SEO/SEM

SEOに強いブログ作成のために初心者が押さえるべきポイントを解説

SEOに強いブログ作成のために初心者が押さえるべきポイントを解説
「自社でブログを運営することになったけど、そもそもSEOって何?」

仕事でブログ運営やコンテンツ作成に携わることになったものの、上記のようにSEOのことがわからなくて悩んではいませんか?

「SEOという言葉は聞いたことがあるけれど、具体的に何をどうすればいいのかわからない」という人もいるでしょう。

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、検索エンジンの検索結果において上位表示させるための施策を指します。

今回は、SEOに強いブログを作成するために初心者が押さえるべきポイントについて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。
SEO対策でビジネスを加速 SEO DASH 無料でダウンロード

SEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語にすると「検索エンジン最適化」のことです。

検索エンジンの最適化とは、Googleなどの検索エンジンで検索結果の上位に表示されるようにする取り組みを指します。

例えば、気になるワードで検索したとき、検索結果の上位から順に記事を読みますよね。このように、検索結果では上位表示されたページほど読んでもらえる確率が上がるのです。

つまり、ブログのアクセス増加を狙うには、SEOに強いブログを作成しなくてはいけません。

SEOについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
SEOとは?8つの基本対策を分かりやすく徹底解説

SEOに強いブログ作成のための7つのポイント

SEOに強いブログを作成するためのポイントは次の7つが挙げられます。

  • キーワード選定
  • 見出しタグの最適化
  • 目次の設置
  • meta descriptionの設定
  • サイトの表示スピードの最適化
  • 画像の最適化
  • 内部リンクの設定

上記のポイントを意識して、検索エンジンの評価を上げるようなブログを作成しましょう。

1.キーワード選定

SEOに強いブログを作成するためには、キーワードの選定が重要になります。

なぜなら、検索需要のないキーワードでページを作成しても誰も読んでくれないからです。

大抵のキーワードは工夫次第で上位に表示させることができます。しかし、誰も検索しないキーワードで1位になったとしても、アクセスされることはありませんよね。

ある程度の検索ボリュームがあるキーワードを選定することが重要です。

ちなみに、キーワードの検索ボリュームは「Googleキーワードプランナー」というツールで調べることができます。

検索ボリュームについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
Google検索ボリュームの調べ方|キーワードボリュームを意識した選定方法を解説
キーワードプランナーについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
【最新版】キーワードプランナーの使い方を解説|導入方法やSEO対策に有効な使い方、便利機能も紹介

2.見出しタグの最適化

SEOに強いブログを作成するには、見出しタグを適切に活用する必要があります。

その理由は、ユーザーが記事の内容を理解しやすくなるからです。

例えば、見出しタグを「H1(タイトル・大見出し)→H2(中見出し)→H3(小見出し)」の順番で階層構造を意識して使うと、ユーザーが記事の構成を把握しやすくなります。

Webページのユーザーは流し読みをする傾向があるので、見出しは長すぎず、ひと目で文章の内容がわかるようにすることがポイントです。

さらに、見出しにキーワードを含めることでユーザーの目を惹くだけではなく、Googleのクローラーにも記事の内容を認識されやすくなります。

このように、SEOに強いブログを作成するには、見出しタグを適切に活用してキーワードを含めることが重要です。

見出しタグについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
hタグとは?正しい使い方とSEOとの関係性について
h1タグについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
h1タグとは?SEO効果と正しい記述方法について解説

3.目次の設置

SEOに強いブログを作成するには、目次を設置する必要があります。

なぜかというと、ユーザーの利便性が上がりブログの離脱率を低下させる効果が期待できるからです。

例えば、ブログ記事の冒頭に目次を設置して各見出しにページ内リンクでジャンプできるようにしておけば、ユーザーが気になる見出しにスムーズに辿り着けます。するとユーザーの利便性が高くなり、Googleに評価されやすくなります。

