SEO/SEM

アクセス数の調べ方からSEOへの活用方法・増やし方のポイントまでを解説

アクセス数の調べ方からSEOへの活用方法・増やし方のポイントまでを解説
アクセス数がわかれば、サイトの状況や集客効果を調査することができるため、マーケティング担当者からするとアクセス数の調査は必須といえます。

Googleアナリティクスを使用してアクセス数をもとにSEOの再施工をしたり、ページを追加して検索順を上げることで、アクセス数のアップを目指すことができます。

今回は、アクセス数の調べ方からSEOへの活用方法・増やし方のポイントまでを解説していきます。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

Googleアナリティクスでアクセス数を調べる方法

Googleアナリティクスでアクセス数を調べる方法

Googleアナリティクスでのアクセスを調べるためには、「Googleのアカウント作成」「Googleアナリティクスに登録」「トラッキングコードの設置」3つのステップを実践しましょう。

各種の解析が可能となり各種のビジネスやマーケティングなどにデータを活かせます。

1.Googleのアカウント作成

Googleのアカウント作成

まずは、Googleアカウントを作成します。googleのページの右上の箇所からアカウントの作成を選びます。名前と希望するメールアドレスを入力し、パスワードを確認用と同時に入力して次へをクリックします。

ここでは、アカウントに電話番号を追加して確認を完了しますが省略も可能です。

2.Googleアナリティクスに登録

Googleアナリティクスに登録

Google アナリティクスに登録する際には、https://analytics.google.com/にアクセスをして、ユーザー登録を行います。

3.トラッキングコードの設置

トラッキングコードの設置

トラッキングコードの設置を設定することで、Google アナリティクスをフル活用することが可能となります。トラッキングコードは、Googleアナリティクス専用の計測専用コードです。

検索キーワードやページの滞在時間などを調査することが可能となるコードで、アクセス解析をしてデータを可視化することができます。

アクセス数をもとにSEOへ活用する方法

アクセス数をもとにSEOへ活用する方法

アクセス数をもとにSEOに活かす方法としては、「予め目的を明確にしてから分析を行う」「競合他社の分析も合わせて行う」の2点が挙げられます。

SEO対策を行うことでその他のサイトよりも高い順位付けが可能となりますが、あらかじめ目的を明確にしてからSEOを施しておけば、常に検索した人に向けて情報を発信することが可能となり、販売促進やマーケティングにも繋がります。

あらかじめ目的を明確にしてから分析を行う

Google アナリティクスを利用する上で、あらかじめ使用する目的を明確にしておくことが大切です。今後データを活かした販売戦略を行うこと、調査をして更にサイト運営を強化するなど最終的な目的まで把握していれば、データを見て何をしたら良いのかがわかります。

より宣伝効果の高いマーケティングを行うならば、アナリティクスを使用してオーガニックサーチの回数を調査し、効果をデータ化することが可能です。

定期的にデータを作成し続けていくことで、棒線グラフによってサイトの成長率も確認することが可能となります。SEOなどでのマーケティングの効果が出ているのかどうかなども、理解することができるでしょう。

競合他社の分析も併せて行う

競合サイトの分析を行うことで、自社のコンテンツと比較することができます。競合のコンテンツよりも魅力的なコンテンツを発信するためにも、一度確認しておいたほうが、自社コンテンツの制作に役立ちます。

例えば、GRUをインストールすれば、競合サイトとの比較分析も可能となり、棒線グラフでアクセス解析を行うことができるため、複数のサイトを比較することもできます。

時期を追ってグラフを作成していくので、過去のデータから解析ができ、長期的な視点でデータを活用することが可能となります。

また、競合サイトと比較をすることで、長期的なPV数も確認することができます。改善点の発見ができたり、更に魅力的なコンテンツを作るための参考にすることもできます。

アクセス数の増やし方の5つのポイント

アクセス数を増やすためには、「ペルソナを理解する」「キーワード選定を適切に行う」「良質なコンテンツ作成を心がける」「ユーザーの利便性を向上させる」「SNSなどの広告を活用する」といった5つのポイントを把握することが重要です。

アクセス数を上げるためには優良なコンテンツを定期的に作成し、魅力あるサイトや商品の販売を継続していくことが重要ですので、しっかりと確認していきましょう。

1.ペルソナをきちんと設定する

ペルソナをきちんと設定することが重要な理由としては、ユーザーのニーズを満たすサイト・記事を作成するためです。

ペルソナをきちんと設定できていないと、ユーザーの悩みの解消やニーズを満たしてあげることはできません。

ペルソナの設定は、マーケティングでは商品やサービスを購買または利用する架空の人物設定を指しますが、何となくで設定すると大きく外れてしまいます。

ペルソナに向けて自社のサイトにSEO対策を施し、情報を発信していくことで、商品の販売、または販売促進に繋がります。

ペルソナを理解していれば、ターゲットにした人に向けて商品やアイテムをダイレクトに販売することが可能となり、マーケティングとしてサイトを活用することも可能となります。

