SEO/SEM

SEO対策に効果的な記事タイトルの文字数は?作成時のポイントを解説

SEO対策に効果的な記事タイトルの文字数は?作成時のポイントを解説
「SEO記事のタイトルに最適な文字数ってあるの?」

このように、記事タイトルの文字数について悩んでいる人も多いことでしょう。
しかし、実は記事タイトルの文字数はSEOの効果に直接影響するわけではありません。

だからといって文字数を意識しなさすぎたり間違った作り方をしたりすると、間接的にSEOの効果は下がってしまいます。

そこでこの記事では、SEO対策に効果的な記事タイトルの文字数と作成する際の5つのコツを解説していきます。

「SEOに効果的な記事タイトルを付けて、検索上位を狙いたい!」という人は、この記事をぜひチェックしてみてください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

SEO対策に効果的なタイトルの文字数

SEO対策に効果的なタイトルの文字数は「30文字前後」です。

その理由は、PCでGoogleの検索エンジンを使って検索した際、検索結果に表示されるタイトルの文字数が、30文字前後だからです。

2022年6月現在、検索結果に表示されるタイトルの文字数は29文字までとなっています。

ところが、2020年5月のタイトルの文字数は32文字までだったため、その数字は常に変動していることがうかがえます。

また、スマホの場合は、ブラウザによって異なりますが、表示されるタイトルの文字数は31〜40文字程度です。

そのため、PCでもスマホでもどちらでも対応できるように、28〜32文字程度のタイトルがおすすめと言えます。

ちなみに、記事のタイトルの文字数が、検索結果に表示される限界の文字数をオーバーした場合は、オーバーした文字以降は「…」で表示されます。

タイトルを完全に表示したい場合は、28~29文字以内に納めることがベストでしょう。

文字数カウントツール活用のすすめ

SEO記事のタイトルを作成する際には、文字数カウントツールを活用することをおすすめします。

文字数カウントツールを活用することで、作業効率が格段にアップするからです。

タイトルを作成する際、適切な文字数になっているかを目視で確認していては、時間がかかるのはもちろん、数え間違いも生じてしまいます。

文字数カウントツールを活用すれば、作成したタイトルをコピー&ペーストするだけで、一瞬で文字数を算出できます。

無料で使えるツールや、Googleの検索結果のプレビューを表示できるツールもあるので、ぜひ活用してみてください。

SEO対策にタイトルタグが重要な理由

SEO対策には、タイトルの文字数だけでなく、タイトルタグの内容も重要です。

その理由は、Googleのクローラーもユーザーも、最初に確認する部分がタイトルタグだからです。

タイトルタグはクローラーにそのページの情報を伝える部分の「<head>内」に記述します。

タイトルタグに検索キーワードを含めることで、クローラーは「そのタイトルのページがユーザーの求めている情報である可能性が高い」と判断します。

さらに、Googleは「クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠」としたうえで、「どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルテキストを使うことが重要」と述べています。

上記のように、ユーザーはタイトルタグの内容次第でクリックするかどうかを決めているので、タイトルタグがアクセス数にも影響することは明確です。

そして、たくさんのユーザーがアクセスしているページはGoogleの評価も高くなり、自然と検索順位が上がっていきます。

このように、タイトルタグの内容を良くすることが、検索結果にも大きな影響を与えるのです。

引用元:検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する|Search Consoleヘルプ

SEO対策に効果的なタイトルを作成する5つのコツ

SEO対策に効果的なタイトルを作成するためのコツとして、以下のポイントが挙げられます。

  • キーワードはタイトルの前半にもってくる
  • 記事のターゲットや具体的な数字を入れる
  • 最初に【】(括弧)を入れて強調する
  • キャッチーなフレーズを入れる
  • 上位サイトを参考にする

先ほども述べましたが、タイトルはSEO対策において重要な要素です。実際にタイトルの文言を変えただけで、検索順位が大きく上昇するケースは多くあります。

SEOに効果的なタイトルのコツを確認して、最適なタイトルを作成しましょう。

キーワードはタイトルの前半にもってくる

検索キーワードはタイトルの前半にもってくるようにしましょう。

なぜなら、前半にキーワードを含めることで、ユーザーやGoogleのクローラーにページの内容を瞬時に伝えることができるからです。

実際に、キーワードをタイトルの前半にもっていくと、そのキーワードがユーザーの目に止まりやすくなり、クリック率の向上が期待できます。

さらに、タイトルの最初のほうにキーワードがあると、SEO的にも高く評価される傾向があります。

ちなみに、キーワードをタイトルの前半に配置すれば、検索結果に必ずキーワードが表示されることになるので、検索結果に表示される文字数の限界が変更された場合でもタイトルを変更する必要がありません。

記事のターゲットや具体的な数字を入れる

タイトルに、その記事のターゲットや具体的な数字を入れるようにすると、説得力が上がり、SEOの効果が期待できます。

例えば、「SEO効果がある施策を解説」というシンプルなタイトルの記事があるとします。

このタイトルを見て、興味を抱き、クリックしてみようと思う人がどれほどいるでしょうか。

ここで、記事のターゲット、具体的な数字を入れたタイトルに変えてみましょう。

「初心者におすすめ!SEO効果がある3つの施策を解説」

上記のタイトルなら、誰に向けた記事なのか、どんな情報を得られる記事なのかが一目でわかるようになり、クリック率の向上が期待できます。

最初に【】(括弧)を入れて強調する

タイトルの最初に【】(括弧)を入れて強調すると、ユーザーの目を引きやすくなり、SEOの面で効果的です。

【】は太めの括弧なので、見た目にも目立ちます。

現に、検索結果に表示されているタイトルを見ると、【】を使っているタイトルが多いですよね。

タイトルの見た目を強調することで、ユーザーの目を引くことができ、クリックされる確率が上がります。

キャッチーなフレーズを入れる

タイトルに思わず読みたくなるようなキャッチーなフレーズを入れましょう。

「○○するだけで簡単ダイエット」、「たった3分で作れる○○」など、思わず読んでみたくなるようなフレーズが入っていることが望ましいです。

Webページは、SEO対策を施して検索上位に表示されることがゴールではありません。

ユーザーにクリックしてもらい、そのページを読んでもらう必要があります。

上記のように、ユーザーが思わずクリックしたくなるタイトルを付けることを意識しましょう。

上位サイトを参考にする

SEOに効果的なタイトルを付けるには、上位サイトを参考にしましょう。

なぜなら、上位サイトは、すでにGoogleから評価を受けているからです。

検索結果で評価を受けているサイトを参考にして、どのように検索意図を反映しているのかを分析してみることが大切です。

上位サイトを参考にして「もっと良いタイトルがないのか」を考えることが、Googleに評価される近道になります。

ただし、いくら評価されているからといって、そのタイトルを完全に真似ることはやめましょう

コピーコンテンツとみなされ、Googleからペナルティを受ける可能性があります。

まとめ

当記事では、SEO対策に効果的な記事タイトルの文字数と、タイトルを作成する際のコツを解説しました。

最初に説明したように、SEO対策に最適な文字数は「28~32文字」です。

タイトルを作成したら、文字数カウントツールを活用してチェックすることをおすすめします。

また、記事タイトルで重要なのは文字数だけではありません。

検索キーワードをタイトルの前半に配置する、記事のターゲットや内容が一目でわかるようにするなど、工夫すべきポイントが多数あります。

タイトル作成は簡単なようで実は奥が深いもの。

適切な文字数のなかでいかに目を引くタイトルを作成できるかに心血を注ぐようにしましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。