SEO/SEM

サイテーションとは?獲得のためにできることや確認方法を紹介

サイテーションとは?獲得のためにできることや確認方法を紹介
Webサイトの最重要施策としてSEOがありますが、サイテーションについても意識しておくことをおすすめします。

サイテーションを理解し対策することで、SEOやMEOにおいて効果を発揮することが期待されます。今回はサイテーションの意味や重視すべき理由、獲得方法と調べ方を解説します。

SEOとサイテーションの関係を理解し、自社サイトを上位表示する施策を講じましょう。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

サイテーションとは

サイテーションとは、本来は「引用」の意味を持っていますが、Web上では「ある特定の企業名、サイト名、電話番号などが別のWebサイトなどで記載・言及されること」を指します。

後述しますが、被リンクとは違い、<a>タグを用いたリンクである必要がありません。

検索エンジンやnote、ブログはもちろんのこと、Twitter・Instagram・FacebookなどのSNS、TikTokやYouTubeのテキスト・コメント・概要欄にあるテキストすべてがサイテーションの対象です。

サイテーションの種類

検索エンジンが認識する「サイテーション」は、大きく次の3つに分類されます。

  • 名称(ブランド名、サイト名、サービス名、会社名、個人名)
  • 住所、電話番号
  • URL(<a>タグを用いないテキスト状態のもの)

たとえば「Web集客ラボは役に立つよ」と書かれている場合、サイテーションであると判断されます。

一方で「集客ラボ」だけの場合は、サイテーションとは判断されません。

Googleがサイテーションだと判断するのは正式名称で記入された場合のみです。

そのため、サイテーションを狙うのであれば、シンプルで覚えやすいサイト名・サービス名のほうが有利だと言えます。

サイテーションと被リンクの違い

サイテーションと被リンクの違いは、リンクが紐づいているかどうかにあります。

名前の場合
  • サイテーション:Web集客ラボがわかりやすい
  • 被リンク:Web集客ラボがわかりやすい
URLの場合

サイテーションにおけるSEO効果

Googleからの公式発表があるわけではないものの、サイテーションにも被リンクと同じようにSEOに効果があると言われています。

また、2011~2013年にGoogleが実施した各種アップデートにより、過剰な被リンクはペナルティを受けやすくなるというリスクが出てきましたが、サイテーションにはそのようなペナルティはありません。

とは言え被リンクの方がSEO的な効果は大きいため、自然な被リンクを獲得していくことももちろん重要になります。

被リンクについては下記の記事で触れているため、合わせてご確認ください。

サイテーションはMEOにも影響する

サイテーションはMEOにも関係しています。

MEOとは「Map Engine Optimization」の略語で、マップエンジン最適化もしくはローカル最適化のことです。

Googleマップで「地域+知りたいこと」を検索すると、地域のマップの下に候補がいくつか並びます。

サイテーションが強化されることで、上位表示される確率も高くなるのです。

なお、Googleの見解は明確ではないものの、上位表示には「知名度」が重視されることが記載されています。

この知名度が高い状態を「サイテーションシグナルが高い」と言います。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。

