SEO/SEM

Googleの検索順位を上げるために効果的な10の方法を徹底解説

Googleの検索順位を上げるために効果的な10の方法を徹底解説

Googleの検索順位を上げるには、SEOの知識を増やし、アルゴリズムについても理解する必要があります。

しかし、前提となる知識を増やしても、実際には何をすればいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Googleの検索順位を上げるために効果的な方法を詳しく解説します。

ぜひ参考にしていただき、サイトのアクセス数を上げていきましょう。

SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

Googleの検索順位の仕組み

検索順位を上げるには、はじめにGoogleの仕組みを理解する必要があります。

Googleの検索エンジンに調べたいキーワードを入れて検索すると、Googleに登録されたページの中からクエリに最も適していると考えられるページが、上位から順番に表示されます。

検索順位の決まり方やアップデート、新規コンテンツが上位表示されるまでの期間には、いくつかのルールがあります。

検索順位が決まる仕組み

Googleに登録されたサイトやページの蓄積を、「インデックス(索引)」と呼びます。

辞書の中に膨大な単語が記されているのと同じように、Googleの中には膨大なサイト、ページが登録されています。

Googleは、クローラーという、サイトやページを巡回するロボットを使い、登録・評価を進めていきます。

そして、その評価が高い順に、キーワードに適したページがランキングのような形で表示されるのです。

Googleが公表している評価基準は、主に以下の通りです。

  • コンテンツの質は高いか
  • コンテンツの鮮度は高いか
  • 被リンク数は多いか
  • 被リンク先のページの質は高いか
  • キーワードが含まれているか

このほかにも200以上の基準があるといわれていますが、まずは上記の基準を満たせるようにしましょう。

そうしてクエリに最も適していると判断されたページが、評価の高い順に検索結果に表示されるのです。Googleは、検索ユーザーに最も満足してもらえるページを検索結果に表示しようとします。

つまり、ユーザーからの信頼度が最も高くユーザーのためになるページが、上位に表示されるということです。

アップデートの仕組み

Googleはユーザーに満足してもらえる情報を提供するために、検索順位のアップデートを不定期に行っています。アップデートによって大幅な変動が起きるジャンルもあり、これまで上位表示されていたページが突然100位以降になってしまうこともあり得ます。

アップデートの頻度は年に2〜3回ほどで、直近では2021年11月に行われました。

その内容は毎回違いますが、一貫して言えるのは、クエリと関係ないページの評価は低くなり、ユーザーニーズを満たしているページの評価は高くなるということです。そのため、ユーザーのニーズとは関係ないスパムサイトを作っても、いずれはGoogleに対策されてしまうことは確実と言えます。

急なアップデートに備えて、常にユーザーの満足度を意識したページを作成するようにしましょう。

新規コンテンツが上位表示されるまでの期間

Googleによると、新規サイトを立ち上げてからドメインパワーが付き、成果が出るまでに4ヶ月から1年の期間が必要とされています。ただし、コンテンツの質や量によって上位表示されるのにかかる期間はさまざまです。

また、新規コンテンツが上位表示されるまでにかかる期間は、サイトのドメインパワーにも左右されます。

ドメインパワーとは、サイトが持っている検索エンジンからの信頼度のようなものです。ドメインパワーが高ければ高いほどGoogleのクローラーがすぐに評価を開始してくれるため、新しく作成したコンテンツが良質なものであれば、1日程度で上位に表示されることもあります。

反対に、ドメインパワーの低いサイトが新規コンテンツを作成しても、Googleのクローラーが登録してくれるまでに時間がかかります。また、そもそも信頼度が低いので、良質なコンテンツを作成したとしても上位に表示されることは難しいでしょう。

ドメインパワーについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
ドメインパワーとは?計測方法や目安・上げ方のポイントを解説!

