SEO/SEM

LPO対策とは?抑えておくべきポイントとおすすめのツールを解説

LPO対策とは?抑えておくべきポイントとおすすめのツールを解説
サイトのCVRを高めて売上を最大限に伸ばすためには、ランディングページ(LP)の改善が欠かせません。

ランディングページはサイトの第一印象ともいえるため、どれだけSEOで上位表示されていても、ランディングページでユーザーへの訴求ができなければ効率よくコンバージョンを生むことはできないでしょう。

そこで今回は、ランディングページを改善するための策であるLPOについて、やり方や押さえておくべきポイント、おすすめのツールについて紹介していきます。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

そもそもLPOとは?

LPOとは、「Landing Page Optimization」の略で、ランディングページ最適化を意味します。広告や検索流入経由でユーザーが最初に訪れるページをランディングページといい、これをユーザーにとってより使いやすく、見やすいページへと改善していくのがLPOです。

LPOの目的は、主にCVRを高めることです。例えば、サプリメントを販売するLPやサイトであれば、できるだけ多くのユーザーが購入まで至るように、仮説検証を繰り返しながらランディングページの修正を行います。

ユーザーが買いたくなるような訴求文や、情報が頭に入ってきやすい画像、見ていて疲れないテキストや色合い、最終的な購入方法の記載など、LPOによって改善できる項目はさまざまです。例えば、不動産やカーディーラーなど実店舗を持つ媒体であれば、問い合わせ数を増やすことがLPOの指標になりえます。

より多くのユーザーを離脱させず、コンバージョンまで至らせることで最終的な売上を増やしていくのが、LPOを行う一番の目的といえるでしょう。

なお、LPOと似た言葉にSEOがあります。SEOは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化のことです。

ユーザーが検索した際に表示される検索結果へウェブサイトやページを表示させるために、サイト構造の修正やテキストのリライトなどを行うことを、SEOといいます。

SEOはユーザーの目に触れる機会を増やすことが主な目的であり、インプレッションやPV数が主な指標となります。

そのため、SEOによって集めたユーザーをLPOによってできるだけ離脱させないという構図が一般的です。

ランディングページについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
ランディングページ(LP)とは?メリット・デメリットや基本的な構成を紹介
SEOについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
SEOとは?8つの基本対策を分かりやすく徹底解説

LPO対策で抑えておくべき3つのポイント

LPOは、知識がないまま行っても成果をあげられません。どこの改善箇所がどのように効果を生んだのかわからず、正確な効果測定ができない恐れもあります。

ここではLPO対策において押さえておくべき3つのポイントを紹介していきます。

1.現状の把握と目的を明確にする

LPO対策で最も大事なポイントは、現状把握と目標の明確化です。

ユーザーの離脱率や滞在時間、ページのどのあたりまで読まれているのかなど、ボトルネックとなっている改善ポイントはどこなのか、また改善によって最終的にどの指標を向上させるのか、を明らかにするということです。

この2つを押さえておくことで、目的をブレさせずにLPO対策ができます。

例えばランディングページのテキストや画像を変更する場合、「CVRを高める」という目的がはっきりしていれば「ユーザーをCVさせる」というゴールから逆算してページの改善が行えます。この場合、離脱しやすいポイントを把握することで修正箇所を絞れるでしょう。

またCVRに限界を感じているのであれば、そもそもの母数を増やすためにランディングページのインプレッションを増やすという施策も考えられます。

このように、改善すべき原因を把握するためにも、まずは分析・調査をして現状把握することが欠かせません。

いきなり修正を加えるのではなく、現状把握と目的の明確化を行うことで、より成果を生みやすいLPOが実現できるのです。

2.改善するためのアイデア(仮説)を考える

現状を把握して目的が明確になったら、ランディングページの改善に取りかかるための具体的なアイデアを考えていきます。

LPO対策におけるアイデアはさまざまですが、一般的には4つの改善方法が挙げられます。

  • ファーストビューの見直し
  • テキストのリライト
  • リンクの変更
  • EFO(エントリーフォーム最適化)

ファーストビューの見直し

ファーストビューはランディングしたユーザーの最初に目につく大事な要素です。サプリメントについて記載した広告によって流入したものの、料理の画像がトップに表示されていては、ユーザーを混乱させてしまいます。

