MEO

Googleビジネスプロフィールの登録代行業者の選び方・不正行為例を解説!

Googleビジネスプロフィールの登録代行業者の選び方・不正行為例を解説!

店舗集客におけるGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の重要性を認識しているビジネスオーナーは多く、SEO対策よりも低コストではじめられるMEO対策の1つとして広く認知されつつあります。

しかし、日々の業務の傍ら、Googleビジネスプロフィールの登録作業を行うのは面倒でもあり、できれば避けたい作業ともいえるでしょう。とはいえ、Googleビジネスプロフィールの管理を放置し、Google検索やGoogleマップ上に表示される自店舗の情報が間違ったままになっていることは、顧客の取りこぼしにつながる恐れがあります。

そこで今回はGoogleビジネスプロフィールの登録作業を代行するにあたり、覚えておきたい代行業者の選び方、不正行為の例を紹介していきます。登録代行で委託できる業務内容がどのようなものか知りたいビジネスオーナーも、参考にしてみてください。

Googleビジネスプロフィールの登録代行とは

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の登録代行とは、MEO対策に欠かせないGoogleビジネスプロフィールの登録を代行する行為を指します。Googleビジネスプロフィールの管理業務は、主に登録業務と運用業務の2つに分かれますが、忙しいビジネスオーナーにとっては手間のかかる作業となるため、登録・運用作業を代行してくれる専門業者を探す場合も少なくありません。

Googleビジネスプロフィールの登録代行の主なサービス内容は、Googleビジネスプロフィールのアカウント開設をはじめ、ビジネス情報の登録作業、運用に関するアドバイスなどです。Web集客の代表格ともいえるSEOは委託費用が高額になるケースがありますが、MEOは低コストではじめられて、かつ高い集客効果が得られる対策方法といえます。代行業者の費用相場も、SEOに比べて4分の1から5分の1程度におさえることができます。

Googleビジネスプロフィールの名称変更については下記の記事をご覧ください。
Googleマイビジネスの名称がGoogleビジネスプロフィールに変更に!

登録代行業者がやってくれる作業

Googleビジネスプロフィールの登録代行業者は、主に以下のような作業を代行します。

  • Googleビジネスプロフィールアカウントの開設
  • 登録チュートリアル代行
  • オーナー確認代行
  • ロゴ・カバー・店舗写真(店内・店外)の登録
  • 住所・営業時間・連絡先などのビジネス情報登録
  • 登録後の運用サポート

1つ1つの作業は難しいものではありませんが、忙しいビジネスオーナーにとって面倒な作業と感じてしまうこともあります。そのような場合は、基本的な仕組み・使い方を覚えるに留め、アカウント開設や登録チュートリアルなどの作業を代行するのがおすすめです。自店舗で保有している画像データがある場合は、そのまま写真登録の作業に充ててもらうことで、新規で写真撮影する費用をおさえることができます。

Googleはサードパーティの利用を推奨

Googleはサードパーティ(代行業者)の利用をGoogleビジネスプロフィール ヘルプで推奨しています。

ビジネス プロフィールは、お客様のビジネスの成功を後押しするツールです。しかし、場合によっては効果的なビジネス リスティングを作成、管理する時間が十分に取れないこともあるでしょう。そのような場合にサポートや、エキスパートによるアドバイスをご希望の場合は、サードパーティのご利用をおすすめします。

Googleビジネスプロフィールの登録作業を代行業者に委託することで、プロによるスピーディーな対応や、検証に基づいたアドバイスが受けられるなどのメリットを享受できます。

とはいえ、登録代行や運用代行によって、Googleマップ上の検索順位向上が約束されるわけではありません。仮に検索順位向上を約束する代行業者がいた場合は、虚偽の証言をしている(もしくはローカル検索結果の掲載順位改善について誤解している)可能性が高いため、代行業務の依頼を保留することをおすすめします。

登録代行と運用代行の違い

Googleビジネスプロフィールの管理業務には、大きく分けて登録代行と運用代行の2つがあります。

  • 登録代行:Googleビジネスプロフィールへの登録に関わる作業の代行
  • 運用代行:Googleビジネスプロフィール登録後の運用全般に関わる代行

Googleビジネスプロフィールの運用では、登録と運用の大きな2つのフェーズがあるため、それぞれの作業の間に代行サービスの境界を引いている業者がほとんどです。

中にはGoogleビジネスプロフィールの登録業務と運用業務2つをワンストップで請け負うサービスを提供している業者もあるため、自社に合ったサービスを選択しましょう。なお、後者のワンストップサービスを提供する業者は、どちらか一方のサービスを利用する場合より費用が高くなる傾向にあります。

登録代行の費用相場

Googleビジネスプロフィールの登録代行を行ってくれる業者の費用相場は1~3万円となっています。価格が変動する理由は、登録代行のみの作業となるのか、数ヶ月おきの店舗情報更新作業なども含まれるか、といった具合です。