(引用元:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

サイテーション獲得のためにできること

サイテーションを獲得するには次の施策を講じるといいでしょう。ぜひ参考にしてください。

正確な情報を記述する

正確な情報を記述することで、サイテーション獲得につながります。

企業名、サイト名、住所、電話番号などの情報は正確に記述することで、情報の信用度が増すためです。

また、先述したとおり、覚えやすいシンプルな名前はユーザーも親しみやすく、言及されやすい傾向にあります。

サイテーションと判断されるには正式名称でなければならないため、あとから変更できるサイト名やサービス名はできるだけ短いものを採用してください。

自社の情報を発信する

自社サイトやSNS、広告などを利用して自社の情報を発信することで、よりサイテーション獲得につながりやすいくなります。

サービス名や社名の認知度を上げなければサイテーションされません。そのためには触れてもらう機会を作ることが必須です。

SNSの企業アカウントを作成したり、特定のサービスに特化したブログを解説したりするなどして、情報発信できるフィールドを増やしましょう。

もちろん、サイテーションを獲得したいサービス名などは積極的に盛りこむようにしてください。

影響力のある媒体にて言及してもらう

影響力のある媒体とはドメインパワーの強いサイトのことです。より影響力のある媒体で言及されることで、SEO効果が高くなるといわれています。

たとえば広告を掲載してもらったり、コンテンツの中で引用してもらったりするなどがあります。

広告を掲載する場合は、種類や費用をよく検討して、目的にあったものを採用しましょう。

サイテーション対策を行う際のポイント

サイテーション対策を行う際は以下のポイントを意識しましょう。

SEOにも関係するポイントなので、軽視せず適切に対処することをおすすめします。

  • ネガティブなサイテーションに対する対処
  • 批判的なサイテーションは評価下落の要因になります。評判の悪いコンテンツを削除したり、ポジティブイメージのサジェストキーワードを増やす施策を講じましょう。

  • Googleマイビジネスの状態を正しくする
  • 既に登録されている情報が古くないか、間違っていないかを確認し、必要であれば修正しましょう。

  • サービス満足度の向上を図る
  • サイテーションさせたいサービスの内容の見直し・改善します。高評価を獲得できればSNSなどでサイテーションされる可能性も高くなります。

サイテーションを確認する方法

自社サイトのサイテーションを確認する方法には、以下の4つがあります。

  • Google検索で確認する
  • Yahoo!リアルタイム検索機能で確認する
  • Google Search Consoleで確認する
  • SNSで確認する

Google検索で確認する

Googleのシークレットモードを活用して、ネット検索を行う方法です。検索ボックスには自社サイト名やサービス名を入力すればOKです。

自社サイトの他にも、言及しているサイトやSNSが表示されるはずです。

自社のサービスやサイト名、ブランド名に言及してくれている上位サイトの内容やサジェストワードを調べ、ユーザーの評価や声を把握しましょう。

もしこの方法で確認した際に、評価に問題があると判断した場合は、先に説明した対処法でネガティブサイテーションがなるべくヒットしないようにしましょう。

Yahoo!リアルタイム検索機能で確認する

Yahoo!リアルタイム検索機能では、TwitterとFacebookなどでサイトに関する言及をしている投稿がチェックできます。

無料ツールのため、誰でも利用できます。

やり方はGoogle検索と同じく、自社サイト名やサービス名を入力して検索するだけです。どのような文脈で言及されているのかを確認しましょう。

Google Search Consoleで確認する

Google Search Consoleとは、Googleが無料で提供している検索数確認ツールです。「検索パフォーマンス」から指定した期間の検索クエリやインプレッション(表示回数)、流入数(クリック数)がチェックできます。

表示される検索クエリの中から自社のサイト名やサービス名の検索順位を抽出して確認しましょう。指名検索の状況が確認できます。

表示回数やクリック数が多ければ、別サイトからの言及件数が高いと判断できます。

SNSで確認する

SNSの検索ボックスに自社サイト名やサービス名を入れて検索してみるのもいいでしょう。

特に、口コミが広がりやすく利用する年齢層も広いTwitterでは、多くの言及が獲得できます。

若年層を中心に、調べ物をする際にはGoogleなどの検索エンジンではなくSNSを利用するケースが増えています。

生の声としてすくい上げ、ポジティブなのかネガティブなのかを確認しましょう。サイテーション獲得のためのひとつの指針としても利用できます。

まとめ

聞きなれないサイテーションですが、SEO・MEOともに重要な役割を果たしています。

サイテーションの傾向を知ることで、自社サイト・サービスの課題などがわかるかもしれません。サイテーション施策を講じて、検索順位上昇を狙いましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。