SEO/SEM

SEO対策にかかる費用はどれくらい?気になる相場を詳しく紹介

SEO対策にかかる費用はどれくらい?気になる相場を詳しく紹介
Webマーケティングにおいて、SEO対策は必要不可欠です。質の良いコンテンツを作成し、ユーザーのニーズを満たすための対策を行うことで、多くのメリットが期待できます。

しかし、SEO対策を自分で一から行うには、多くの労力と時間がかかってしまいます。そこでおすすめなのが、専門の会社に頼んでSEO対策を行ってもらうことです。当然、それだけの費用は発生しますが、自分で行うよりも効率的であることは間違いないでしょう。

この記事では、SEO対策を専門の会社に依頼する場合の費用について、依頼する内容や料金体系ごとに詳しく紹介していきます。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

SEO対策にかかる費用一覧

SEO対策の内容には、主に「SEOコンサルティング」「コンテンツSEO」「内部SEO対策」「外部SEO対策」「SEOサイト設計」があります。

サービス内容による費用の目安は、以下の表のとおりです。

SEO対策内容 費用相場
SEOコンサルティング費用 10万~50万円程度
コンテンツSEO費用 5万~30万円程度 
内部SEO対策費用 10万~100万円程度
外部SEO対策費用 1万~15万円程度
SEOサイト設計費用 10万~100万円程度

SEOコンサルティングの費用

SEOコンサルティングの費用相場としては、月額10万~50万円程度です。ただし、大規模なサイトになると100万円程度かかることもあります。

SEOコンサルティングは、総合的にSEO対策を行ってくれるサービスです。具体的な対策内容は、下記の3種類に分けられます。

  • 調査・分析・診断
    主にキーワード調査、競合調査、自社サイト分析・診断など
  • コンテンツ企画
    コンテンツに関する企画、ホームページ改善、ツール活用支援、カテゴリーの構成など
  • ライティングに関する指示
    コンテンツのライティング添削や指導、タグの使い方などの指導など

このように、調査から企画までSEO対策を総合的に行ってくれるのがSEOコンサルティングです。費用はサイトの規模やページ数などによって変動があり、かなり高額になる場合もありますが、サイトの状況から的確な見直しや改善を行ってくれるというメリットがあります。

コンテンツSEOの費用

コンテンツSEOの費用相場は、5万~30万円程度です。記事単位では1記事数千~10万円程度かかります。

コンテンツSEOとは、アクセス数のアップを目的に、コンテンツ記事を作成することです。基本的にはコンテンツ記事の作成のみを指しますが、キーワード選定や競合調査まで行ってくれる会社もあります。

費用に関しては、対策するキーワードやコンテンツの内容、また、依頼するライターのレベルによっても異なります。ただし、コンテンツの質が悪ければ、成果につながらないこともあるため注意が必要です。

毎月数本を依頼して月額料金を固定で支払う方法と、一括で数十本~100本近くを依頼して、まとめて支払う方法もあります。

内部SEO対策の費用

内部SEO対策の費用相場は、10万~100万円程度です。

ちなみに内部SEO対策とは、サイト内の構造や文章を見直し、最適な状態に改善することを意味します。具体的には下記のような内容です。

  • タイトルや見出しタグの最適化
  • ディスクリプションの見直し
  • HTML構造の改善
  • 内部リンク設定の改善

サイト内の構造が適切にできていないと、どんなにコンテンツの質が良くてもGoogleに評価してもらって上位を狙うことはできません。内部SEO対策による見直し・改善を行っただけで、順位が飛躍的に上がったというケースも多くあります。そのくらい内部SEO対策は重要と言えるのです。

費用には幅がありますが、サイト構造のどこまでを対応してもらうかにより、料金は大きく違ってきます。

外部SEO対策の費用

外部SEO対策の費用相場は、1万~15万円程度です。

ちなみに外部SEO対策とは、外部リンクを獲得するSEO対策のことを指します。外部リンクは他のドメインのサイトに張られた自社のサイトへのリンクのことです。他のサイトに自社のサイトのリンクを張ってもらうことで、アクセス数を上げることができ、検索エンジンからの評価も上がります。

ただし、外部リンクを専門の会社から不正に購入することはGoogleが禁止している行為であり、現在ではほとんど見られなくなりました。また、外部SEO対策を行ってくれる会社自体も少なくなっています。

SEOサイト設計の費用

SEOサイト設計の費用相場は、10万~100万円以上です。

ちなみにSEOサイト設計とは、これから新しくサイトを設計する際に行う「調査・分析・企画」のことを指します。具体的には下記のような内容です。

  • キーワード調査
  • 競合調査
  • アクセス分析
  • コンテンツ分析
  • コンテンツ企画
  • カテゴリーの構成

これらの業務を一括して発注し、成果が出た場合は支払いをします。ただし、大規模サイトなどはページ数が多いため、費用が100万円以上かかることもあります。

SEO対策を固定報酬型で依頼する場合の費用相場

固定報酬型とは、SEO対策やコンサルティング料金を月額かつ固定料金で支払う方式です。検索順位の上下などの成果に関係なく、毎月の費用が発生します。また、それとは別に、初回のキーワード調査などを行うための初期費用がかかる場合が多いです。

固定報酬型となるSEO対策の内容は、主に「コンテンツSEO」「外部SEO対策」「SEOコンサルティング」などです。専任のコンサルタントがついて、毎月のミーティングにより今後の改善のための提案を実施してくれます。