2.キーワード選定を適切に行う

キーワード選定を行えば、検索した人に向けてダイレクトに商品販売が可能となります。

サイトを通じてユーザーに有意義な情報を提供するためには、SEOを意識したキーワード選定も重要です。

例えば、ダイヤモンドを購入したい方には、購入につながる「販売・値段・価格・お店・オンラインショップ」などといったサジェストワードを加味したコンテンツを作成し、ユーザーに向けて情報発信をすると、更なる販売促進に繋がります。

また、ダイヤモンドといった単一キーワードだけでは上位表示することは難しいので、上記のように複合ワードを用いてアクセス数を増やすようにしましょう。

3.良質なコンテンツ作成を心がける

良質なコンテンツ作成を心がけるようにしましょう。

良質なコンテンツにSEO対策を施すことでGoogle から評価され、検索結果表示の順位を上げることができるようになります。

そのためには、ユーザーの欲しい情報がしっかりと記載されているか、情報がしっかりと網羅されているかなどの点を確認しましょう。

また、定期的にページを更新していくことも重要ですので、アクセス数をチェックしながら必要な対策を行うようにしましょう。

4.ユーザーの利便性を向上させる

ユーザーの利便性を向上させるように意識しましょう。

ユーザーの利便性を考慮したサイトならば、リピーターも多くなりやすいです。結果、アクセス数やアクティブユーザーの増加につながります。

ユーザーのニーズに応えることはもちろん、内部リンク・サイトの表示スピードの最適化・スマホ対応など、ユーザーにとって見やすくて利用しやすいサイトを作るように心がけましょう。

結果的に商品の販売促進に繋がり、サイトや商品の認知度をあげることが可能となります。

5.SNSや広告を活用する

SNSを活用することで商品やサービスのリーチを高め、多くの人に商品を知ってもらうことができます。

商品に興味や購買意欲を持ってもらえれば販売促進に繋がり、ネットショップなども繁盛するようになります。

また、その他にもマーケティングの一環としてSNSを活用することで、よりスピーディな宣伝が可能となります。

Facebookなどでも有料の広告を利用することができ、ジャンルなどキーワードにしたがって広告を発信することが可能です。より販売したいターゲットに合わせた無駄のない広告宣伝を出すことができます。

アクセス数に関連した押さえておきたい用語

アクセス数に関連した用語で押さえておきたいのは、「セッション」「平均セッション時間」「直帰率」「PV数」「ユーザー数」「流入経路」の6つです。

特徴
セッション サイトにアクセスしている時間
平均セッション時間 複数人がサイトを訪れた際の平均した時間
直帰率 ユーザーが再度訪れた率
PV数 ユーザーが訪れ閲覧した回数
ユーザー数 指定した期間においてサイトへ訪問した人の数
流入経路 どこからのアクセスが多いのかを把握

それぞれの用語の意味を理解し、今後の必要な対策に活用してみてください。

セッション

セッション時間は、サイトに定着している時間です。一人のユーザーがどのくらいの時間サイトにとどまっているのかをセッション時間と呼びます。

平均セッション時間

平均セッション時間は、複数人がサイトを訪れた際の時間を平均したものです。良質なコンテンツを発信しているサイトや興味深い商品を掲載しているサイトなどは、平均セッション時間が長くなります。

直帰率

直帰率は、一度訪れたユーザーが再度戻る確率を表したものです。そのため、魅力的で役立つコンテンツや商品を紹介することが大切です。直帰率は、IPアドレスなどで確認することができます。

PV数

PV数は、ユーザーがサイトを訪れ、閲覧した回数です。サイトの認知度が上がればPV数を上げることが可能です。定期的に良いコンテンツを発信していくことで、PV数を高めていくことができます。

アクセス数が上がることで販売促進にも繋がり、マーケティング効果を得ることが可能です。興味深いサイトを運営しながら、広告宣伝等も可能となります。

ユーザー数

ユーザー数は、指定した期間においてサイトへ訪問した人の数で、現在サイトを定期的に利用している人の数です。

Google アナリティクスでは、期間を定めてアクティブユーザーとしてどのくらいの人がサイトを利用しているのかなども知ることができます。

流入経路

流入経路は、サイトを訪れた人がどこから訪れているのかの経路を把握することができます。

流入経路はオーガニックサーチ、ソーシャルネットワークなどと別れており、SNSによって宣伝した広告はソーシャル経由となります。

まとめ

今回は、アクセス数の調べ方や増やし方について紹介しました。

サイトを上位表示させて、アクセス数を増やすためには、キーワード選定などのSEO対策を行い、良質なコンテンツを作成することが重要です。

まずは、どのくらいのアクセス数があるのかを調査して、競合サイトと比較してみましょう。ページ数を増やしてSEOを施せば、競合サイトよりも優位な位置に検索結果を表示することが可能となります。

SEOはもちろん、SNSを活かしたマーケティング戦略は、アクセス数の増加や新たなビジネス展開にもつながるので、ぜひ活用してみてください。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。