SEO/SEM

XMLサイトマップとは?SEO効果と作成方法・注意点をわかりやすく解説

XMLサイトマップとは?SEO効果と作成方法・注意点をわかりやすく解説
XMLサイトマップは、検索エンジンがWebサイトの内容を理解しやすくするために設置するデータです。XMLサイトマップを設置すると、Googleのクローラーに新着記事や記事の更新情報を効率的に渡すことができることから、インデックス促進につながります。

この記事ではXMLサイトマップの概要や作り方、注意点などをまとめています。Webサイト制作初級者の方は特に参考にしてみてください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

XMLサイトマップとは何なのか?

XMLサイトマップは、Webサイトの新着記事や記事の更新情報を、Googleのシステムが理解できるようにまとめられたXML形式のファイルのことを言います。

XMLサイトマップで伝えられる主な内容は、以下の通りです。

  • ウェブサイトの更新日時
  • 更新頻度
  • 全記事のURL
  • 記事の優先度

XML形式を簡潔に表現すると、「ロボット向けのサイトマップデータ」となります。Webクローラーが巡回してくる際に、XMLサイトマップを設置しているとサイトの構造を理解させやすくなるのです。また、サイト内の内部リンクでつながっていないページも、リンクをたどらずともXMLサイトマップ上から巡回しやすくなるといった効果があります。

サイトマップには、HTML形式のサイトマップもあります。HTML形式のサイトマップは、人間向け(検索者)に作成されるデータです。サイト内の情報が見やすく整理されていて、クリックすることで見たい記事に移動できるように設計されています。XMLサイトマップとは、ロボット向け(検索エンジン)か、人間向け(検索者)か、という点で異なります。

XMLサイトマップが必要なケースとは?

XMLサイトマップは便利なデータではありますが、必ずしも必要だというものでもありません。

ここでは、WebサイトにXMLサイトマップを導入するか否かを判別するための参考情報を紹介していきます。サイトマップが必要な場合と必要がない場合については、Google公式から以下のようなアナウンスがあります。

次の場合にサイトマップが必要になることがあります。

  • サイトのサイズが非常に大きい。その場合、新しいページや更新されたばかりのページの一部がGoogleのウェブクローラーによるクロール対象から漏れることがあります。
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツページのアーカイブが大量にある。サイトのページがうまく相互に参照されていない場合でも、サイトマップに含めることでGoogleが一部のページを見落とさないようにできます。
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。Googlebotなどのウェブクローラーは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため、他のサイトからのリンクがないページはGoogleのクローラーに検出されないことがあります。
  • サイトに動画や画像などのリッチメディアコンテンツが多数含まれている、またはサイトがGoogleニュースに表示されている。サイトマップがあれば、状況に応じてGoogle検索でサイトマップからの追加情報が考慮されます。

次の場合は、サイトマップは必要ありません。

  • サイトのサイズが「小さい」。サイトのページ数がおよそ500ページ以下の場合にサイズが小さいと考えます。検索結果に表示する必要のあるページのみをこの合計ページ数に加算します。
  • サイトはサイト内で完全にリンクされている。つまり、Googleがホームページからリンクをたどって、サイト内の重要なページをすべて見つけられるということです。
  • 検索結果に表示させたいメディアファイル(動画、画像)やニュースページが多くない。サイトマップは、サイト内の動画ファイル、画像ファイル、またはニュース記事をGoogleが探して理解するうえで役立ちます。画像、動画、ニュースの検索結果に表示する必要がない場合、サイトマップは必要ありません。

引用:Google検索セントラル サイトマップについて

Webサイト制作後、プレスリリースなどを積極的に行わない限り、ローンチ後のサイトに外部リンクがつくことはほとんどありません。また、完璧な内部リンクが張り巡らされていることも稀でしょう。そのため、Webサイトのローンチ後はすぐにサイトマップを送信して、能動的にインデックスの促進効果を図ることをおすすめします。

XMLサイトマップの作り方

XMLサイトマップは1から作らなくても、プラグインを使用すれば簡単に作ることが可能です。

ここでは、プラグインを使用したXMLサイトの作り方や、Googleサーチコンソールの登録方法と対処法を紹介していきます。Webサイトの設定作業の負担を軽くするためにも、一度確認してみてください。

WordPressのプラグインを使用する方法

XMLサイトマップを作成する際のプラグインは、「Google XML Sitemap Generator」か「All in one SEO pack」を使用するケースが多いです。「All in one SEO pack」のプラグインは、SEO対策のための設定を行いながらXMLサイトマップの導入ができるので便利です。