ユーザーの考えていることやペルソナに沿った内容にファーストビューを改善していくことが大事です。

テキストのリライト

テキストは読者に情報を与える大事な要素です。
しかし、文章が長すぎたり文字が小さかったりすると、ユーザーは読むことに疲れ離脱してしまいます。内容についても、要点が掴めない文章は読まずに飛ばされてしまうかもしれません。正しいフォーマット、かつ読みやすいテキストであることが重要です。

基本的に、サイト内に存在するリンクは外部ページへ遷移することが多いためユーザーの離脱を招きます。しかし、ターゲットにより詳細な情報を知らせたりターゲットではないユーザーを他の商品へ誘導する場合であったりなど、外部リンクは必要なコンテンツです。

そのため、リンクを入れる場合は、ユーザーの余計な離脱を防ぐために工夫が必要です。

例えば、お問い合わせや購入の際に入力するエントリーフォームをよりユーザーが使いやすいものへ改善していく、EFO(エントリーフォーム最適化)を行います。

このように、現状と目的から逆算してどのように改善すると良いのかアイデアを練っていきます。

3.改善策を実行・比較して効果を測定する

導き出したアイデアを実行したら、効果測定を行います。

実際に改善されたのかどうかを把握するためには、効果測定が欠かせません。わずかな修正であったとしても、ユーザーの反応を見て変化を見つけることが重要です。

例えば、最終的な目標に設定しているCVRに変化が出なかったとしても、ユーザーの滞在時間が長くなれば何かしらの影響があったと言えます。わずかでも変化があれば、次の修正のヒントとなるかもしれません。

また、LPOの効果測定ではABテストツールを利用することもあります。修正することで逆効果となってしまった場合に、取り返しがつかないといった事態になりかねません。

大幅に修正をする場合など、AパターンBパターンなど複数パターンを用意して結果を比較しながら、最も成果を生むランディングページの在り方を見つけることが大事です。

効果測定については、下記の記事で詳しく紹介しています。
広告効果測定とは?その考え方や方法・おすすめツールを紹介
ABテストについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
ABテストとは?実施するメリットやツールの選び方・おすすめのツールも紹介

LPO対策で役立つツールを紹介

ここからはLPO対策に活用できるツールを紹介していきます。

LPO対策は現状把握から施策の実行までさまざまなステップを踏むため、全てを人為的にやっていてはコストも時間もかかってしまいます。そのため、分析や効果測定などツールで代用できるフェーズはなるべく利用しましょう。

いろいろなツールを比較して、自社に最適なツールを選んでください。

1.Google Analytics

Google Analytics

Google Analyticsは、Googleが提供している無料のWeb解析ツールです。

サイトへのアクセス数やアクセス経路、サイト内のユーザー行動、流入したユーザー属性、滞在時間、離脱率などさまざまな指標を計測できます。

主にサイト内部のデータを計測できるため、ランディングページ修正後のユーザーの滞在時間など、LPO対策においてもユーザー行動の変化が計測可能です。

流入経路が複数ある場合でも、流入経路ごとのユーザーの滞在時間など細かい指標まで計測できます。

また、リンク先URLを登録することでCV数の計測もできるため、ランディングページから何人がCVまで至ったかも計れます。

Googleアナリティクスについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
Googleアナリティクスの使い方|GA4の登録方法やレポートの見方も解説

2.ABテストツール

ABテストツール

ABテストツールは、ABテストにおけるページの作成から実行、計測までを自動で実行してくれるツールです。代表的なものとして、Googleが提供する「Google Optimize」が挙げられます。

良かれと思ってランディングページを修正した結果、逆効果となって売上が落ちてしまうこともあります。現状のパターン、修正後のパターンなどパターンごとの結果を測定するためには、ABテストを用いながら慎重に実行することが重要です。

ただし手動でABテストを行うには、複数パターンのページの作成からテストの実行、その後の計測など多大な労力とコストが伴い、スピード感のあるLPOが実行できません。

ABテストツールを利用すれば、余計な工数をかけずにABテストが可能です。

3.ヒートマップ

ヒートマップ

ヒートマップとは、サイト内のユーザー行動をサーモグラフィーによって可視化したものであり、これを提供するのがヒートマップツールです。代表的なものとして、株式会社ユーザーローカルが提供する「User Heat」が挙げられます。

ユーザーのスクロールから、ページ内のどの部分が長く滞在されて読まれているか、逆にどの部分で離脱されているか、といったデータやページ内でクリックされやすい箇所などを色分けして示してくれます。LPOにおける現状把握において、特に役立つツールです。

ヒートマップを利用することで、ユーザーにとってどの部分がCVに繋がっているか、また改善の余地があるのか、数字のみではわからなかったデータが見つけられます。

ヒートマップツールについては、下記の用語集で紹介しています。
ヒートマップツールとは?

