SEO/SEM

ドメイン年齢(ドメインエイジ)とは?調べ方やSEOへの効果・活用方法を解説

ドメイン年齢(ドメインエイジ)とは?調べ方やSEOへの効果・活用方法を解説
ドメイン年齢、通称「ドメインエイジ」とは名称通りドメインの年齢を意味します。

ドメイン年齢はSEO対策をする上で一つの指標となりますが、「どのようにドメイン年齢を調べるの?」「ドメイン年齢がどれくらいだと良いの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ドメイン年齢について調べ方から活用方法まで詳しく解説していきます。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

ドメイン年齢(ドメインエイジ)とは?

ドメイン年齢とは、文字通りドメインの年齢を指します。つまり、ドメインがGoogleなどの検索エンジンに認識されてから経過した年数がドメイン年齢となるのです。

基本的には、ドメイン年齢が高ければ高いほど、Googleなどの検索エンジンに評価されやすくなります。

ただし、厳密にはドメイン年齢が高いから評価されるというわけではなく、長年サイトを運営している結果、コンテンツが多く作られたことでユーザーの認知度が高まって評価に繋がっているのです。

そのため、たとえサイトのドメイン年齢が高くとも、ユーザーに対して有用なコンテンツが少なければ意味はありません。

ドメイン年齢はSEO対策をする上で一つの指標にはなりますが、本来するべきであるコンテンツ作成がおろそかにならないようにしましょう。

ドメイン年齢(ドメインエイジ)の調べ方

ドメイン年齢はツールを使って調べるのが一般的です。

ドメイン年齢のチェックツールにはさまざまありますが「ドメイン年齢 – ドメインエイジ」が一番シンプルで使いやすいです。日本語ドメインも瞬時に変換できるので、すぐにドメイン年齢を調べられます。

「http」や「/」などを入力するとエラーになるので注意してください。ちなみにドメインの有効期限も同時に調べられるので、取得したいドメインがあり、有効期限切れを待っている場合にも活用できます。

ドメイン年齢(ドメインエイジ)のSEOへの効果

ドメイン年齢が高ければ高いほど、そのサイトは長年コンテンツを作成しているという傾向にあるので、Googleから評価をされやすいといえます。ただし、これはドメイン年齢が高いことによってコンテンツが充実しているからであって、ドメイン年齢自体がSEOに影響しているわけではありません。

そのため、コンテンツの質や量が同じサイトがある場合は、ドメイン年齢に差があったとしても、検索順位に影響はありません。Google公式でも、ドメイン年齢が検索順位に影響することはないとしています。サイトが新しいからといって、検索順位が低い原因を「ドメイン年齢が低いから」と決めつけることのないようにしましょう。

とはいえ、SEOの効果が出るまでは4ヶ月から1年の期間が必要であることもGoogle公式で発表されているので、実質ドメイン年齢は1年以上であることが望ましいです。

ドメイン年齢(ドメインエイジ)が浅い場合のSEOへの活用方法

ドメイン年齢が浅い場合は、良質なコンテンツを作成するだけでなく、ロングテールキーワードを狙うなどして、着実にドメインパワーを上げていく必要があります。

ドメイン年齢が1年未満と浅い場合は、必然的にコンテンツが少ない傾向にありGoogleから認知されるのにも時間がかかります。反対にドメイン年齢が高いサイトは、コンテンツが多く質も高い傾向にあるのでドメインパワーが高くなります。結果としてGoogleからの評価も得やすいです。

つまり、ドメイン年齢が低いうちは、ドメイン年齢が高いサイトと同ジャンルで戦っても、簡単には検索順位で上回れません。

ドメイン年齢が浅いなりのコンテンツ作成方法で、Googleから評価してもらいましょう。

1.良質なコンテンツを作成する

まずは良質なコンテンツを作成することを念頭に置きましょう。

良質なコンテンツを作成することはSEOの基本です。ドメイン年齢が低かろうと高かろうと、常に良質なコンテンツを作成することが第一なので、必ず意識してください。

良質なコンテンツとは簡単に言えば、ユーザーの役に立つコンテンツのことです。

Googleは、ユーザーのニーズに応えられているコンテンツを上位に表示させます。SEOをする上で「キーワードを盛り込む」「被リンクを集める」など小手先の技術はいくらでもありますが、結局はGoogleの本質からはズレているため、真に良質なコンテンツとは言えないでしょう。

常にユーザー目線で、ユーザーの役に立っているか、ユーザーに分かりやすく作られているか、ユーザーを楽しませられているか、などを意識してコンテンツを作成してください。

2.ロングテールキーワードから狙う

ロングテールキーワードから狙うのも一つの手です。

ロングテールキーワードとは、複数のキーワードを組み合わせた検索キーワードのことです。例えば「SEO 効果 確認」「ドメイン 有効期限 確認」「ドメイン 取得 代行 方法」などがあげられます。

ロングテールキーワードは、ボリュームが少ない代わりに競合が少ない傾向にあります。そのため、ドメイン年齢が低くても検索上位を取りやすく、少しずつではありますが、確実にページへのアクセスをあげられるのです。

ドメイン年齢が高くコンテンツが豊富なサイトと同一キーワードで戦っても、ドメインパワーの差から勝ち目はありません。まずは競合の少ないロングテールキーワードで、アクセスを少量でも伸ばしながら着実にサイトを大きくしていきましょう。

3.中古ドメインの使用に過度な期待は寄せない

中古ドメインを使う場合は、過度な期待は寄せないようにしましょう。

中古ドメインは過去の評価を受け継いでいるため、検索結果の上位に表示されやすいです。ただし、逆を言えば中古ドメインが持つ過去の評価が高くない場合は、たとえドメイン年齢が高かろうと意味がありません。

繰り返しお伝えしているように、ドメイン年齢が高いだけではSEOの評価に意味を成しません。これまでの培ってきた評価がドメインに反映されているだけなので、意味もなく年齢を重ねたドメインに価値はないと言って良いでしょう。

また、ドメインの価値はプラスなものだけでなく、マイナスなものも含まれます。Googleからペナルティを受けている中古ドメインも少なくありません。

「中古ドメインならドメイン年齢が高いから有利だ」と安易に考えることのないようにしましょう。

まとめ

ドメイン年齢はSEO対策をする上で一つの指標になります。もし、ドメイン年齢が1年未満の場合で検索結果に上位表示されないのであれば、それはコンテンツの量がまだ少なく、SEOの効果が出ていないことが理由として考えられるでしょう。

ただし、正確にSEO対策をして、数多くの良質なコンテンツを作成しているのであれば、ドメイン年齢を特別に気にしなくとも順調にサイトの評価を育てられるはずです。

結局のところ、「ユーザーに対して良質なコンテンツを作成しているか」がSEOの根幹になります。検索順位が低い原因を「ドメイン年齢が低いから」と決めつけて正しいSEO対策を怠ることのないようにしましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。