SEO/SEM

相互リンクとは?SEOに効果のある相互リンクの方法を紹介

相互リンクとは?SEOに効果のある相互リンクの方法を紹介
一昔前には、SEO対策としてお金を払ってでも手に入れたいとされていた相互リンク。ところが現在では、Googleが公開した評価ガイドラインによって状況が変わりました。

今回は、Googleの評価ガイドラインではどのように相互リンクを考えているのか、相互リンクの目的とやり方を解説します。

相互リンクとは?

相互リンクとは、2つの異なるドメインのサイトやブログが互いにリンクをし合っていることを指します。

そもそも被リンクを受けるためには、自サイトのコンテンツや情報の有益性が関わってきます。こちらが一方的に発リンクをする分には特に問題はないですが、自サイトも被リンクを受けて相互リンクとするには、相手にとってメリットとなる部分が自サイト内になくては難しいのです。

そのため相互リンクは、関連企業や商品のWEBページをつなぐためのリンクなど、同じジャンルやカテゴリーのサイトを運営している場合によく利用されています。

発リンクについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
発リンクとは?SEO効果の有無からリンクを貼る際の注意点まで解説
被リンクについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
被リンクのSEO効果良質な被リンクの増やし方を徹底解説

Googleの見解から見る相互リンクのSEO効果

Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の「リンクプログラム」の項目には、リンクに関する下記の見解が示されています。

  • 高品質な相互リンクにはSEO効果がある
  • 低品質な相互リンクにはSEO効果はなく悪影響を与える

Googleでは相互リンクに関してどういった見解を示しているのか、そこからひも解いてSEO効果の有無について解説します。

高品質な相互リンクはSEO効果がある

高品質な相互リンクにはSEO効果があります。

高品質な相互リンクというのは、自然な形で発生した相互リンクと判断すれば問題ありません。一般的にナチュラルリンクなどと呼ばれているものです。

自然に相互リンクが発生する例としては、「自分が参考にしているサイトのリンクを張ったら、相手からリンクバックをしてもらえた」という場合などが考えられます。

自分が参照元としてリンクを張るということは、そのサイトは有益な情報を掲載している高品質なサイトだと言えます。つまり、その高品質なサイトからリンクバックしてもらえたということは、自サイトも高品質だと言える要素があると見なされるのです。

そのため、このような場合の相互リンクはGoogleから高品質だと評価されるので、SEO効果があると言って良いでしょう。

低品質な相互リンクはSEO効果がないうえにペナルティの危険性がある

低品質な相互リンクにはSEO効果はなく、逆にペナルティを受けてしまうなどの悪影響が出ることがあります。もしペナルティが課されると検索結果に表示されなくなるので、アクセスが極端に落ちるかもしれません。

Googleのウェブマスター向けガイドラインによると、下記のような場合はペナルティの対象となり得ると記載されています。

  • リンクを金品で購入すること
  • 自動化したプログラムでリンクを作成すること

以前はSEO対策として、「相互リンク売買サイト」や「相互リンク募集サイト」などといったサービスが流行しました。しかし、現在はこのようなサイトを利用するのは避けた方が良いと言えます。

相互リンク自体は良いと認識されているものの、「金品で購入したようなリンク」「募集サイトなどを使って自動化されて作られた相互リンク」などの恣意的な不自然なリンクは低品質と評価されてしまう恐れがあります。もし低評価を受けてしまうと、ペナルティが課されてSEOにも悪影響を与えかねません。

不自然なリンクとして見なされるのは、異なるカテゴリーサイトや同じテキストサイトからのリンクなどです。関連企業などとつなぐ適切な相互リンクは、たとえ意識的であっても自然なリンクと見なされて悪影響はないので安心してください。

相互リンクを設置する際の注意

相互リンクのやり方を誤るとペナルティを課されるなどの悪影響を受ける恐れがあると聞いて、相互リンクの設置に後ろ向きになった方もいるかもしれません。

相互リンクを設置する際に気をつけるべき点だけ意識すれば問題ないので、ここからは下記の注意点を3つ紹介していきます。

  • 相互リンクは過剰にならないように注意する
  • リンク相手は同じテーマのサイトとする
  • 高品質のサイトとのみ相互リンクをする

1. 相互リンクは過剰にならないように注意する

通常、自然な相互リンクはそれほど多く発生するものではありません。そのため、相互リンクが過剰に多くならないように注意してください。

異なるテーマのサイトから被リンクを受けている、先方からのリンクテキストが全て同じである、などという相互リンクの数が多いと、不自然で低品質だと評価されかねません。

関連商品のサイト紹介といった相互リンクは特に問題ありませんが、もしシステムで自動化して大量にリンクを増やしているような場合は、やはり低評価を受けてしまう恐れがあります。