初期費用の相場 5万~20万円程度
月額で必要な費用相場 20万~40万円程度
主な対策内容 SEOコンサルティング・コンテンツSEO・内部SEO対策・外部SEO対策
おすすめする人 業者と連携してSEO対策を実施したい人

固定報酬型の初期費用と毎月の費用相場

固定報酬型で依頼するSEO対策は、まず初回のキーワード調査や競合調査により、どのくらいSEO対策ができているのかなどを調べ、プランニング・提案を行います。初期費用としては、5万~20万円程度です。

毎月必要な費用としては、レポーティング・PDCAサイクルの実施、翌月の提案費など、20万~40万円程度かかります。

その他にも、量産記事作成では1記事につき1万~3万円かかることがあります。また、綿密な骨組みづくり、質の高いデザインなどのコンテンツマーケティングの場合は、1記事につき5万~10万円以上かかる場合もあります。

固定報酬型の対策別の費用相場

固定報酬型の費用相場は、対策内容によっても以下のように異なります。

  • SEOコンサルティング:10万~50万円程度(大規模サイト:100万円以上)で調査・分析・企画、コンテンツの作成指示、ライティング指示・指導など総合的に行います。
  • コンテンツSEO:5万~30万円程度でコンテンツ(記事)の作成を行います。
  • 内部SEO対策:10万~100万円程度でサイト内部の検索エンジン最適化などを行います。
  • 外部SEO対策:1万~15万円程度で外部リンクによるSEO対策を行います。

固定報酬型のメリット・デメリット

固定報酬型のメリットとしては、キーワードの施策の自由度が高い点にあります。ビックキーワード以外の関連性の高いロングテールワードなど、複数のキーワードでの施策が可能です。

他のメリットとしては、キーワードの種類に関わらず、上位表示を達成した際の費用が同じであることが挙げられます。つまり、ビッグキーワードやロングキーワードに関わらず、同じ料金で済むということです。

一方、結果が出ていなくても費用を毎月支払わなければならない点は、デメリットと言えるでしょう。

SEO対策を成果報酬型で依頼する場合の費用相場

成果報酬型とは、検索順位による上位表示(キーワードで成果)を達成した場合のみに費用が発生する料金体系のことです。毎月の費用はかかりませんが、初回のキーワード調査などを行うため、初期費用が別に発生します。キーワードごとに成果報酬を設定できる場合もあります。

成果報酬型は、外部SEO対策をメインに提供している会社が採用していることが多いです。業者によってはGoogleのガイドラインに違反するようなやり方を行っているところもあるため、依頼する業者は慎重に見極める必要があります。

初期費用の相場 5万円~20万円程度
1キーワードあたりの費用相場 1.5万~30万円程度
主な対策内容 SEOサイト設計・コンテンツSEO・内部SEO対策・外部SEO対策など
おすすめする人 ビッグキーワードを狙いたい、特定のキーワードを上位表示させたい人

成果報酬型の初期費用とキーワードごとの費用相場

成果報酬型のSEO対策も、まず初回のキーワード調査や競合調査により、どのくらいSEO対策ができているのかなどを調べ、プランニング・提案を行います。初期費用としては5万~20万円程度です。

毎月必要な費用は特になく、成果が出ない限り発生しません。ただし、その他の費用として、外部SEO(被リンク)対策として、キーワード数に応じて費用がかかる場合もあります。

成果報酬型の対策別の費用相場

成果報酬型の費用相場は、対策内容によっても以下のように異なります。

  • SEOサイト設計:10万~100万円程度で、調査・分析・企画などを行います。
  • コンテンツSEO:数千~10万円程度で、コンテンツ(記事)の作成を行います。
  • 内部SEO対策:10万~100万円程度で、h2、h3タグやキーワード内部リンク、システム面の調査・修正などを行います。
  • 外部SEO対策:1万~数10万円程度で、外部リンクによるSEO対策を行います。

成果報酬型のメリット・デメリット

成果報酬型のメリットとしては、検索順位で上位表示されていなければ費用を支払う必要がないことです。

一方で、キーワードが上位表示されると多くの場合で固定報酬型よりも高い金額を支払う必要があることは、デメリットと言えるでしょう。また、上位表示されている期間は成果報酬が発生し続けるため、注意が必要です。

個人のSEO対策業者に依頼する場合の注意点

SEO対策を請け負う会社のなかには、個人経営の会社も存在します。大手の会社に依頼するよりも安い料金を提示しているところもありますが、以下の点には要注意です。

  • 作業内容、サービスの範囲が不透明
  • 格安を売りにしている
  • 実績が少ない

作業内容が不明なまま契約してしまうと、結果的に期待していた内容と違い、成果が上げられないこともあるでしょう。その理由としては、大手のように実績やノウハウの蓄積が少ないからです。

個人のSEO対策業者に依頼するのであれば、料金体系やサービス内容だけでなく、これまでの実績数や成果をしっかり確認しましょう。

まとめ

ここまで、SEO対策を専門の会社に依頼する費用について解説してきました。

SEO対策にかかる費用は、その内容によりバラツキはありますが、決して安くないことは確かです。また、「固定報酬型」か「成果報酬型」といったように、依頼内容によって料金体系も変わってきます。

SEO対策を外部に依頼する際は、自社の予算や料金体系ごとのメリット・デメリットをよく理解したうえで、依頼する会社を選ぶようにしましょう。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。