逆に、目次を設置していない場合は、ユーザーは気になる見出しの項目までスクロールを続けなければなりません。

この場合、ストレスによってブログから離脱されやすくなるので、結果的にGoogleの評価を下げることになります。

4.meta descriptionの設定

meta descriptionタグに、ブログ記事をわかりやすく要約した文章を設定しましょう。

そうすることで、説明文が検索結果の記事タイトル下「スニペット部分」に表示され、ユーザーにクリックされやすくなります。

実際に気になるキーワードで検索するとき、タイトル下「スニペット部分」の内容次第で「その記事にアクセスするかどうか」を決めるユーザーも多いです。

このように、meta descriptionタグの設定はユーザーのクリック率に関わる重要な施策です。

h1タグについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
meta description(メタディスクリプション)とは?SEO効果と書き方を解説

5.サイトの表示スピードの最適化

SEOに強いブログを作成するには、サイトの表示スピードを適切に改善する必要があります。

なぜなら、サイトの表示スピードが遅いとユーザーのストレスになり、離脱される可能性が高まるからです。

ブログページの表示速度が遅い場合、ページが表示されるのを待ちきれずに、そのページを閉じてしまうかもしれません。

Web検索を利用するユーザーは効率よく情報を収集したくて検索しているので、ページの表示速度が遅いページは避けられてしまうのです。

特に画像を貼り付けすぎた場合やSSL化していない場合は、表示速度が遅くなるので注意が必要です。

サイトの表示スピードについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
ページ表示速度の測定・改善方法|目安や重要性についても解説

6.画像の最適化

画像を使用する場合は、関連する内容の画像名を設定しalt属性を記述する必要があります。適切な画像名を設定することで、画像検索での検索順位アップが期待できるからです。

ユーザーが検索するのは記事だけではなく、欲しい情報を得るために画像検索をすることもあります。

しかし、検索エンジンは画像そのものを認識することができないので、画像名が設定されていないと検索エンジンの結果に反映されません。そこで、検索エンジンに画像の内容を認識させるために「alt属性」の設定が必要になります。

alt属性の内容に関しても、キーワードを意識して適切に設定することが重要です。

7.内部リンクの設定

内部リンクを設定することで、SEO効果が期待できます。

なぜなら、Googleのクローラーが「ブログ内を巡回しやすい」と認識し、評価してもらえる可能性があるからです。

内部リンクが適切に設定してあると、ユーザーは検索する手間を省いて関連する情報にアクセスできるようになります。ユーザーにとって利便性の高いサイトはGoogleに高く評価されやすい傾向があります。

また、アンカーテキストはリンク先の内容がわかりやすい文言にすることがポイントです。

例えば、「こちら」のように内容がわからない書き方だと、ユーザーもクローラーもリンク先の内容を把握しづらくなります。

内部リンクの設定はSEO効果が高いので、アンカーテキストの内容も含めて適切に設定するようにしましょう。

内部リンクについては、下記の記事で詳しく紹介しています。
内部リンクとは?SEO対策で効果を上げるポイントを解説

SEOに強いブログ作成のための7つの書き方

SEOに強いブログを作成するための書き方のポイントは、次の7つが挙げられます。

  • 検索意図の把握
  • 記事の構成を決める
  • タイトル・見出し・本文のキーワードの最適化
  • 文章を書く際は結論から書く
  • あいまいな表現は避ける
  • H2・H3内で同じ文末表現を複数回し要するのを避ける
  • 見やすくなるように改行・リスト・表・画像などを活用する

SEOに強いブログとは、ユーザーにとって利便性の高いブログのことです。

「こうしたら便利だな」とユーザーの立場になってブログを作成することが、SEOに強いブログを作成する近道と言えます。

1.検索意図の把握

SEOに強いブログを作成するためには、ユーザーの検索意図を把握することが重要になります。Googleは「ユーザーの検索意図を満たすコンテンツなのかどうか」を重視しているからです。