2. リンク相手は同じテーマのサイトとする

相互リンク先の相手は、自サイトと同じテーマを取り扱ったサイトであることが望ましいです。

テーマの異なるサイトを運営している友人・知人と数件の相互リンクをする程度なら問題はありませんが、ジャンルに統一性のないさまざまなサイトと意図のない発リンク・被リンクをし合っていると、低評価を招きかねません。

自サイトの信頼性や専門性を高めるためにも、相互リンクの相手はサイトやコンテンツのテーマが合致しているところを選ぶように注意してください。

3. 高品質なサイトとのみ相互リンクをする

相互リンクを行う相手は高品質なサイトに限ってください。

高品質のサイトと言っても、一流企業や偉い人が書いているサイトということではありません。Googleからペナルティを受けているようなサイトでなければ大丈夫です。

仮に、信頼性の低いサイトからの被リンクがあっても、こちらからリンクを返す必要はありません。相互リンクをしてしまうと、何らかの関連性が認識され、こちらまで信頼性の低いサイトだと認識されてしまいます。

低品質なサイトからの被リンクは拒否することもできます。リンク元のページランクをチェックし、あまりにも低品質なサイトからの被リンクであった場合、Googleサーチコンソールからリンクを否認してください。

ただし、Googleサーチコンソールからリンクを否認したからと言って、かならずしも受け入れられるとは限りません。サイトの運営者に連絡ができるようであれば、リンクに「rel=nofollow」をつけてもらうように依頼するのも手です。

SEO効果が期待できる高品質な相互リンクのもらい方4選

先述したように、高品質な相互リンクはSEO効果が期待できます。

高品質な相互リンクはどのように獲得すれば良いのか、下記の4つの方法を紹介します。

  • リンクしたくなる独自コンテンツを作成する
  • 自分が別に作った関連性の高いサイト同士でリンクする
  • 自分のサイトと関連性の高いサイトに相互リンクを依頼する
  • 知り合いに相互リンクをお願いする

リンクしたくなる独自コンテンツを作成する

まずは、他サイトがリンクしたくなるようなコンテンツを作成しましょう。

あなたの作っているコンテンツを見て「相互リンクしたい」と思わせることができたら、そもそもあなたのサイト自体が高品質なコンテンツを扱っていると言えます。

高品質なサイト同士であれば相互リンクにSEO効果が期待できるので、まずは自サイトのコンテンツの質を高められるように従事しましょう。

関連性の高いサイト同士でリンクする

運営しているサイトが複数あれば、関連性の高い自分のサイト同士で相互リンクするということもできます。

関連企業やグループ企業などの相互リンクと違ってメニューなどからリンクを飛ばすのではなく、コンテンツの中から詳細情報へリンクを飛ばすなど、有機的なリンクであれば自作自演でも評価は低くなりません。

自分のサイトと関連性の高いサイトに相互リンクを依頼する

自作自演をしなくとも、自分のサイトと関連性の高い他のサイトに相互リンクを依頼する方法もあります。

例えば、サイトを作る際に参考にしたサイトは関連性が高いはずですし、もし検索順位で上位に表示されていたのであれば権威性の高いサイトである可能性が高いです。そうしたサイトに、相互リンクさせてもらえないかお願いしてみましょう。

連絡先がわからない場合は、「info@ドメイン名」で一度連絡してみるのもおすすめです。

知り合いに相互リンクをお願いする

知り合いに相互リンクをお願いする方法もあります。

例えば、サイト運営の仲間やセミナー・SNSなどで知り合った同じジャンルのサイトを制作・運営している人に相互リンクを提案するのです。

この方法であれば、低品質なサイトと相互リンクしてしまう心配なく、安心してお願いすることができます。

まとめ

「相互リンク」について、SEO効果の有無や相互リンクを設置する際の注意点、高品質な相互リンクのもらい方を解説しました。

リンクについては、Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)でGoogleの見解が示されていますので、そちらの内容に違反していないことが何よりも重要です。

例えば、お金で購入したりした不自然な相互リンクは、SEOに悪い影響を与える恐れがあります。

相互リンクを行う際は、自サイトのテーマとリンク先サイトのテーマに不一致がないか、不自然なリンクを集めすぎていないか、などペナルティを受ける可能性があるかどうか慎重に判断しましょう。

高品質な相互リンクを増やす方法としては、まず自サイトで質の高いコンテンツ作りを行うことがおすすめです。

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。