4.LPO対策専用ツール DLPO

DLPO

ツールの中には、LPO対策専用ツールもあります。DLPO株式会社が提供する「DLPO」はその代表的な例です。
DLPOでは、多変量テストやパーソナライズ機能といった高機能なABテスト機能や、詳細なテスト結果の測定と分析ができます。LPOにおいて、具体的な仮説検証を行いたい場合に役立ちます。

また、外部のヒートマップツールとの連携も可能で、ABテストによるサイト全体の数字と、ヒートマップによるページ内部のユーザー行動を同時に分析できます。

あらゆる指標を計測してLPOに活かすためには、通常さまざまなツールを準備する必要がありますが、DLPOのようなLPOツールを活用すれば一元管理が可能なのです。

LPO対策の事例

ここからはLPO対策の事例をご紹介していきます。

「LPO対策で具体的に何をすれば良いかわからない」という方は、参考にしてみてください。

事例1.訪問者に合わせたビジュアルの出し分けでCVR改善

1つ目の事例は、株式会社キタムラが運営する「スタジオマリオ」のWebサイトのLPO対策です。「スタジオマリオ」は小さな子どものいる家族を主なターゲットとして、お宮参りや七五三など、お子さまの記念日における撮影のサービスを提供しています。

スタジオマリオでは、記念撮影を行う子どもの年齢や性別がさまざまなため、全て同じビジュアルのページを表示させてしまうと具体的な写真のイメージがわかずにCVまで至らない、という課題を抱えていました。

そこでLPO対策として、サイトを訪れるユーザーごとに合わせたビジュアルの出し分けを行うことで、CVR改善を実現したのです。

具体的なテスト内容としては、1歳のお子さまの「バースデイフォト」ページのメインビジュアルを男の子にするか女の子にするか、行動履歴を元に出し分けました。

衣装を選択するページ内で子どもの性別を入力するフォームにて、「男の子」を選択したユーザーには男の子のビジュアル、「女の子」を選択したユーザーには女の子のビジュアルを出し分け、施策を行う前とで比較するとCVRが28.9%改善されたと言います。

また、この結果を元に全てのページでビジュアルの出し分けを行ったところ、同時期の予約数が前年比で85%から200%へ向上したのです。

このようにLPO対策では、ランディングページにおけるユーザーの属性や行動履歴を元に仮説を立て、それぞれに合わせたページの表示を行うことで効率的な改善ができます。

出典元:メインビジュアルの出し分けで、CVR28.9%改善を実現!〜スタジオマリオのABテスト事例~

事例2.カートのコンバージョンが向上

2つ目の事例は、ブックオフのオンラインサイトのLPO対策です。ブックオフは中古の本やゲームソフトの販売をメインに展開しており、2007年からはオンラインでの販売も開始しています。

LPO対策ではオンラインサイトの改善が目的であり、ユーザーがより購入しやすい状態にすることを目標に改善を繰り返していました。その中で大きな効果が出た施策は、カートへ追加するボタンのデザイン変更です。

カートへ追加するボタンを長方形、角丸、正円の3パターンを作成しテストを行ったところ、正円がもっともクリックされる結果となり、カートのコンバージョンが前年比で128%もアップしました。この結果には、長年ECに携わっているブックオフの担当者も驚いたと言います。

また、商品一覧ページにどのような要素を追加するのが良いかというテストも行いました。ユーザーの利便性を考慮して著者名やタグ、在庫状況などの要素を追加していたにもかかわらず、テストを行ったところ、何も追加しないパターンが最もコンバージョンが高い結果となったのです。

どちらのテストも、複数パターンを同時併走させ、PDCAサイクルを素早く回すことで得られた結果です。

出典元:カートのコンバージョンが前年比128%アップ!〜ブックオフコーポレーションのABテスト事例〜

まとめ

LPO対策は、CVR向上を目指すには必須と言えます。改善結果を効率良く成果へ繋げるためにも、今回紹介した大事なポイントをしっかりと押さえておきましょう。

また、LPO対策では正確な効果測定の実施やスピード感を持った施策への取り組みが重要です。ツールで代用できるステップと人為的に行うステップをしっかりと区分けして、LPO対策を行いましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。