ユーザーが検索エンジンを利用するのには、必ず理由があります。その検索意図を満たすコンテンツを提供できなければ、Googleには評価されません。

このようにユーザーの検索意図を把握することが、ユーザーの利便性に繋がり検索順位にも反映されます。

検索意図については、下記の記事で詳しく紹介しています。
検索意図とは?考え方とSEOとの関係性について徹底解説

2.記事の構成を決める

ブログを作成するときは、いきなり文章を書き始めるのではなく、記事の構成を決めてから書きましょう。構成をしっかりと決めておけば、内容がぶれることがありません。

書き始める前に記事の全体像を把握できるとゴールが明確になるので、ユーザーに伝えたいことも一貫性を持たせられます。

さらに、記事の構成を決めるときは、上から下に進むにつれてストーリー形式になっているとユーザーに伝わりやすいです。

例えば、前段でキーワードについて解説し、その必要性や対処法など、読むことで悩みが解決できるような記事の構成が理想と言えます。

3.タイトル・見出し・本文のキーワードの最適化

ブログのタイトル・見出し・本文の随所にキーワードを入れる必要があります。そのページがキーワードの内容について解説しているということが、Googleに伝わりやすくなるからです。

Googleクローラーは、キーワードについて関連性の高い順に検索結果を表示しています。反対に、ブログページの中にキーワードが含まれていなければ、そのキーワードで検索したときの結果にはそのページは表示されません。

ただし、キーワードをむやみやたらに詰め込むとかえってGoogleからペナルティを受ける可能性があるので、注意が必要です。

4.文章を書く際は結論から書く

SEOに強いブログを作成するには、文章を結論から書く必要があります。ユーザーの検索意図に対する、検索キーワードの「答え」をまずは提示することが大切です。

ユーザーが求めている答えが見つかりにくかったり最後まで出てこなかったりすると、ストレスを与えるだけでなく途中で離脱される可能性があります。そのため、最初にユーザーの求めている「答え」を提示してあげることが重要なのです。

そこで、ブログ記事を書くときは「結論→理由→具体例→結論」の順で書くことがおすすめです。

・結論
最初に「何が書かれているか」や「悩みに対する答え」を提示する

・理由
結論に至った理由を説明する

・具体例
理由を詳しく解説するために具体例でわかりやすく伝える

・結論
もう一度結論を書いてユーザーに「なるほど!」と納得してもらう

上記の流れで文章を書くと、ユーザーは内容を理解しやすくなります。

5.あいまいな表現は避ける

ブログに文章を書くときは、あいまいな表現は避けましょう。

例えば、「〜かもしれません」「〜のような気がします」「〜だと思います」とあいまいな表現が並んでいると、ユーザーはその記事に書かれている情報について真偽を疑問に感じますよね。あいまいな表現ではなく、「〜です」「〜ます」など断定表現を使って文章を書くことが大切です。

そもそも、あいまいな表現になるような信憑性の低い情報を掲載してはいけません。

自分が発信する情報に自信がない場合は、事実や根拠を示すために信頼性の高い情報を引用するようにしましょう。

6.H2・H3内で同じ文末表現を複数回使用するのを避ける

ブログ記事では、同じ文末表現を複数回使用することは避けましょう。文末表現が毎回同じだと、小学生が書くような稚拙な文章のイメージを与えかねません。

例えば、次の文章を読み比べてみてください。

A:文末表現は工夫する必要があります。複数回同じ文末が続くと読みにくくなります。少し変えるだけで伝わりやすくなります。

B:文末表現は工夫する必要があります。複数回同じ文末が続くと読みにくくなるからです。少し変えるだけで伝わりやすくなります。

Bは2文目の文末だけを変えていますが、それだけで文章のリズムが良くなり、読みやすくなります。言いたい内容は同じでも、表現を少し変えることで、伝わりやすくしっかりとした文章のイメージを持たせることが可能です。

7.見やすくなるように改行・リスト・表・画像などを活用する

ブログページが見やすくなるように、改行・リスト・表・画像などを活用するようにしましょう。記事にアクセントを付けることでテンポ良く読めるようになるからです。

SEOを意識して記事を作成した結果、文章が長くなる傾向があります。テキストだけで伝えるよりも、リストや表を活用すると、ユーザーも読んでいて飽きがこずに内容がわかりやすくなりますよね。

