除したい投稿を選択してクリックする
  3. 投稿詳細画面が表示されたら「削除」を選択する

誤送信メッセージが取り消しできないときの対処法

LINE公式アカウントでメッセージが取り消せないときには、ユーザーに対して誤送信であった旨を通知する必要があります。特に一斉送信したメッセージのほか、送信してから24時間が経過してしまった個別チャットでのメッセージは取り消せないため、注意しましょう。

ユーザーが誤った情報を正しい情報として認識してしまう前に、早い段階で誤送信だった旨をお詫びとともに伝えることが重要です。

LINE公式アカウントでメッセージを削除するときの注意点

LINE公式アカウントでメッセージを削除した場合でも、タイミングによってはユーザーがすでに目を通してしまっている可能性があります。さらに、削除を行なった場合、「送信取消」の文字が画面上に残ってしまうデメリットもあります。頻繁にメッセージを削除すると信頼性に欠けるため、ユーザー離れにもつながりやすくなるでしょう。

まとめ

LINE公式アカウントの配信内容は、削除できるものが限られています。削除できたとしても配信のミスはユーザーからの信用にかかわってくるため、配信時には内容をあらかじめ確認し、誤送信を未然に防ぐことが大切です。

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

Service Siteサービスサイト

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。