WordPressのプラグイン

【All in one SEO packでの作成手順】

  • プラグインのインストール
  • All in one SEO packでXMLサイトマップ機能を有効化
  • XMLサイトマップ設定での詳細設定

はじめに、「All in one SEO pack」のプラグインをインストールします。インストールが完了次第、管理画面の「All in one SEO pack」内に、「機能管理」というタグが出てきます。

「機能管理」のページ内には、XMLサイトマップのアイコンがあります。そのアイコンの右下に「Active」というボタンがありますので、クリックします(アクティブの状態にします)。

「All in one SEO pack」内の「機能管理」ページ

上記作業が完了すると、「All in one SEO pack」のタグの中に「XMLサイトマップ」というタグが新たに表示されるようになります。「XMLサイトマップ」のタグ内では、更新頻度や投稿タイプなど詳細の条件を設定することができます。

上記手順を踏んで進めていけば、XMLサイトマップの設定は完了です。

また、「Google XML Sitemap Generator」のプラグインについても、「インストール→詳細設定」の順番で行うだけなので簡単です。「All in one SEO pack」よりも相性が合うようであれば、使用をおすすめします。

Googleサーチコンソールへ送信する方法

XMLサイトマップを作成し終えたら、Googleサーチコンソールへ送信するようにしましょう。

サーチコンソールへの送信は、以下の手順で簡単に行うことができます。

【送信方法】

  • ダッシュボードのインデックスの中にある「サイトマップ」をクリックする
  • 「新しいサイトマップの追加」の空欄にサイトマップのURLを入力して送信
  • 「サイトマップを送信しました」と表示されたら完了

Googleサーチコンソールでサイトマップを送信するには、最初に表示される管理画面で、「インデックス」のタグ内にある「サイトマップ」をクリックします。

次に、サイトマップの画面内に「新しいサイトマップを追加」という表記と入力欄があるので、そこにサイトマップのURLを入力します。このとき、URLは省略をせずにすべて入力するようにしましょう。

送信ボタンを押した後、「サイトマップを送信しました」と表示されたら完了です。随時、検索エンジンが自動でサイトを巡回してくれるようになります。

XMLサイトマップ作成時の注意点

XMLサイトマップを作成する際、Googleサーチコンソール上でエラーが出るケースがあります。

XMLサイトマップに関するよくあるエラーの表示は、以下の3つです。

  • 「サイトマップを読み込めませんでした」と表示される
  • 「サイトマップが読み取り可能ですが、エラーがあります」と表示される
  • 「カバレッジ」の問題が検出される

「サイトマップを読み込みませんでした」と表示される場合に想定されるのが、URLの記載ミスです。URLを転記(コピペ)する際には、最初の一文字や最後の一文字を誤って抜かしてしまうことがあるので、注意しましょう。

「サイトマップは読取り可能ですが、エラーがあります」と表示される原因としては、サイトマップをHTML形式で作成しているケースが想定されます。Googleはサイトマップの形式を限定していますので、間違いがないようにしましょう。

Googleがサポートしているサイトマップの形式には、以下のものが挙げられます。

  • XML
  • RSS、mRSS、Atom1.0
  • テキスト

また、「カバレッジの問題」が検出されることもあります。カバレッジの問題は、記事内に「noindex」のタグが挿入されている場合に起こりやすいです。検索エンジンのクローラーが「noindex」によって循環できないときは、記事の設定から上記のタグを削除すれば解決できるので、確認してみましょう。

なお、記事をインデックスさせたくない等の理由で「noindex」のタグを使用している場合は、そのまま「noindex」にしておいても問題ありません。

まとめ

XMLサイトマップは、検索エンジンのロボット向けのサイトマップです。サイトマップには記事の更新頻度や更新日時など詳細がまとめられています。

サイトマップが必要となるのは、サイトの容量が500ページを超える場合やサイトを立ち上げて間もない場合、モバイル対応サイトを作成している場合などが該当します。

XMLサイトマップは「All in one SEO pack」等のプラグインで詳細設定を行い、簡単に作成することができます。ただし、URLが誤っていたり、サイトマップがHTML形式であったりすると、エラーとなってしまうので要注意です。

当記事を参考にして、XMLサイトマップを正しく作成、送信し、サイトのクローラビリティ向上に努めましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。