改行・リスト・表・画像などを活用することで、ユーザーの理解度も深まるのです。

SEO対策をブログで行う3つのメリット

SEO対策をブログで行うメリットは、以下の3つです。

  • 上位表示しやすくなる
  • 広告費のコスト削減
  • コンバージョンの増加

自社のWebサイトで、上位表示をさせたりコンバージョンの増加を狙ったりするのは難しいです。その理由は、どうしても更新頻度が少なくなってしまうことが考えられます。

一方でブログの場合は、キーワードに沿ったお役立ち記事を毎日のように更新することが可能です。

このようなブログの特性を活かして、自社のWebサイトに集客を集める方法があります。

1.上位表示しやすくなる

SEO対策をブログで行うと上位表示しやすくなります。関連キーワードで記事を量産させやすいので、読者ニーズに応えやすく、Googleに評価されやすい性質があるからです。

ホームページの場合、毎日関連キーワードでコンテンツを作成することは難しいですよね。ブログの場合は、関連キーワードの数だけコンテンツを量産することが可能です。

仮にブログを活用して検索結果で上位表示されれば、自然検索によるアクセス数の増加が期待できます。

このように検索結果で上位表示されれば、Webサイトの集客増に繋がります。

2.広告費のコスト削減

SEO対策をブログで行うと、結果的に広告費のコスト削減に繋がります。検索結果で上位表示されれば、多くのユーザーの目にとまる機会が増えるからです。

検索結果が表示されると、上位表示されているサイトに思わず目がいきますよね。上位表示されたページはアクセスも増えるので、余計な広告費をかけずに済みます。

3.コンバージョンの増加

SEO対策をブログで行うとコンバージョンの増加が期待できます。検索結果で上位表示できれば検索エンジンから継続的にユーザーが流入するからです。

サイトへの訪問者が増えればコンバージョンに繋がる可能性が高くなりますよね。ブログを活用してコンバージョンが増加すれば、ブログの収益化が可能です。

また、ブログの数を増やすことで安定的な収益化やリスクの分散にも繋がり、新しいビジネスの展開も広がる可能性があります。

SEO対策をブログで行う上での5つの注意点

SEO対策をブログで行う注意点は次の5つが挙げられます。

  • 無料ブログではなくWordPressを使う
  • 信頼できるドメインやサーバーの業者を利用する
  • 定期的に更新する
  • 低品質な記事はサイトの評価を下げる原因に
  • ツールを活用してアクセス解析を行う

SEO対策を効果的なものにするためにも、注意点を考慮してブログの運営を行いましょう。

1.無料ブログではなくWordPressを使う

無料ブログではなくWordPressを使う必要があります。ブログの収益性やデザイン性を考えるとWordPressを利用するメリットが大きいからです。

無料ブログの場合、そもそも商用利用ができないケースや広告の掲載にも制限がかかる場合があります。

さらに、意図しないところに運営会社の広告が大きく掲載されることや、ブログサービスが終了すると作成したブログが消えてしまうリスクもあります。

それに対してWordPressは、自由にデザインできて広告の掲載位置も自由です。サーバーをレンタルして独自のドメインで運営するので、半永久的にブログが消えてしまうことはありません。

このようにSEO対策をブログで行うなら収益性の観点からも、WordPressがおすすめです。

WordPressのSEO対策については、下記の記事で詳しく紹介しています。
WordPressのSEO対策で初心者がやることリスト|投稿・設定方法も解説

2.信頼できるドメインやサーバーの業者を利用する

信頼できるドメインやサーバー業者を利用するようにしましょう。信頼できる業者を利用することはブログ運営を滞りなく行うために重要だからです。

サーバーダウンなどトラブルがあった際のサポートサービスが充実していたら安心ですよね。

例えば、ドメインであれば「お名前.com」、サーバーであれば「エックスサーバー」など、多くの人が利用していて信頼できる業者を利用するのがおすすめです。

さらにビジネスで利用するなら、セキュリティ面の強化も確認する必要があります。

3.定期的に更新する

SEO対策をブログで行う場合は、ブログページは定期的に更新する必要があります。更新頻度があまりに低いと検索順位の低下につながる可能性があるからです。

更新頻度は直接SEOには影響しませんが、ユーザーは新しい情報を好む傾向があります。そのため、もしユーザーがブログにアクセスしたときに1年以上更新されていないと、情報が古いと判断されてページを下まで読まれることなく離脱されてしまうかもしれません。