「登録業務だけを委託して、運用は自店舗で行う」という場合は、複数あるプランのうち最低限のサポートだけを受けて、コストを軽減することができます。ちなみに、登録代行のみをお願いした業者が速やかに「オーナー権限の譲渡」を行わない場合は、Googleにポリシー違反報告を行うことが可能ですので、不審に感じた点があれば、Googleビジネスプロフィールのサードパーティ ポリシーを確認するようにしましょう。

登録代行業者を選定する際のポイント

Googleビジネスプロフィールの登録代行業者を選ぶ際にはいくつかの注意点があります。代行業者の選び方は主に以下の4つです。

  • 登録・運用の経験がある
  • 実際に成果を出している
  • 基本的な仕組みと使い方を知っておく
  • 依頼業者は1社に絞る

まずは登録代行の経験があるか、実際に成果を出しているのか、の2つを基準に代行業者を選定するのがポイントとなります。「知り合いだから」という理由で登録業務を委託すると、想定よりも対応が遅かったり、思うような効果が出なかったりする場合があります。委託した業者がいい加減だった場合には、Googleビジネスプロフィールのサードパーティ ポリシーに違反する可能性もあるため、選定は慎重に行う必要があります。

また、これら2つの条件をクリアしていたとしても、Googleビジネスプロフィールの運用に関わる判断を代行業者に丸投げするのは良い判断ではありません。代行業者に委託する場合も、Googleビジネスプロフィールの基本的な仕組みと使い方を知っておくことが重要となります。なぜなら、登録のセットアップが終了した後に実際の運用を行うのはビジネスオーナーであり、Googleからの様々な提案・修正に対する措置を行うのもビジネスオーナーだからです。

自身が運営するWebサイトのように、責任を持って管理する姿勢がGoogleビジネスプロフィールにも必要といえます。なお、Googleビジネスプロフィールの基本知識を得たい方はGoogleビジネスプロフィール ヘルプセンターを確認してください。

登録代行業者の不正行為の例

Googleビジネスプロフィールのサードパーティ ポリシーより、Googleビジネスプロフィールの登録代行業者に当てはまる不正行為の例をまとめました。主に不正行為として指摘できるのは、以下の5つになります。

  • 同意なくリスティング登録を行う
  • Googleからの提案を無断で破棄する
  • 登録代行業務の詳細を明かさない
  • 大幅な料金変更を行う
  • 登録作業後、速やかにオーナー権限を譲渡しない

Googleビジネスプロフィールの登録代行業者の中には、以上のような不正行為を働いて、不正に料金を請求する業者もいます。

特に、登録作業のみを代行する場合には、登録後のスムーズな運用開始のためにオーナー権限を譲渡してもらう必要がありますが、速やかに応じない業者もいるため注意が必要です。Googleビジネスプロフィールのサードパーティ ポリシーでは、登録代行業者および運用代行業者との契約が終了して7営業日以内に、管理権限を譲渡するよう明記しています。

最終顧客がサービスの利用を終了する手続きは、簡単なものでなければなりません。サードパーティは、最終顧客からの通知を受け取ってから 7 営業日以内に、当該顧客が次の 2 つのことをできるよう取り計らう必要があります。1)当該顧客のビジネス プロフィールを管理するために使用していた Google アカウントと、サードパーティが提供している管理サービスとの関連付けを解除する、2)当該クライアントがそのアカウントの排他的な管理を取り戻す。最終顧客のアカウントを管理または変更する権限を付与されている場合は、その権限を放棄し、譲渡してください。

引用元:Google ビジネスプロフィールのサードパーティ ポリシー

そのほか契約合意時の内容とは異なるリスティング登録・料金請求があった場合も、ポリシー違反となるため、不正行為としてGoogleに違反報告を行いましょう。

ポリシー違反の業者はGoogleに連絡を

Googleビジネスプロフィールの登録代行を委託している業者が、Googleビジネスプロフィールのサードパーティーポリシーに違反している場合は、「Google マイビジネスのサードパーティ ポリシー: 違反を報告する」から違反内容を報告してください。リンク先のページでは、下記の画像のように選択式のチェックボックスがあり、端的に違反内容を報告することが可能です。

Googleビジネスプロフィールのサードパーティーポリシー

登録代行業者(または運用代行業者)と問題が発生した場合は、Googleに報告する前に「話し合いを行うこと」が推奨されています。話し合いの後も改善が見られない(あるいは話し合いを拒否する)場合は、Googleに報告しましょう。違反報告を受けたGoogleは違反内容を調査し、当該業者に改善するよう指摘しますが、違反を繰り返す場合には「リスティング削除」や「アカウント停止」などの措置がとられることもあります。

したがって、登録代行業者にGoogleビジネスプロフィールの登録作業を委託する場合は、自身のリスティングやアカウントが削除されないよう定期的に作業内容を確認しましょう。

まとめ

Googleビジネスプロフィールの登録作業は、外部の業者(サードパーティ)に委託することで大幅に効率化を図ることが可能です。サードパーティへの委託はGoogleも推奨しています。

しかし、悪質な方法で業務を行う代行業者がいる可能性も否めません。代行業者を選ぶ際には、選定方法のポイントをチェックし、どういった行為が不正行為として明記されているのか、を事前に確認しましょう。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。