Googleの検索順位を上げるための前提条件

Googleの検索順位を上げるには、ただ闇雲に新規コンテンツを増やしても意味がありません。

具体的な方法の前に、まずは以下のポイントを心に留めておきましょう。

  • Googleアルゴリズムを理解する
  • SEOの知識を増やす
  • ユーザーにとって有益なコンテンツを提供する

Googleのアルゴリズムを理解する

Googleのアルゴリズムがコンテンツを評価する際の基準は、以下の通りです。

  • 検索意図の把握
  • Webページの関連性
  • コンテンツの品質
  • ユーザビリティ
  • 文脈の考慮

クエリの意味や文脈を分析し、コンテンツの関連性、品質、ユーザビリティなどを評価して検索結果を表示します。

簡単に言えば、ユーザーが満足するような、利用しやすく質の高い記事が上位に表示されるということです。

ここで特に注目しておきたいのが、「検索意図の把握」です。

例えば、「SEO」と検索するユーザーは、SEOの意味や全般について知りたいことがうかがえます。そのため、このユーザーのニーズを満たすためには、SEOの意味を広くまとめたページを作成するのが効果的です。「SEO」の意味を知りたいユーザーに対して、その情報を満遍なく伝えるコンテンツを作ることができれば、Googleの検索アルゴリズムに則り、検索上位を狙うことができます。

ただし、同じ単一のキーワードでも、例えば「カフェ」と検索するユーザーはカフェの意味を知りたいわけではありません。そのため、カフェの意味をまとめたコンテンツを作成しても、「検索意図の把握」ができていないと判断されて、検索上位を狙うことは難しいでしょう。

このように、Googleのアルゴリズムを理解しているのといないのとでは、結果が大きく変わってくると言えます。

SEOの知識を増やす

SEOの知識を増やすことで、検索上位を狙えるようになります。

SEOとは、「検索エンジンの最適化」を意味します。簡単に言えば、Googleの検索上位を狙うための手法のことです。

そのため、SEOに関する知識を増やし、対策していくことで、Googleの検索順位は上がっていきます。SEOに関する知識は、Googleが公式に発信しているガイドや、専門書、セミナーなどで身につけることができるので、ぜひ活用してみましょう。

SEOについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
SEOの仕組みとは?検索エンジンの構造と関係性について解説

ユーザーにとって有益なコンテンツを提供する

Googleの検索順位を上げるには、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することが第一です。

SEOには、キーワードを不自然なほど盛り込み関連性を高めたり、有料で被リンクを買い取ったり、ブラックな手法が数多く存在します。これらの手法を使えば、たしかに一時的には検索順位を上げることができるかもしれません。

しかし、このようなやり方で順位を上げたコンテンツが、ユーザーにとって有益であるとは言えないでしょう。

検索結果に表示されるページがユーザーのニーズと関係なかったり信頼性の低い情報だったりすると、Googleの評判が落ちることにつながるため、Googleはなんとかして適正化を図ろうとします。

そのために行われるのが、前述したGoogleのアップデートです。検索順位を上げるためには、姑息な手を使わず、ユーザーのニーズに正しく向き合う姿勢が求められます。

検索順位を上げるためにブラックな手法を用いるのはNG

Googleのポリシーから外れる、いわゆるブラックな手法で検索順位を上げようとするのはおすすめできません。

Googleでは、被リンクの多いページを人気の高いページとして認識します。一時期はこれを逆手にとって、大量の被リンクを有料で買い取り、人気のページに見せようとすることが、SEOの手法として多用されていました。

しかし、現在は低品質なサイトからの大量の被リンクはペナルティの対象となっています。

他にもブラックな手法はさまざまありますが、Googleはアップデートを繰り返し、検索エンジンの公正性に影響がないように対策されています。たとえ新たにブラックな手法が現れたとしても、すぐに対策されてしまうので意味がないでしょう。

Googleの検索順位を上げるための10の方法

ここまで紹介してきたように、Googleの検索順位を上げるためにはユーザーにとって有益なコンテンツを作ることが大切です。具体的な方法として、以下の10項目が挙げられます。

  • ドメインの正規化と保護をする
  • ペルソナを明確にする
  • 選定したキーワードをタイトル・見出し・本文に盛り込む
  • ユーザーの顕在ニーズ・潜在ニーズを満たす
  • 専門性・独自性のある情報を提供する
  • 内部リンクで関連ページをつなぐ
  • 良質な被リンクを増やす
  • ページの表示速度を上げる
  • スマホで快適に見られるようにする
  • ツールを使った分析と定期的なリライトを行う

それぞれ、ユーザーの満足度を高め、コンテンツの質を上げることにつながる重要なポイントです。

検索順位を上げるためにも抜かりなく対策していきましょう。

ドメインの正規化と保護をする

新しくサイトを立ち上げる際は、ドメインの正規化と保護を行いましょう。

ドメインの正規化とは、同一のサイト内にあるバラバラのURLを一つにまとめ、Googleからの評価を統一することです。

例えば、同サイト内のページのURLが、httpの後に「www」が付いているものと「www」がついていないものに分かれている場合、これらは別のサイトとして評価が分散されてしまいます。こうなると、Googleからの評価も分散され、順位を上げることが難しくなります。