サイトを離脱する人が増えれば、Googleからの評価を下げることにも繋がる可能性があります。少なくとも1〜2ヶ月に1回はブログの既存記事の見直しや更新を行いましょう。

ただし、誤った更新はペナルティを受ける可能性があります。リライトして更新する場合も、ユーザーの役に立つ記事を心がけましょう。

4.低品質な記事はサイトの評価を下げる原因に

低品質な記事はサイトの評価を下げる原因になります。

ユーザーにとって役に立つ記事がGoogleに評価されるということは、逆に言うと「低品質な記事=ユーザーにとってプラスにならない記事」と判断される可能性があるからです。

例えば他のサイトの内容をコピペして作成したりすると、順位の低下だけではなく、悪質なサイトとみなされてペナルティを受ける恐れもあります。

記事を見直してリライトするか、サイト内に似たようなページがあるならnoindexタグを設置するようにしましょう。

5.ツールを活用してアクセス解析を行う

サイトの状況を確認するために、ツールを活用してアクセス解析を行いましょう。ツールを使うことで問題点を把握し、改善に繋げられます。

多くのサイト運営者はツールを活用してアクセス解析をしています。コンテンツを作成したら終了ではなく、ユーザーの動きを把握して常にサイトを改善することが検索順位の上昇やアクセス数の増加に繋げるポイントです。

このようにサイトを運営する上でアクセス解析は重要です。

そこで、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの導入をおすすめします。Googleアナリティクスは、Webサイトのページビュー数やセッション数などユーザーに関する詳しい情報の分析が可能です。一方でGoogleサーチコンソールは、検索キーワードやキーワード表示回数など検索データについての分析ができます。

アクセス解析については、下記の記事で詳しく紹介しています。
アクセス解析とは?分析ポイントとおすすめアクセス解析ツールを紹介

適切なSEO対策で1つのブログから安定した収益化を目指す

まずは、適切なSEO対策を行い1つのブログから安定した収益化を目指す必要があります。複数のブログを運営することで全部中途半端に終わってしまうリスクがあるからです。

まずは1つのブログに絞ることで、そのブログに集中して取り組むことができます。記事をたくさん作成して数をこなし、書き方のコツを掴むことが大切です。

1つのブログで安定した収益化に成功することで、成功体験ができてその結果チベーションの上昇にも繋がります。

2つ目のブログを作成する際は、記事内容がかぶらないようにコンテンツを作成する必要があることを覚えておきましょう。

まとめ

今回は、SEOに強いブログを作成するために初心者が押さえるべきポイントを解説しました。

SEOに強いブログを作成するには、SEOの概要やSEOのポイント・書き方を理解する必要があります。SEOの知識を身につければブログで集客できるようになり、延いてはコンバージョンに繋げることも可能です。

さらに、ブログが常に検索上位に表示されるようになれば、自然検索で継続的な流入が見込めるようになります。そうなれば、ブログで安定した収益化に成功することも可能です。

まずは、質の良いコンテンツを量産してGoogleに評価してもらうことがSEOに強いブログを作成する第一歩と言えます。

SEO対策でビジネスを加速させる「SEO Dash! byGMO」
seo-dash!bygmo

SEO対策でこんな思い込みしていませんか?

  • 大きいキーワードボリュームが取れないと売上が上がらない・・
  • コンサルに頼んでもなかなか改善しない
  • SEOはコンテンツさえ良ければ上がる

大事なのは自社にあったビジネス設計です。 御社の課題解決に直結するSEO施策をご提案します

無料資料請求はこちら

プロフィール
大澤 健人(おおさわ けんと)
GMO TECH株式会社 大澤 健人(おおさわ けんと)大澤 健人(おおさわ けんと)のFacebook
2012年より一貫して検索エンジン領域のコンサルティング業務に従事。 2017年にGMO TECH社に参画。営業組織の構築、新商材開発、マーケティング部門立ち上げをおこなう。 現在、MEOコンサルティング、SEOコンサルティング、運用型広告などSEM領域全体を統括し、 お客様の期待を超える価値提供を行うため日々、組織運営・グロースに奔走している。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。