そのほかには、「index.html」と「index.php」に分かれている場合も、評価が分散されてしまう原因の一つです。

サイトの立ち上げ時はもちろん、運営を始めてからも定期的に各ページのURLを確認し、正規化を図るようにしましょう。

また、ドメインの保護とは、URLを「http://」から「https://」の状態にすることです。「https://」にすることでセキュリティが強化され、Googleからの評価を高まります。

ドメインを「https://」に変えるためには、SSL認証を受けることが必要です。

検索順位を上げるにはドメインの正規化と保護が欠かせませんので、必ず行うようにしましょう。

ペルソナを明確にする

新しくコンテンツを作成する際は、ペルソナを明確にすることが肝心です。

ペルソナとは、ターゲットよりもさらに人物像を掘り下げたもので、年齢や職業、性別などの基本的な情報のほかに、趣味や悩み事、家族構成などを詳細に決めます。ペルソナを明確にすることで、よりユーザーに寄り添った記事を執筆できるようになります。

ただし、ペルソナの項目には決まりがないので、生活スタイルや価値観などを際限なく作れてしまいます。時間をかければかけるほどペルソナは明確にできますが、時間をかけすぎてもキリがないので注意しましょう。

ペルソナについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
マーケティングで重要なペルソナの作り方|失敗しないポイント・成功事例を紹介

選定したキーワードをタイトル・見出し・本文に盛り込む

ペルソナの設定後は、キーワードを選定します。ここで選定したキーワードを、タイトル・見出し・本文に盛り込みましょう。

キーワードとコンテンツの関連性を高めるには、非常に重要な工程です。

タイトルや見出しにキーワードを盛り込むことで、ユーザーが求めている情報がそのコンテンツ内にあることをGoogleのクローラーに認識してもらえます。ユーザーに対しても、タイトルや見出しだけでどういったコンテンツなのかを簡潔に伝え、自身のニーズを満たすことができるかどうかを判断してもらうことができます。

ただし、キーワードを不自然なほど盛り込み文章の意味が通らなくなると、ユーザーにとっての有益なコンテンツからはかけ離れ、Googleからの評価は下がってしまいます。キーワードはあくまで自然な形で盛り込むようにしましょう。

ユーザーの顕在ニーズ・潜在ニーズを満たす

何度もお伝えしてきたように、コンテンツ作成においてはユーザーのニーズを満たすことが最も重要です。

ペルソナを頼りに、ユーザーはどういった情報を求めているのか、顕在ニーズを明確にします。

ユーザーのニーズがわからない場合は、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などの質問投稿サービスを活用してください。キーワードに関係するユーザーの率直な疑問が羅列されているため、顕在ニーズを簡単に知ることができます。

また、顕在ニーズと同じくらい重要なのが、潜在ニーズです。ユーザーが抱える表面上の悩みから一歩踏み込み、ペルソナを頼りに本当に望んでいることを予想して、コンテンツの内容に反映させましょう。

専門性・独自性のある情報を提供する

競合のコンテンツと差をつけるためには、専門性や独自性が感じられる情報を提供することが大切です。

競合の既存コンテンツと同じような内容のコンテンツを作成しても、ユーザーには「他のサイトと同じことしか書いていない」と思われてしまい、満足度を高めることはできません。Googleもページの専門性や独自性を一つの評価指標としているため、検索順位を上げるためには外せない要素であると言えるでしょう。

コンテンツの専門性を確実に高めるには、その分野に精通している人に執筆を依頼したり、自ら勉強して知識を身につけたりといった対応が求められます。独自性に関しては専門的な情報を羅列するだけに留まらず、執筆者の思考や競合のコンテンツにはない内容を盛り込むことが必要です。

内部リンクで関連ページをつなぐ

内部リンクで関連ページをつなぐことも、検索順位を上げるために効果的な手法の一つです。

内部リンクが整理されていると、訪問したユーザーが求めているページへ移動しやすくなり、結果的に「ユーザーにとって有益なサイトである」とGoogleに評価してもらえるようになります。反対に、内部リンクで関連ページがつながっていないと、ユーザーは知りたい情報を見つけるのにサイト内を自力で探さなければならず、満足度を下げてしまうでしょう。

また、内部リンクを増やすことでGoogleのクローラーに見つけてもらいやすくなることも期待できます。Googleからいち早くインデックスされるためにも、対策しておくことがおすすめです。

内部リンクについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
内部リンクとは?SEO対策で効果を上げるポイントを解説

良質な被リンクを増やす

良質な被リンクを増やすことも、Googleの検索順位を上げることに役立ちます。

良質な被リンクとは、権威性の高いサイトや関連性のあるサイトからの被リンクのことです。これらの良質な被リンクが増加すると、Googleから信頼性の高いサイトと見なされ、権威性の向上につながります。サイトの権威性を高めることで、結果として検索順位を上げることができます。

つまるところ、被リンクは人気の度合いを表す指標のようなものです。

「被リンクが多い=人気が高い=検索順位が上がる」と考えておきましょう。

ただし、品質の低いページからの被リンクは、スパムリンクと見なされ評価が下がる恐れがあります。良質な被リンクを増やすには、良質なコンテンツを作成するほかありません。ユーザーに評価されるコンテンツを数多く作成して、被リンクを貰えるチャンスを増やしましょう。

被リンクについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
被リンクのSEO効果 良質な被リンクの増やし方を徹底解説

ページの表示速度を上げる

ページの表示速度を改善させることも、Googleの検索順位を上げることにつながります。

表示速度が遅いと、ユーザーがせっかくページを開いてくれたのに「遅いから諦めよう」と思わせてしまい、直帰率や離脱率を上げることになります。また、他サイトと比べて速度が相対的に遅い場合は、Googleからの評価にも影響大です。

Googleは、直帰率・離脱率と検索順位の関連性を明言していませんが、ユーザーの満足度に影響する以上は改善しておくに越したことはないでしょう。

ページの表示速度を上げる方法としては、「画像を圧縮する」、「HTMLやCSSのソースを圧縮する」などが挙げられます。通信環境にもよりますが、ページをクリックしてから2秒以内の表示を目標に、速度を改善させましょう。

ページの表示速度については、下記の記事で詳しく紹介しています。
ページ表示速度の測定・改善方法|目安や重要性についても解説

スマホで快適に見られるようにする

スマホで快適にページを閲覧できるかどうかも、Googleの検索順位を上げるために重要な基準です。

そのページがスマホ対応しているか判定する基準を、Googleでは「モバイルフレンドリー」と呼んでいます。ユーザーがスマホでGoogleの検索をかけた際は、モバイルフレンドリーのページの方に補正がかかり、上位表示されやすくなります。

また、モバイルフレンドリーではないページはスマホユーザーから見づらく、直帰率や離脱率が高くなる傾向があります。現代では、インターネットの利用はスマホしか使わないというユーザーが非常に多いので、スマホで閲覧しづらい状態のままなら必ず改善しておきましょう。

Google公式の「モバイルフレンドリーテスト」からモバイルフレンドリーの判定を行えますので、ぜひ活用してみてください。

ツールを使った分析と定期的なリライトを行う

競合の多いキーワードで検索順位を上げるには、SEO対策のツール活用が欠かせません。

競合の多いキーワードでは、検索上位にあがっているほとんどのサイトがSEO対策を行っています。キーワードの調査ツールや分析ツールを使って、ユーザーのニーズやサイトの問題点をあぶり出しましょう。

ツールを使った分析結果をもとに、サイトの改修やページのリライトを行うことで、検索順位を上げることができます。コンテンツの鮮度もGoogleの評価基準となりますので、分析・リライトは定期的に行い、質の維持に努めることも大切です。

リライトについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
ブログ記事のリライトとは?目的や具体的な方法の手順を解説
検索キーワードについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
検索キーワードの分析に役立つおすすめツール10選

まとめ

Googleの検索順位を上げるには、上位の既存記事よりも有益なページであることを示す必要があります。

Googleに評価してもらうには、「ユーザーにとって有益なページ」を作ることが重要です。

極論、「ユーザーにとって有益なページを作る以外に方法はない」と言っても過言ではないでしょう。

過去に多用されていたようなブラックな手法に頼ることなく、まずはユーザーが何を求めているのかを把握し、それに寄り添ったページを作成していくことが、Googleの検索順位を上げる近道です。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。